内野恵郎

所属機関名 国立研究開発法人 農業・食品産業技術総合研究機構 生物機能利用研究部門
肩書き 上級研究員
氏名 内野恵郎
連絡先(電話番号) 029-838-7424
所在都道府県名 茨城県
見える化ID 001286
URL http://researchmap.jp/KEIRO_UCHINO
カテゴリ カイコ

研究情報

2014年度   遺伝子組換えカイコの生殖質の凍結保存

2013年度   Establishment of transgenic silkworms expressing GAL4 specifically in the haemocyte oenocytoid cells.

2012年度   肉眼で判別できるカイコの遺伝子組換えマーカーの開発

2012年度   変態抑制作用を有するKru"ppel homolog1遺伝子の機能解析

2012年度   ノックアウトカイコ作出によるJHシグナリングの分子機構の解析

2012年度   後部絹糸腺における水溶性組換えタンパク質の発現の試み

2012年度   カイコに挿入したry標的配列に対する変異導入効率

2012年度   短縮型TALENによるカイコ遺伝子ターゲティング効率の向上

2011年度   クラスBスカベンジャー受容体相同遺伝子の強制発現による繭の着色

2011年度   カイコの2眠変異体は幼若ホルモン生合成能の欠損によって早熟変態を起こす

2011年度   ジンクフィンガーヌクレアーゼによるカイコ遺伝子のターゲティングの現状と問題点

2011年度   昆虫のオモクローム系色素合成に関わる新規遺伝子の同定

2010年度   形質転換カイコを用いたカイコ濃核病ウイルス1型抵抗性遺伝子*nsd-1*の機能証明

2010年度   カイコ絹糸腺等における導入遺伝子発現の高度化

2010年度   新規ミューテーターを用いたカイコ・エンハンサートップ系統の作出と解析

2010年度   青熟白卵油w-3olにおけるカイコのwhite遺伝子(Bmwh3)の強制発現

2010年度   ブラストサイジンSを用いた遺伝子組換えカイコの選抜法の開発

2009年度   ジンクフィンガーヌクレアーゼを用いた油蚕原因遺伝子のノックアウト

2009年度   カイコでのRNAi~線虫SID-1遺伝子の利用~

2009年度   in vitro合成トランスポゼースmRNAを用いたpiggyBacベクターによる組換えカイコの作出

2009年度   カイコのジーントラップ系統のベクター挿入部位の解析

2009年度   ジーントラップ法によるカイコ変異体の表現型の調査

2009年度   カイコ・エンハンサートラップ系統とデータベース(Bombyx Trap DataBase)の開発

2009年度   BmDNV-2感受性遺伝子(+nsd-2)の強制発現による感受性誘導の試み

2009年度   異業種連携による遺伝子組換え高機能絹糸の製品化

2008年度   遺伝子組換えカイコにおける発現量上昇因子の解析と、ブタインターロイキン2生産への応用

2008年度   組換えタンパク質の発現量の上昇に寄与する因子の解析と有用タンパク質生産への応用

2008年度   3-5齢カイコのセリシン遺伝子の発現と非繭層絹糸中のセリシンの分析

2008年度   改変型絹タンパク質を発現させた遺伝子組換えカイコ絹糸の力学物性解析

2008年度   カイコの遺伝子組換えによる絹糸タンパク質改変

2008年度   遺伝子組換えカイコが拓く新たな生物学

2008年度   トランスポゾンを利用した新規突然変異系統の作出と遺伝子機能解析

2007年度   遺伝子組換えカイコにおける組換えタンパク質発現量上昇因子の解析

2007年度   遺伝子組換えカイコにおいてシグナルペプチドおよびイントロンが組換えタンパク質発現におよぼす影響

2007年度   遺伝子組換えカイコにおいて組換えタンパク質の発現量の上昇に寄与する因子の解析

2007年度   家蚕中部絹糸腺前区における2種セリシン遺伝子の発現とタンパクの同定

2007年度   クモ糸繊維タンパク質を絹糸に発現する遺伝子組換えカイコの作出

2007年度   新規絹糸を発現する遺伝子組換えカイコの作出と絹糸の特性解析

2007年度   オニグモ縦糸タンパク質を導入した組換え絹糸の力学物性

2007年度   改変型フィブロインH鎖を発現する絹糸の特性

2007年度   カイコ2型濃核病ウイルス抵抗性遺伝子nsd-2の単離とトランスジェニックによる証明

2007年度   in situ hybridization によるカイコ2型濃核病ウイルス抵抗性遺伝子の発現部位

2006年度   遺伝子組換え技術を用いたカイコ絹糸の改変

2006年度   改変フィブロインH鎖タンパク質をモデルとした翻訳後修飾の解析

2006年度   一過性導入系によるカイコ幼虫組織での外来タンパク質発現

2006年度   遺伝子組換えカイコによる絹フィブロインの改変手法の開発

2006年度   遺伝子組換えカイコによる改変型フィブロインH鎖タンパク質の発現

2006年度   遺伝子組換えカイコで発現させた改変型フィブロインH鎖タンパク質の解析

2013-2014年   [独立行政法人日本学術振興会 科学研究費助成事業]   カイコのフリーズドライ精子を用いた長期保存システムの構築

2012-2012年   [独立行政法人日本学術振興会 科学研究費助成事業]   性フェロモン受容系の遺伝的機能改変による高感度匂いセンサカイコガの開発

この記事は