朝岡 潔

所属機関名 国立研究開発法人 農業・食品産業技術総合研究機構 生物機能利用研究部門
肩書き 企画管理部長
氏名 朝岡 潔
連絡先(電話番号) 問い合わせはメール(メールアドレス「nias-renkei@naro.affrc.go.jp」)でお願い致します。メールでのご使用が不可の方に関しては029-838-7424にてお問い合わせ下さい。
所在都道府県名 茨城県
見える化ID 001268
URL http://researchmap.jp/read0004074
カテゴリ カイコ

研究情報

2012年度   テンサン幼虫の味覚と吸水行動

2012年度   カイコD2-likeドーパミン受容体アゴニストブロモクリプチンの摂食亢進作用

2012年度   食性異常蚕に対するブロモクリプチンの摂食行動への影響

2012年度   D2-likeドーパミン受容体アゴニストのブロモクリプチンはカイコの摂食行動を亢進する

2011年度   カイコの咀嚼・飲み込み運動リズムと味覚応答に対するショ糖存在下におけるイノシトールの作用

2010年度   カイコの摂食行動モチベーションを調節する新規ペプチド(HemaP)の作用機構

2009年度   昆虫の摂食行動モチベーション調節因子HemaPの生体アミンに対する影響

2009年度   3種のodorant binding-like proteinおよびtakeout-like proteinのカイコガ幼虫味覚器官における発現パターン

2009年度   ホメオティック突然変異による雄カイコガ交尾中の羽ばたき異常

2009年度   ショ糖やイノシトールによるカイコ幼虫の飲み込み運動パターンの修飾

2009年度   カイコの突然変異体“縮み蚕”における筋収縮の誘導要因

2009年度   カイコ幼虫のイノシトールによる咀嚼運動の修飾メカニズム

2009年度   アカタテハ成虫脚ふ節の味覚:食物中の糖および発酵産物への応答

2009年度   チョウ目昆虫幼虫の摂食行動制御における味覚と生体アミンの関与

2008年度   カイコガ形態形成変異系統における雄の羽ばたきパターン切替えの異常

2008年度   ツマグロヒョウモン成虫脚ふ節の味覚:食物中の糖および発酵産物への応答

2008年度   カイコ幼虫小腮のEST解析

2008年度   カイコENC系統における雄成虫の交尾中の羽ばたきパターンの異常

2007年度   セイシェルショウジョウバエの寄主植物成分に対するふ節の味覚応答

2007年度   カイコの摂食行動調節におけるドーパミン受容体の関与

2006年度   カイコの飲み込み行動の5齢日別変化及び食性異常遺伝子との関係について

2006年度   3種類のカイコドーパミン受容体の培養細胞における発現と機能解析

2006年度   HEK-23細胞に発現させたカイコドーパミン受容体(BmDopR1-3)の機能および薬理学的解析

2006年度   生体アミン及びそのアンタゴニストの投与がカイコの摂食行動に及ぼす影響

2006年度   味覚情報によるカイコ幼虫の飲み込み運動リズムの調節

2006年度   カイコの形態形成突然変異系統における神経系の再構成と配偶行動の異常

2005年度   昆虫の大顎閉筋運動ニューロン群の機能分化

2005年度   タテハチョウ成虫口吻の味覚応答~腐敗食物を利用するための適応

2005年度   カイコのドーパミン受容体の単離と機能解析

2005年度   カイコの糖受容細胞の応答におけるカルシウムイオンの関与について

2005年度   カイコの大顎閉筋運動ニューロンによる咀嚼運動の制御機構

2004年度   タテハチョウ科成虫の腐食性に関する口吻味覚感覚子の応答性

2004年度   カイコ幼虫の摂食とアゲハ類成虫の産卵に関わる味覚受容の電気生理学的解析及び分子生物学的アプローチ

2004年度   沢J系統広食性遺伝子の機能解析-苦味応答について

2002年度   アゲハ類のふ節に存在する摂食化学感覚子の分布と電気生理的応答

2002年度   DMSO等の可溶化剤がカイコの味覚応答に及ぼす影響について

2002年度   ジャコウアゲハの味覚感覚子の形態及び電気生理学的性質

2002年度   昆虫の味覚応答に及ぼす可溶化剤の影響

2002年度   昆虫の味覚応答に及ぼす可溶化剤の影響

2002年度   Taste-dependent swallowing behavior in larvae of the silkworm, Bombyx mori

2002年度   Taste responses and biogenic amine levels in the central nervous system under different fed conditions in larvae of the silkworm, Bombyx mori

2002年度   Spike response characteristics and central projections of the taste neurons in Antheraea yamamai larva

2002年度   Distribution and response of the tarsal contact chemo-sensilla in the butterfly, Atrophaneura alcinous

2000年度   Contribution of different bitter-sensitive taste cells to feeding inhibition in a caterpillar (Manduca sexta)

2000年度   Responses of maxillary sensilla styloconica in Bombyx mori to glucosides from the traveler's joy, Clematis peniculata, a nonhost plant

2000年度   Sensory bases for the opvipositional behavior in the swallowtail butterfly, Papilio protenor: Eletrophysiological responses of the female tarsal chemosensillum to several compounds in the Rutaseae plants.

2000年度   The research of the ovipositional behavior of Papilio butterflies (5) Electrophysiology of Chlorogenic acid and its elements

2000年度   Sweet taste reception in the swallowtail butterfly.

2000年度   Deficiency of gustatory sensitivity to some deterrent compounds in

2013-2015年   [独立行政法人日本学術振興会 科学研究費助成事業]   鱗翅目昆虫幼虫の摂食行動制御機構における味覚と生体アミン情報の役割と接点

2008-2010年   [独立行政法人日本学術振興会 科学研究費助成事業]   昆虫の腹脚の過剰発現による神経系の再構成過程

2001-2005年   [独立行政法人農業・食品産業技術総合研究機構 生物系特定産業技術研究支援センター イノベーション創出基礎的研究推進事業]   化学環境認識に基づく「昆虫型行動決定スイッチングシステム」の解明

この記事は