奈良部孝

所属機関名 国立研究開発法人 農業・食品産業技術総合研究機構 北海道農業研究センター
肩書き グループ長
氏名 奈良部孝
連絡先(電話番号) 011-857-9490
所在都道府県名 北海道
見える化ID 000118
URL http://researchmap.jp/read0165427/
https://jglobal.jst.go.jp/public/20090422/200901099384341432
カテゴリ かんしょ トマト ばれいしょ 病害虫防除

研究情報

2014年度   ナス科対抗植物の短期間栽培によるジャガイモシストセンチュウ密度低減

2012年度   ハリナスビの短期間栽培によるジャガイモシストセンチュウ密度低減効果

2011年度   Decrease in Globodera rostochiensis (Woll.) (Nematode: Heteroderidae) population density on resistant tomato cultivars in greenhouse trials

2011年度   Total synthesis of solanoeclepin A

2008年度   トマト品種および近縁野生種におけるジャガイモシストセンチュウGlobodera rostochiensis (Woll.) 寄生程度の差異

2006年度   ジャガイモシロシストセンチュウと国内産のGlobodera属線虫とのPCR-RFLP法による識別

2005年度   ジャガイモシストセンチュウと近縁種を識別する遺伝子診断法

2005年度   冬期土壌凍結がキタネグサレセンチュウ密度に及ぼす影響

2003年度   サツマイモネコブセンチュウ防除に及ぼす市販線虫対抗植物の持続効果並びに対抗植物と線虫天敵細菌Pasteuria penetransとの組み合わせ効果の検討

2003年度   クローバ類の栽培および牛ふん施用によるダイズシストセンチュウ密度低減効果

2002年度   対抗植物と雑草が圃場のキタネグサレセンチュウ密度に及ぼす影響

2002年度   寄生性細菌Pasteuria penetransを用いたネコブセンチュウの防除

2002年度   対抗植物のネグサレセンチュウ抑制効果に及ぼす雑草および自活性線虫の影響

2001年度   アカクローバ栽培および牛ふん施用によるダイズシストセンチュウ密度低減効果

2001年度   北海道の畑輪作におけるマリーゴールドおよびエンバク野生種のネグサレセンチュウ抑制効果

2001年度   ネコブセンチュウレースの現状と課題-トマトをめぐって-

2001年度   本邦未記録ネコブセンチュウMeloidogyne microcephala の西南日本からの検出

2000年度   Plant parasitic nematode in a soybean field in Paraguay

2000年度   パスツーリア(Pasteuria penetrans)の生物学

2000年度   パラグアイのダイズ圃場及びその周辺耕地に発生するネコブセンチュウ

2000年度   十勝の畑作地帯における畑作物・野菜・緑肥栽培時のネグサレセンチュウ密度の変化

2015-2015年   [農林水産省 農林水産技術会議]   ジャガイモシロシストセンチュウの防除技術の開発

2009-2011年   [農林水産省 農林水産技術会議]   ふ化制御によるジャガイモシストセンチュウ防除システムの開発

この記事は