小川泰一

所属機関名 国立研究開発法人 農業・食品産業技術総合研究機構 生物機能利用研究部門
肩書き 主席研究員
氏名 小川泰一
連絡先(電話番号) 問い合わせはメール(メールアドレス「nias-renkei@naro.affrc.go.jp」)でお願い致します。メールでのご使用が不可の方に関しては029-838-7424にてお問い合わせ下さい。
所在都道府県名 茨城県
見える化ID 001269
URL https://researchmap.jp/ogw/
カテゴリ 大麦 ゲノム育種 小麦

研究情報

2012年度   コムギにおけるTaMRP-D1遺伝子の過剰発現が赤かび病毒素蓄積に及ぼす効果

2011年度   GMOに関する学習プログラムの新たな試みとその効果

2011年度   染色体欠失系統を利用したコムギ7D染色体短腕上の出穂制御領域の探索 育種学研究 13(別2):77

2011年度   A wheat homolog of Mother of FT and TFL1 acts in the regulation of germination

2010年度   コムギクラスB MADS-box遺伝子WAP3における同祖遺伝子特異的転写制御システム

2010年度   コムギ及びオオムギ形質転換

2009年度   イネ変異型アセト乳酸合成酵素遺伝子を選抜マーカー遺伝子として用いた効率的なオオムギの形質転換

2007年度   イネ変異型アセト乳酸合成酵素遺伝子を選抜マーカー遺伝子として用いた効率的なコムギの形質転換

2006年度   コムギFT遺伝子(WFT: Wheat FLOWERING LOCUS T)は日長反応性経路と春化経路を統合する花成促進インテグレーターである

2006年度   コムギ形質転換体を用いたWFT遺伝子の機能解析

2006年度   コムギへの遺伝子導入 -為せばなる!-

2000年度   イネの細胞培養技術の改良-コシヒカリは,なぜバイテク育種に適さないか?-

2000年度   Relationships between nitrite reductase activity and genotype-dependent callus growth in rice cell cultures

2000年度   イネの細胞培養技術の汎用化に関する基礎的研究-品種間差異の克服及び単離花粉培養系の確立-

2000年度   Agrobacterium-mediated transformation of monocot and dicot plants using the NCR promoter derived from soybean chlorotic mottle virus

2000年度   Utilization of nitrate for early androgenic embryogenesis of Brassica napus L.

この記事は