岡田 英二

所属機関名 国立研究開発法人 農業・食品産業技術総合研究機構 生物機能利用研究部門
肩書き 上級研究員
氏名 岡田 英二
連絡先(電話番号) 029-838-6026
所在都道府県名 茨城県
見える化ID 001296
URL http://researchmap.jp/3434
カテゴリ 育種 カイコ

研究情報

2014年度   遺伝子組換えカイコの飼育における生物多様性影響の評価手法の構築

2014年度   遺伝子組換えカイコの第一種使用等としての隔離試験飼育の開始

2013年度   香粧用素材として天然高分子量セリシンを利用する技術の開発

2012年度   日本蚕糸学会進歩賞(技術賞)

2012年度   繭糸繊度の異なる蚕品種の生糸性状

2011年度   カイコ第27連関群に座乗する笹繭原因遺伝子同定の試み

2011年度   開発中の「高機能シルク」の性状

2010年度   小石丸繭の蛍光色素の遺伝性

2010年度   高強度系統蚕品種繭を用いた縫合糸の性状

2009年度   カイコ高強度繭糸品種の開発

2008年度   カイコの3眠蚕と4眠蚕における生糸の光沢・色彩について

2008年度   カイコの3眠蚕と4眠蚕の作った繭の糸には光沢・色彩に違いがあるのか?

2008年度   カイコ高強度繭糸品種の育成

2008年度   蚕品種の違いによる絹織物の風合い

2008年度   高強度系蚕品種の交雑による生糸の物性変化

2007年度   家蚕繭の新たな特徴としての光沢・色彩とその評価

2007年度   カイコcDNA領域の3点法による遺伝的距離と染色体上の位置との比較

2007年度   パソコンを利用した繭秤量システム

2007年度   生糸、繭糸、絹布の光沢および色彩とカイコの品種について

2007年度   カイコ品種間における生糸・繭糸・絹布の光沢・色彩特性

2007年度   蚕品種における光沢や色彩という新たな絹糸評価法

2007年度   生糸と繭糸の形状や繊度と新たな特性としての光沢・色彩との関係について

2007年度   色繭セリシン蚕の開発とその特性

2007年度   SNPs 地図に基づいたIgn-1と新たな笹繭関連遺伝子の所属連鎖群の解明

2007年度   高強度絹縫合糸の開発

2007年度   綿蚕繭の利用についての検討

2007年度   高強度絹縫合糸の開発とその性能評価

2006年度   カイコ繭糸強度における品種間差異について

2006年度   ダイアレル法によるカイコ繭糸強度の遺伝解析

2005年度   セリシンハイドロゲルの物質吸着特性

2004年度   カイコにおける病原細菌2種に対する感染様態について

2004年度   カイコ体液に誘導される抗菌活性の品種間における性状(第3報)

2004年度   カイコ保存蚕品種(小淵沢)の抗菌活性に関する性状(続報)

2004年度   抗菌活性に関する小淵沢保存蚕品種の特徴および性状

2004年度   支108号(旧)で見出された新規油蚕遺伝子について(予報)

2004年度   有用物質生産用蚕品種の特性調査

2004年度   小淵沢保存蚕品種の抗菌活性に関する性状

2004年度   セリシンホープ繭層からの高分子量セリシンハイドロゲルの作製

2004年度   セリシンホープ由来高分子量セリシンの特性と利用

2000年度   細繊度・広食性蚕品種「ほのぼの」の育成

2000年度   カイコにおける細菌抵抗性の品種間差異について

2000年度   カイコ品種間における抗菌タンパク質と耐病性の関係

2000年度   極細繊度蚕品種「はくぎん」の育成

2000年度   細繊度・広食性蚕品種「ほのぼの」の育成

2000年度   クワコにおける卵休眠の光周反応

2000年度   カイコ品種間におけるグラム陰性細菌の経口感染について

2000年度   極細繊度蚕品種「はくぎん」の育成

2000年度   細繊度・広食性蚕品種「ほのぼの」の育成

2000年度   カイコ品種間におけるグラム陰性細菌に対する抵抗性について

2000年度   クワコにおける卵休眠の光周反応

この記事は