森 昌樹

所属機関名 国立研究開発法人 農業・食品産業技術総合研究機構 生物機能利用研究部門
肩書き ユニット長
氏名 森 昌樹
連絡先(電話番号) 029-838-7419
所在都道府県名 茨城県
見える化ID 001336
URL http://researchmap.jp/read0004415
カテゴリ さとうきび 雑草 水稲 大豆 トマト トレニア 品種 病害虫防除

研究情報

2012年度   “万が一”の発見!~病気に強く、環境にやさしい作物をつくる~

2012年度   イネの複合病害抵抗性遺伝子BSR1とサリチル酸シグナルとの関連解析

2012年度   ブラシノステロイド情報伝達突然変異体bil5原因遺伝子の細胞分化制御機能解析とBIL遺伝子群によるイネ形質転換体の解析

2012年度   イネ病害抵抗性を誘導する新規アシルポリアミン誘導体

2012年度   イネの転写因子DPFはサリチル酸経路においてWRKY45およびWRKY62の下流でジテルペン型ファイトアレキシン合成酵素遺伝子を制御する

2012年度   イネのジテルペン型ファイトアレキシン生合成を正に制御する新規転写因子DPF

2012年度   イネの複合病害抵抗性遺伝子BSR1による抵抗性にはサリチル酸非依存性の経路が主に関与する

2012年度   ブラシノステロイド情報伝達突然変異体bil5原因遺伝子のエピジェネティック変異解析とbil1遺伝子群の応用展開研究

2012年度   FOXハンティングで単離した広範な病害抵抗性遺伝子BSR1の耐病性機構解析と実用化の試み

2011年度   植物病害抵抗性の抑制化合物のスクリーニング

2011年度   複合病害抵抗性遺伝子BSR1による単子葉および双子葉作物への病害抵抗性の付与

2011年度   複合病害抵抗性遺伝子BSR1によるイネいもち病抵抗性機構の解析

2011年度   広範な病害に対する抵抗性遺伝子BSR1による抵抗性機構のマイクロアレイ解析

2011年度   イネのジテルペン型ファイトアレキシン生合成を制御する新規転写因子の同定

2011年度   イネのブラシノステロイド誘導性bHLH型転写因子BU17はBRのシグナル伝達の抑制を介して下位節間や種子の伸長を抑制する

2011年度   イネのブラシノステロイド誘導性転写因子BU17による下位節間及び種子の伸長抑制

2011年度   シロイヌナズナにおける新規ストリゴラクトン情報伝達因子の単離と解析

2011年度   ブラシノステロイド情報伝達突然変異体bil5原因遺伝子による細胞分化制御の分子機構とイネbil1形質転換体の解析

2011年度   ブラシノステロイド生合成阻害剤Brz耐性突然変異体群bil原因遺伝子による情報伝達制御の分子機構とイネbil形質転換体の解析

2011年度   イネのジテルペン型フィトアレキシン生合成を制御する新規遺伝子の同定

2011年度   ブラシノステロイド情報伝達突然変異体bss1原因遺伝子のシグナル伝達上における機能とイネOsBSS1形質転換体の解析

2011年度   アシルスペルミジン誘導体のイネ病害抵抗反応における作用と役割

2011年度   アシルポリアミン誘導体のイネ病害抵抗性反応における作用と役割

2010年度   アシル化スペルミジン誘導体処理が誘導するイネ病害抵抗性反応

2010年度   イネSHORT GRAIN 1遺伝子による器官サイズ制御へのBRシグナルの関与

2010年度   シロイヌナズナにおけるストリゴラクトン情報伝達因子の解析

2010年度   HLH型転写因子をコードするイネのBU1相同性遺伝子の機能解析

2009年度   ストリゴラクトン生合成阻害剤の開発

2009年度   イネ-ナズナFOX系統を用いて選抜された病原細菌Pseudomonas感染抵抗性遺伝子によるイネ白葉枯病に対する抵抗性

2009年度   イネ-ナズナFOX系統を用いた病原糸状菌Colletorichum higginsianum感染抵抗性系統の選抜および原因遺伝子の解析

2009年度   イネのSHORT GRAIN 1遺伝子は細胞分裂の抑制を介して器官のサイズを制御する

2009年度   HLH型転写因子をコードするイネのBU1遺伝子はBRシグナル伝達を介してラミナジョイントの屈曲を制御する

2009年度   bHLH型転写因子をコードするイネの2種のプラシノステロイド誘導性遺伝子の機能解析

2009年度   イネーナズナFOXラインから単離されたFNR過剰発現体の解析

2008年度   bHLH型タンパク質をコードするイネのブラシノステロイド誘導性遺伝子の解析

2007年度   イネ-ナズナ FOX 系統 2 万系統より選抜された病原細菌 Pst3000 感染抵抗性遺伝子の解析

2007年度   変異体データベース「RIKEN Activation Tagging Line Database」、「RIKEN Arabidopsis Phenome Information Database (RAPID)」、「RIKEN FOX Line Database」

2007年度   イネ FOX ラインからの UV-B 応答変異体および根の形状変異体の単離と解析

2007年度   イネ-ナズナFOX hunting系:有用形質の高速探索のためのモデルシステム

2007年度   代謝プロファイル分析を用いたイネ擬似病斑誘導関連遺伝子OsAT1の機能予測

2007年度   イネーシロイヌナズナFOXハンティングシステムを用いたイネの誘導抵抗性に関与する新規因子の同定

2007年度   イネ-シロイヌナズナFOX系統を用いたイネの誘導抵抗性に関与する新規因子の探索

2007年度   イネ完全長cDNA高発現シロイヌナズナ系統を用いた病原糸状菌C. higginsiaum感染抵抗性系統の選抜と解析

2007年度   イネ-ナズナFOX系統を用いた病原細菌Pst3000感染抵抗性系統の選抜及び原因遺伝子の解析

2007年度   イネーナズナ FOX ラインを用いた光合成に関与する変異体の単離と解析

2007年度   イネFOXラインを用いた光合成に関与するイネ遺伝子の解析

2007年度   近赤外分光法を用いたイネ FOX ライン種子の非破壊スクリーニング法

2006年度   植物におけるプロゲステロン受容体タンパク質の探索

2006年度   イネ完全長cDNA高発現シロイヌナズナを用いたPseudomonas syringae pv tomato DC3000感染抵抗性系統の選抜と解析

2006年度   イネ完全長cDNA高発現シロイヌナズナを用いたColletotrichum higginsianum感染抵抗性系統遺伝子の選抜と解析

2006年度   穀類種子糊粉層におけるアラビノガラクタン蛋白質の機能解析

2006年度   イネのOsATファミリー遺伝子と耐病性との関連

2006年度   イネのブラシノステロイドシグナル伝達関連遺伝子の探索

2005年度   プロゲステロンの植物における生合成及び受容に関わる遺伝子の探究

2005年度   Molecular characterization of a short grain mutant isolated by rice activation tagging

2005年度   イネアクチベーションタギングにより単離された擬似病斑変異体の原因遺伝子OsAT1およびその遺伝子ファミリーの発現解析

2004年度   イネアクチベーションタギングにより得られた擬似病斑変異体及び短粒変異体の原因遺伝子解析

2004年度   イネのアクチベーションタギングにより得られた擬似病斑葉変異体における病害抵抗性

2004年度   ブラシノライドにより発現制御されるイネ遺伝子の22Kマイクロアレイ解析

2004年度   イネアクチベーションタギングにより単離された擬似病斑変異体及び短粒半わい性変異体の解析

2004年度   プロゲステロンがイネの成長に与える影響

2004年度   プロゲステロンの植物における生理活性

2002年度   Isolation and characterizatioin of a rice dwarf mutant with the defect in brassinolide biosynthesis

2002年度   Activation tagging in rice: Isolation of a lesion mimic mutant

2002年度   Characterization of a rice dwarf mutant whose phenotypes are rescued by brassinolide

2002年度   イネの極わい性変異体brd1はブラシノステロイド生合成変異体である 

2002年度   イネの大規模アクチベーションタギングラインの作製及び得られた変異体の解析 

2002年度   Isolation and Characterization of a Rice Dwarf Mutant with a Defect in Brassinosteroid Biosynthesis

2001年度   An improved method of reverse transcription and polymerase chain reaction (RT-PCR) to efficiently detect potyvirus, sweet potato feathery mottle virus (SPFMV) RNA in sweet potato

2000年度   パーテイクルガン法による青果用サツマイモへのサツマイモ斑紋モザイクウイルス外被タンパク質遺伝子の導入

2000年度   γ-Radiation induces leaf trichome formation in Arabidopsis

2000年度   シロイヌナズナのγ線照射応答反応にNucleoside Diphosphate Kinaseはシグナル伝達因子として関与しているか?

2000年度   Homology-dependent virus resistance in transgenic plants with the coat protein gene of sweet potato feathery mottle potyvirus: target specificity and transgene methylation

2000年度   パーティクルガン法による青果用サツマイモへのサツマイモ斑紋モザイクウイルス外被タンパク質遺伝子の導入

2000年度   γ線照射に応答した紫イネのアントシアニン合成の促進

2000年度   γ線照射に応答した紫イネの剛毛形成の促進

2000年度   Gene products which may interact with p38-like MAP kinase in Arabidopsis

2000年度   Virus resistance in the progeny of transgenic sweetpotato (Ipomoea batatas L. (Lam)) expressing the coat protein gene of sweet potato feathery mottle virus

2000年度   Virus resistance in the progeny of transgenic sweetpotato(Ipomoea batatas L.(Lam)) expressing the coat protein gene of Sweet potato feathery mottle virus.

2000年度   Toward activation tagging in rice (イネのアクチベーションタギングに向けて)

2000年度   イネのアクチベーションタギングラインのエンハンサー近傍領域の解析

2000年度   イネにおけるアクチベーションタギングシステムの開発:トランスポゾンの利用による変異系統の拡大及び新規変異体の取得

2000年度   Sweet potato feat mottle virus derived resisyance: CP mediated resistance and gene silencing

2000年度   Sweet potato feathery mottle virus derived resistance: CP mediated resistance and gene silencing

2000年度   Rice has two distinct classes of SnRK1 genes which are differently regulated in the early seed development

2013-2017年   [独立行政法人日本学術振興会 科学研究費助成事業]   病害応答における低酸素ストレス応答との拮抗制御の分子機構に関する研究

2011-2013年   [独立行政法人日本学術振興会 科学研究費助成事業]   イネの新規耐病性遺伝子BSR1による広範な病害抵抗性機構の解析

2007-2011年   [独立行政法人農業・食品産業技術総合研究機構 生物系特定産業技術研究支援センター イノベーション創出基礎的研究推進事業]   有用物質・遺伝子・形質の探索と応用を目指した植物ケミカルバイオロジー研究

2004-2006年   [独立行政法人日本学術振興会 科学研究費助成事業]   プロゲステロンの植物における生合成と生理的役割に関する研究

2005-2006年   [独立行政法人日本学術振興会 科学研究費助成事業]   イネのアシルトランスフエラーゼファミリーによる病害抵抗性機構の解明

この記事は