山本公子

所属機関名 国立研究開発法人 農業・食品産業技術総合研究機構 生物機能利用研究部門
肩書き ユニット長
氏名 山本公子
連絡先(電話番号) 029-838-6026
所在都道府県名 茨城県
見える化ID 001328
URL http://researchmap.jp/lol/
カテゴリ カイコ 害虫

研究情報

2014年度   Genetic mapping of the rice resistance-breaking gene of the brown planthopper Nilaparvata lugens

2012年度   チョウ目害虫におけるBT剤およびBt毒素抵抗性の現状と原因遺伝子の同定

2012年度   肉眼で判別できるカイコの遺伝子組換えマーカーの開発

2012年度   日本蚕糸学会進歩賞(技術賞)

2012年度   Bt毒素Cry1AbおよびCry1Acに対するカイコの抵抗性の分離モデルの確立と遺伝子解析

2012年度   A Simple Sequence Repeat- and Single-Nucleotide Polymorphism-Based Genetic Linkage Map of the Brown Planthopper, Nilaparvata lugens

2011年度   クラスBスカベンジャー受容体相同遺伝子の強制発現による繭の着色

2011年度   Wnt1/winglessによる幼虫体表紋様の制御

2011年度   カイコ突然変異コブ(K)の原因遺伝子およびコブ形成メカニズムの解明

2011年度   第11染色体を部分的に欠失したカイコの食性異常

2011年度   カイコの体色変異を引き起こす新規遺伝子の同定とマーカーへの応用

2011年度   カイコ卵休眠遺伝子pnd,pnd-2の単離と解析

2011年度   トビイロウンカのイミダクロプリド抵抗性機構の現状:P450酵素遺伝子の高発現

2011年度   RNAiによるトビイロウンカの新規殺虫剤標的遺伝子の探索

2011年度   黒蛾(Bm)とクワコツマグロ(Ws)の連鎖解析

2011年度   多様な幼虫斑紋を作り出すカイコp複対立遺伝子座の原因遺伝子の同定

2011年度   優性短節油(Obs)の原因遺伝子の探索

2011年度   カイコ第27連関群に座乗する笹繭原因遺伝子同定の試み

2011年度   昆虫のオモクローム系色素合成に関わる新規遺伝子の同定

2010年度   カイコの持つ劣勢のCry1Ab毒素抵抗性遺伝子の究明:トランスジェニックカイコを用いたCry1Ab毒素抵抗遺伝子の検証

2010年度   形質転換カイコを用いたカイコ濃核病ウイルス1型抵抗性遺伝子*nsd-1*の機能証明

2010年度   農業害虫ゲノム解析-1.

2010年度   カイコゲノム情報データベースKAIKObase-完全長cDNAによるゲノムアノテーション-

2010年度   カイコのゲノム情報を利用したBeauveria brongniartii菌抵抗性遺伝子の探索

2009年度   黄繭遺伝子(C)の分子遺伝学的解析

2009年度   カイコ褐頭尾斑および第二褐頭尾斑遺伝子の遺伝子構造の比較

2009年度   カイコ由来培養細胞BmN細胞を用いたカイコ濃核病ウイルス1型抵抗性遺伝子nsd-1の機能解析

2009年度   走査型プローブ顕微鏡応用によるゲノム解析技術の開発

2009年度   カイコゲノム研究の現状とその利用

2009年度   カイコゲノムデータベースの活用-ポジショナルクローニングの場合 2009年

2009年度   ソフトナノテクノロジーのための計測技術

2009年度   カイコゲノム研究の現状と害虫防除研究への展望 公開シンポジウム「ポストゲノム時代の害虫防除研究のあり方」

2009年度   カイコゲノム研究の現状と害虫防除研究への展望

2009年度   カイコゲノム研究の現状と今後の展開

2009年度   カイコ卵休眠遺伝子pnd,pnd2の解析

2009年度   原子間力顕微鏡と包埋切片法併用による生物試料・食品素材の解析

2009年度   走査型プローブ顕微鏡によるカイコ精子及び澱粉粒子包埋切片の高精度観察

2009年度   包埋切片の原子間力顕微鏡観察によるカイコ精子鞭毛のナノスケール構造解析

2009年度   カイコ濃核病ウイルス抵抗性の分子遺伝学

2009年度   走査型プローブ顕微鏡応用によるゲノム解析技術の開発

2008年度   トランスジェニックカイコを用いた BtCry1Ab 毒素に対するカイコ抵抗性遺伝子の究明

2008年度   カイコの褐頭尾斑およびワクジー油変異形質の原因遺伝子の単離と解析

2008年度   生体色素カロテノイドの膜輸送に関与するカイコ黄繭遺伝子の分子遺伝学的解析

2008年度   wnt1/wingless による昆虫幼虫紋様多様化の分子メカニズム

2008年度   カイコゲノム解析-7. BACミニマムタイリングパスの構築とアセンブル結果の検証

2008年度   ゲノム及びナノスケール食品素材の走査型プローブ顕微鏡による解析

2008年度   AFMによる染色体物理地図構築と食品ナノ粒子の構造計測

2008年度   rDNA を指標とした中国産、韓国産、台湾産、日本産クワコの比較による系統解析とクワコの由来

2008年度   食品及び生物組織切片の原子間力顕微鏡による微細構造観察

2008年度   カイコの無翅変異体から見える昆虫の発生プロセス

2008年度   走査型プローブ顕微鏡を利用したゲノム解析ツールの開発

2007年度   SNPs 地図に基づいたIgn-1と新たな笹繭関連遺伝子の所属連鎖群の解明

2007年度   Bacillus Thuringiensis産生毒素Cry1Abに対するカイコの抵抗性遺伝子座位情報の高度化

2007年度   SNPマーカーを利用したBeauveria brongniartii菌抵抗性遺伝子の連関検索

2007年度   カイコの褐頭尾斑遺伝子およびワクジー油遺伝子のポジショナルクローニング

2007年度   カイコ濃核病ウイルス1型抵抗性遺伝子 nsd-1 の単離と解析 平成20年度蚕糸・昆虫機能利用学術講演会

2007年度   カイコ2型濃核病ウイルス抵抗性遺伝子nsd-2の単離とトランスジェニックによる証明

2007年度   近接マーカー評価のためのカイコファイバーFISH法の開発

2007年度   カイコ突然変異体コブ(K)、及び褐円(L)の遺伝子解析

2007年度   wnt1の幼虫表皮の褐色斑紋への関与

2007年度   信号混入を抑制した走査型近接場光学原子間力顕微鏡の二色同時計測系

2007年度   二色同時計測-走査型近接場光学原子間力顕微鏡によるBACクローン高分解能マッピング

2007年度   二色同時計測-走査型近接場光学顕微鏡によるカイコ染色体近接BACクローンの高精度観察

2007年度   走査型プローブ顕微鏡で回収したナノサイズ染色体断片を用いた局所的ゲノム解析法

2007年度   カイコゲノム解析-6. ポジショナルクローニングにむけたPCRマーカーの開発

2007年度   カイコ1型濃核病ウイルス抵抗性遺伝子 Nid-1 のマッピング

2007年度   カイコ卵休眠遺伝子pndの解明 平成19年度蚕糸・昆虫機能利用学術講演会

2007年度   カイコ卵休眠遺伝子 pnd,pnd-2 の単離

2007年度   SNOM による BAC クローン直接マッピング及び AFM 切断染色体ナノ断片の DNA 増幅

2007年度   走査プローブ顕微鏡技術に基づく新規ゲノム解析手法の開発

2007年度   走査プローブ顕微鏡技術のゲノム解析及びタンパク質相互作用解析への応用

2007年度   AFMによる染色体の切断回収及び切断箇所のBACクローンスクリーニング

2007年度   カイコ11番および24番染色体における組換え頻度の不均一な分布

2007年度   ゲノム解析のためのAFMによる染色体切断回収領域の増大化

2007年度   原子間力顕微鏡による染色体切断回収領域の増大化およびコンタミネーションDNA削減の検討

2007年度   カイコ幼虫体色変異体-赤蟻・煤食-はメラニン合成遺伝子に変異が生じている

2007年度   SPMダイレクトゲノム解析法のためのWebベース配列解析支援ツールの開発

2007年度   カイコ濃核病ウイルス感染機構の解明-抵抗性遺伝子群の単離

2007年度   in situ hybridization によるカイコ2型濃核病ウイルス抵抗性遺伝子の発現部位

2007年度   カイコESTの連鎖群解析と他生物種との比較 平成19年度蚕糸・昆虫機能利用学術講演会

2007年度   カイコの眠性変異体の分子遺伝学的解析 平成20年度蚕糸・昆虫機能利用学術講演会

2006年度   Bacillus Thuringiensisの産生するCry1Ab毒素に対するカイコの抵抗性遺伝子について

2006年度   カイコ1型濃核病ウイルス抵抗性遺伝子 nsd-1 の単離と解析-ポジショナルクローニングによる遺伝子候補領域の決定

2006年度   ゲノム情報を利用したカイコ濃核病ウイルス抵抗性遺伝子の単離と解析

2006年度   カイコゲノム解析:5. ゲノム塩基配列情報を利用した発現遺伝子マッピング

2006年度   原子間力顕微鏡による染色体特異的領域の切断及びDNA増幅

2006年度   SPM応用によるゲノム解析:染色体の切断、回収、DNA増幅及びマッピング

2006年度   原子間力顕微鏡を用いたゲノム解析のための染色体断片の連続回収

2006年度   走査型プローブ顕微鏡を利用した新規ゲノム解析手法の開発

2006年度   走査型近接場光学原子間力顕微鏡による染色体上特定配列の高分解能マッピング

2006年度   カイコ2型濃核病ウイルス抵抗性遺伝子nsd-2の単離と解析

2006年度   SPMのゲノム解析及びタンパク質相互作用解析への応用

2006年度   BAC末端塩基配列を利用したカイコSNP連鎖地図構築

2006年度   連鎖マーカの高精度位置比較のための走査型近接場光学原子間力顕微鏡の二色同時計測

2005年度   原子間力顕微鏡(AFM)による染色体の切断及び回収

2005年度   走査プローブ顕微鏡による染色体ナノ切断と高分解能BACクローンマッピング

2005年度   原子間力顕微鏡による抗体抗原分子間相互作用の計測

2005年度   FISH法と走査型プローブ顕微鏡を併用したカイコZ染色体物理地図の構築

2005年度   走査型プローブ顕微鏡技術をベースとしたゲノム解析ツールの開発

2005年度   カイコ2型濃核病ウイルス抵抗性遺伝子nsd-2の単離と解析

2005年度   カイコ1型濃核病ウイルス抵抗性遺伝子Nid-1領域の絞り込みと他系統の探索

2005年度   カイコSNPs連鎖地図の作成と地図末端BACクローンの染色体FISH

2005年度   BACフィンガープリントコンティグ上のESTの連鎖解析

2005年度   走査型近接場光学原子間力顕微鏡によるゲノム上の特異的塩基配列検出

2005年度   AFMを用いた染色体ナノ断片の回収

2005年度   走査型プローブ顕微鏡による染色体切断回収とBACクローンマッピング

2005年度   カイコゲノム解析-4. BACクローンを要とした連鎖地図、物理地図、塩基配列情報の連結

2005年度   蛍光in situ ハイブリダイゼーション(FISH)を用いたカイコSNPs連鎖地図の染色体カバー率の判定

2005年度   走査プローブ顕微鏡技術に基づく新規ゲノム解析手法の開発

2005年度   染色体特定領域解析のための原子間力顕微鏡による染色体ナノ断片回収

2005年度   原子間力顕微鏡を用いた染色体単離および極微量DNA増幅法の開発

2005年度   蛍光in situ ハイブリダイゼーション(FISH)によるカイコBAC物理地図作成

2005年度   走査型近接場光学原子間力顕微鏡によるBACクローン高分解能マッピング

2005年度   走査型プローブ顕微鏡によるダイレクトマッピングアルゴリズムの開発

2005年度   The map-based sequence of the rice genome

2005年度   原子間力顕微鏡(AFM)による染色体の切断および回収

2004年度   AFMによる染色体の切断及び回収

2004年度   In vitroにおける新規の染色体特異的DNA単離および増幅法

2004年度   SNOM/AFMによるダイレクトマッピングのためのカイコ染色体FISH法の開発

2004年度   カイコゲノム解析 3. BACクローン末端塩基配列を利用したSNPs連鎖地図

2004年度   フィンガープリント法によるカイコBACコンティグ作成

2004年度   走査型プローブ顕微鏡技術のゲノム解析への適用

2004年度   カイコ濃核病ウイルス2型非感受性遺伝子nsd-2近傍領域のゲノム解析-コンティグ2の解析とハイブリ・フィンガープリント法による末端の伸長

2002年度   Expression study of genes responsible for grain filling in rice through microarray analysis

2002年度   モモ果実cDNAマイクロアレイの作製と発現解析

2002年度   カイコゲノム解析-1. 物理地図構築に向けたBACクローン末端塩基配列解析

2002年度   フィンガープリント法によるカイコ全ゲノムのBACコンティグ作成

2002年度   耐冷性の異なるイネ準同質遺伝子系統の穂ばらみ期における遺伝子発現モニタリング

2002年度   カンキツでのcDNAマイクロアレーを利用した遺伝子発現プロファイリング.その2 幼植物、花、幼果での発現プロファイリング

2001年度   cDNAマイクロアレイを用いたイネ花粉発育過程における冷温ストレス応答遺伝子の解析

2001年度   イネcDNAマイクロアレイを用いたコムギ低温適応性関与遺伝子の探索

2000年度   Hd1, major photoperiod-sensitivity QTL in rice, encodes a protein with the structure of zinc finger transcription factor

2000年度   The rice genome sequencing project: construction of shotgun library

2000年度   Rice genome sequencing project: sequencing of rice genomic DNA

2000年度   Rice genomics: genetic and physical map and the current status of genome sequencing

2000年度   Sequence analysis of rice chromosome 1

2000年度   Sequence analysis of rice chromosome 6

2000年度   イネゲノム塩基配列解析ーII 第6および第1染色体由来PACクローンのシークエンシング

2000年度   イネ塩基配列解析におけるPACクローンからのショットガンライブラリーの作製とその評価

2000年度   イネ第1染色体のゲノム塩基配列解析

2000年度   イネ第6染色体のゲノム塩基配列解析

2000年度   ダイズにおける開花期のQTL解析

2000年度   A cDNA Microarray Sysytem for Monitoring Expression Profiles of 1265 Rice Genes

2000年度   A cDNA microarray system for monitoring expression profiles of 1265 rice genes

2000年度   cDNA microarray system for monitoring the expression of rice genes

2000年度   Diverse expression profiles of 21 rice peroxidase genes

2000年度   イネペルオキシダーゼ遺伝子の多様性 ー21種の遺伝子を用いての解析ー

2000年度   Differential expression of two NPH1 homologues from rice, OsNPH1a and OsNPH1b

2000年度   イネ種子根における酸性処理誘導遺伝子のcDNAマイクロアレイによる発現解析への主成分分析の適用

2000年度   Hd1, a major photoperiod sensitivity quantitative trait locus in rice, is closely related to the Arabidopsis flowering time gene CONSTANS

2000年度   Sequence analysis of rice chromosomes 1 and 6

2000年度   病害抵抗性誘導材, プロベナゾールを処理したイネにおける発現遺伝子のDNAマイクロアレイによる解析

2000年度   プロベナゾール処理イネにおけるマイクロアレイ解析といもち病菌感染との関連

2000年度   CDNAマイクロアレイによるイネ発現遺伝子の解析 : プロベナゾールにより発現の変化する遺伝子

2000年度   Embarking on rice functional genomics via cDNA microarray

2000年度   Rice NPH1 homologues, OsNPH1a and OsNPH1b, are differently photoregulated

2013-2015年   [独立行政法人日本学術振興会 科学研究費助成事業]   コナガの薬剤及び天敵微生物耐性獲得機構解明への分子遺伝学的アプローチ

2013-2015年   [独立行政法人日本学術振興会 科学研究費助成事業]   カイコ緑繭の分子基盤ならびに生理・生化学的特性の解明と利用

2009-2013年   [独立行政法人日本学術振興会 科学研究費助成事業]   ポストゲノム時代におけるカイコランダムミュータージェネシスとその基盤研究

2010-2013年   [独立行政法人日本学術振興会 科学研究費助成事業]   遺伝子組換え昆虫ゲノムのエピジェネティク制御

2010-2012年   [独立行政法人日本学術振興会 科学研究費助成事業]   コナガのゲノム解析とその殺虫剤抵抗性機構解明への利用

2009-2011年   [独立行政法人日本学術振興会 科学研究費助成事業]   カイコの繭を彩るカロテノイドの搬送システムの分子機構解明と応用

2007-2008年   [独立行政法人日本学術振興会 科学研究費助成事業]   カイコの繭色を支配する遺伝子の同定

2003-2007年   [独立行政法人農業・食品産業技術総合研究機構 生物系特定産業技術研究支援センター イノベーション創出基礎的研究推進事業]   SPMダイレクトゲノム解析法の開発

1996-2000年   [独立行政法人農業・食品産業技術総合研究機構 生物系特定産業技術研究支援センター イノベーション創出基礎的研究推進事業]   イネQTLに関する遺伝子ネットワークのゲノム生物学的解明

この記事は