住田弘一

所属機関名 国立研究開発法人 農業・食品産業技術総合研究機構 本部
肩書き 所長
氏名 住田弘一
連絡先(電話番号) 019-643-3400
所在都道府県名 岩手県
見える化ID 000012
URL http://researchmap.jp/305-8517
カテゴリ 水稲 施肥 大豆 肥培管理 輪作

研究情報

2011年度   Overview of recent effects of global warming on agricultural production in Japan

2004年度   田畑輪換の繰り返しや長期畑転換に伴う転作大豆の生産力低下と土壌肥沃度の変化

2004年度   秋田県大曲市における平成15年度冷害下の水稲生育と養分吸収の特徴

2004年度   未収穫大豆鋤込み復元田における水稲の生育と収量

2003年度   寒冷地水田における肥効調節型肥料の窒素発現の温度依存性

2003年度   生分解性キレート剤がカラシナのカドミウム吸収に及ぼす影響

2003年度   平成14年の長雨日照不足が水稲及び大豆の生育・収量に与えた影響

2002年度   耕地からのカドミウムのファイトレメディエーション

2002年度   生分解性キレート剤による土壌中カドミウムの可溶化

2002年度   15Nトレーサー法による青刈り稲由来窒素の水稲に対する肥効の解析

2002年度   長期間の土壌管理が水田土壌と水稲のDelta15N値に及ぼす影響とそれを用いた水稲の有機物・肥料由来窒素吸収量推定法の検討

2001年度   寒冷地汎用水田の養分供給特性と作物生産力

2001年度   根圏土壌中における肥効調節型肥料の溶出速度

2001年度   寒冷地汎用水田における牛ふん堆肥由来窒素の動態-施用初年目について-

2001年度   寒冷地灰色低地土水田における堆肥長期連用試験からみた肥料及び堆肥由来窒素の行方

2001年度   論文: 水稲複粒化種子点播における全量基肥1回施肥法

2001年度   論文: 長期畑転換あとの復元水田における水稲生産力

2000年度   東北地域における水稲直播栽培の研究と普及の展望

2000年度   水田輪作と水稲直播に関する研究会報告

2000年度   水稲三要素及び堆肥連用試験区における葉色の推移と診断

2000年度   灰色低地土水田における長期継続肥料三要素試験の解析

2000年度   寒冷地汎用水田おける土壌理化学性変動の評価

2000年度   寒冷地汎用水田の養分供給特性と作物生産力

2000年度   pH6.2リン酸緩衝液抽出による水田土壌の可給態ケイ酸の評価

2000年度   数種の不耕起水田土壌における窒素無機化特性

2000年度   不耕起乾田直播の水稲生産力に及ぼす肥培管理および踏圧処理の影響

2000年度   地域の動き 東北

2009年度   寒冷地の水稲~ダイズの田畑輪換田における可給態窒素の維持技術

2007年度   連用開始から5年間の完熟堆肥由来窒素の水稲吸収量と土壌残存量の推移

2005年度   温暖化など気象変動が我が国の農業に及ぼしている影響の現状

2004年度   寒冷地水田における稲わら堆肥と牛ふん堆肥の連用条件での窒素の動態

2004年度   堆肥連用水田土壌の窒素安定同位体自然存在比の30年にわたる推移

2004年度   寒冷地水田における稲わら堆肥と牛ふん堆肥の連用条件での窒素の動態

2004年度   堆肥連用水田土壌の窒素安定同位体自然存在比の30年にわたる推移

2003年度   田畑輪換の繰り返しは転作大豆の生産力を低下させる

2003年度   生分解性キレート剤によるカドミウム吸収促進に及ぼす土壌pHの影響と環境影響評価

2003年度   田畑輪換の繰り返しは転作大豆の生産力を低下させる

2003年度   生分解性キレート剤によるカドミウム吸収促進に及ぼす土壌pHの影響と環境影響評価

2003年度   田畑輪換の繰り返しは転作大豆の生産力を低下させる

2002年度   重窒素標識法でみた寒冷地水田における牛ふん堆肥窒素の動態

2001年度   根圏感応特性を有する新しい被覆肥料

2001年度   水稲根圏における被覆尿素の溶出促進

2000年度   寒冷地灰色低地土水田の有機物長期連用試験からみた肥料及び有機物由来窒素の行方

2001-2005年   [独立行政法人農業・食品産業技術総合研究機構 生物系特定産業技術研究支援センター 異分野融合研究支援事業]   カドミウムを除去するファイトレメディエーション技術の開発

この記事は