黄川田智洋

所属機関名 国立研究開発法人 農業・食品産業技術総合研究機構 北海道農業研究センター
肩書き 主任研究員
氏名 黄川田智洋
連絡先(電話番号) 011-857-9260
所在都道府県名 北海道
見える化ID 000130
URL
カテゴリ 飼料用作物 とうもろこし 品種

研究情報

2013年度   A Study on ‘Genomewide Selection’ for Maize (Zea mays L) Breeding in Japanese Public Sectors: Single Nucleotide Polymorphisms Observed Among Parental Inbred Lines

2012年度   サイレージ用トウモロコシ一代雑種親自殖系統「Na71」の育成とその特性

2011年度   A preliminary study on ‘genomewide selection’ for maize (Zea mays L.) breeding in Japanese public sectors: estimated selection response in the first selfing cycle of single-cross progeny

2011年度   Comparison of Fusarium ear rot occurrence among maize varieties/lines under natural infection and inoculation

2011年度   phythium属菌によるトウモロコシの根腐病;品種・系統、感染時期および病原菌種による発生程度の違い

2010年度   サイレージ用トウモロコシ一代雑種親自殖系統「Na65」の育成とその特性

2009年度   グリホサート体制遺伝子組換えトウモロコシ(Zea mays. L)栽培が圃場内生物相に与える影響評価

2005年度   とうもろこし農林交親59号

2005年度   Na65

2002年度   トウモロコシ群落からの花粉の飛散距離および密度

2002年度   生育初期のトウモロコシ圃場におけるモザイク病の蔓延過程

2002年度   RGA-STSマーカーのトウモロコシごま葉枯病圃場抵抗性解析集団へのマッピング

2002年度   トウモロコシ黒穂病抵抗性検定に有効な接種条件の検討

2002年度   トウモロコシ茎葉消化性の遺伝

2001年度   トウモロコシ茎葉繊維消化性の遺伝

2001年度   デント種と在来フリント種との自殖系統間交配由来トウモロコシF3集団による子実重とその構成要素のQTL解析

2001年度   トウモロコシ黒穂病抵抗性関連遺伝子の探索

2001年度   トウモロコシごま葉枯病圃場抵抗性のQTL解析

2015年度   トウモロコシの耐湿性育種に利用可能な湛水・還元耐性に関与する遺伝子座

2015年度   近縁野生種由来の耐湿性遺伝子を持つトウモロコシ新親自殖系統「Na110」

2015年度   多収で耐倒伏性に優れる北海道向けサイレージ用トウモロコシ新品種「北交88号」

2013年度   飼料用トウモロコシF1における根腐病抵抗性の圃場検定

2009年度   サイレージ用トウモロコシの一代雑種新親自殖系統「Na71」

2007年度   テオシントの不定根形成能遺伝子を持つトウモロコシ準同質遺伝子系統

2005年度   サイレージ用トウモロコシ系統の茎葉における乾物率との消化性との関係

2005年度   遺伝子組換えトウモロコシ連作後の飼料作栽培における生物相への影響モニタリング

2005年度   日本在来フリント種が持つトウモロコシ黒穂病抵抗性に関与するQTL

2005年度   組換えトウモロコシ圃場の隣接圃場のトウモロコシの結実種子への組換え遺伝子の拡散

2004年度   とうもろこしF1親自殖系統「Na65」

2004年度   除草剤耐性遺伝子組換えトウモロコシ栽培による圃場環境への影響のモニタリング

2004年度   トウモロコシ黒穂病の抵抗性を安定して検定できる病原菌の圃場接種法

2004年度   近赤外分析法によるトウモロコシ茎葉の飼料成分の推定

2003年度   トウモロコシごま葉枯病の圃場抵抗性に関与するQTL

2003年度   トウモロコシごま葉枯病の圃場抵抗性に関与するQTL

2002年度   トウモロコシ群落からの花粉の飛散距離および密度

2000年度   とうもろこしの硝酸態窒素含量の遺伝

2000年度   とうもろこし茎葉繊維消化性の遺伝

この記事は