大倉 哲也

所属機関名 国立研究開発法人 農業・食品産業技術総合研究機構 食品研究部門
肩書き 主席研究員
氏名 大倉 哲也
連絡先(電話番号) 029-838-7991
所在都道府県名 茨城県
見える化ID 001188
URL http://www.naro.affrc.go.jp/nfri-neo/introduction/chart/0204/index.html
カテゴリ 大麦 加工適性 加工特性 簡易検定法 簡易測定 簡易分析技術 画像処理 酒造好適米 水稲 測定技術 地域特性品種 評価法 品種開発 陸稲 良食味 その他の稲

研究情報

2019年度   糯米の膨化特性を維持改善する加工方法の開発

2019年度   糯米の膨化特性を維持改善する加工方法の開発

2014年度   Two transaldolase isogenes from Moniliella megachiliensis behave in a different way depending on the stress class

2010年度   Different distributions of alpha-glucosidases and amylases in milling fractions of rice grains

2010年度   搗精度合いの異なる米における米内在性酵素の米飯成分への影響

2010年度   異なる品種における精白米内在性酵素の米飯成分への関与

2009年度   Epithelial KT-1 cell-cycle arrest by TGF- associated with induction of p21Cip1 and p15Ink4b

2008年度   TGF-beta3が舌上皮由来細胞株KT-1に及ぼす影響の解析

2008年度   リックカウンターを用いた塩味増強効果の測定

2007年度   炊飯の履歴が米飯の化学成分に及ぼす影響

2007年度   Phylogenetic analysis of the yeast Trichosporonoides megachiliensis SN G-42 by sequencing the large subunit (26S) D1/D2 rDNA regions

2002年度   Establishment of a cell line derived from adult mouse tongue epithelium

2002年度   マウス舌上皮から樹立した上皮細胞株の性状解析

2002年度   Fibroblast and epidermal growth factors modulate proliferation and Neural Cell Adhesion Molecule expression in epithelial cells derived from the adult mouse tongue

2001年度   マウス舌上皮由来細胞株の樹立

2001年度   トランスジェニックゼブラフィッシュを用いるカルシウム応答の解析

2000年度   エリスロース還元酵素、その遺伝子、並びに該遺伝子を導入した細胞

2000年度   カルシウム応答性蛍光タンパク質cameleon遺伝子を導入したトランスジェニックゼブラフィッシュの作出

2000年度   Novel calcium binding proteins express at catfish taste epithelium

2000年度   Generation of transgenic zebrafish expressing fluorescent Ca2+indicator protein

2000年度   ナマズ髭味細胞とその周辺で発現するマーカーの探索

2000年度   ナマズ髭上皮で発現するカルシウム結合タンパク質

2000年度   味覚の情報処理機構

2014-2017年   [独立行政法人日本学術振興会 科学研究費助成事業]   飯の糖量に関わるアミラーゼインヒビターの炊飯動態とその作用解析

この記事は