橘田 和美

所属機関名 国立研究開発法人 農業・食品産業技術総合研究機構 食品研究部門
肩書き ユニット長
氏名 橘田 和美
連絡先(電話番号) 029-838-7991
所在都道府県名 茨城県
見える化ID 001243
URL http://www.naro.affrc.go.jp/nfri-neo/introduction/chart/0504/index.html
カテゴリ 大豆 とうもろこし 分析技術

研究情報

2013年度   Interlaboratory study of qualitative PCR method for genetically modified maize events MON810, Bt11, GA21, and CaMV P35S

2013年度   Development and evaluation of a novel DNA extraction method suitable for processed foods

2013年度   Development of direct real-time PCR system applicable to a wide range of foods and agricultural products

2013年度   Availability and utility of crop composition data,

2010年度   遺伝子組換え食品の検知と表示制度の動向と今後の課題

2010年度   コンニャク製粉含有コメ粉からのコメDNA抽出精製法の検討

2009年度   コメ貯蔵時の害虫防除処理および貯蔵害虫の摂食がアレルゲンタンパク質に及ぼす影響

2009年度   リアルタイムPCRによるDNA検査に好適なポリプロピレンチューブの選択方法

2009年度   遺伝子組換え農産物検査の信頼性確保のためのダイズCRMの生産・頒布

2009年度   Optical detection of specific genes for genetically modified soybean and maize using multiplex PCR coupled with primer extension on a plastic plate

2007年度   食物アレルゲンタンパク質の近赤外蛍光標識プローブによる検出

2007年度   安全性未審査遺伝子組換えコメ(LLRice)を対象とした検知技術の開発と評価

2007年度   Development of event-specific quantitation method for GA21 maize, which is a GM event without CaMV35S promoter

2005年度   組換え農作物の安全性評価のための食品成分データベースの作成

2002年度   Assessment of Allergenicity of Genetically Modified Crops

2002年度   Hepatocyte growth factor elidcits its cardioprotective activity through the activation of GATA-4 transcription factor

2000年度   Antitumor protein from a mushroom induced apoptosis to transformed human keratinocyte by controlling the status of pRb, c-Myc, cyclinE-CDK2, and p21waf1in the G1/S transition

2000年度   抗腫瘍タンパク質TTMによるHPV16形質転換ヒトケラチノサイトの小胞体損傷とアポトーシス誘導

2000年度   抗腫瘍タンパク質TTMのマウスガン細胞に対するアポトーシス誘導とガン抑制遺伝子産物、サイクリン、増殖関連分子の発現変動

2000年度   Molecular alterations which induce apoptosis to cancer cells by a novel antitumorigenic protein from mushroom, Tricholoma matsutake

2000年度   培養心筋細胞におけるHGFによる転写因子GATA-4の活性化

2000年度   SV-T2細胞における細胞外シグナルHomocysteineの影響

2004-2005年   [独立行政法人日本学術振興会 科学研究費助成事業]   アレルギー患者血清に反応するコムギアレルゲン候補タンパク質の検出と解析

この記事は