清水 恒

所属機関名 国立研究開発法人 農業・食品産業技術総合研究機構 食品研究部門
肩書き 交流チーム長
氏名 清水 恒
連絡先(電話番号) 029-838-7991
所在都道府県名 茨城県
見える化ID 001170
URL http://ci.nii.ac.jp/nrid/9000014341250
カテゴリ 機能性 水稲 大豆 ほうれんそう 良食味

研究情報

2012年度   ホウレンソウのカロテノイド組成と分析条件の検討

2012年度   ホウレンソウのORAC値への収穫後処理と茹で時間の影響

2012年度   Complementary Genes That Cause Black Ripening Hulls in F1 Plants of Crosses between Indica and Japonica Rice Cultivars

2011年度   抗ペプチド抗体を用いた小麦α-アミラーゼインヒビターの消化酵素分解物の分析

2011年度   平成22年産低アミロース短稈新品種ヒエのORAC値

2011年度   ヒエ、キビ、ハトムギの抗糖尿病作用

2010年度   平成20, 21年産の低アミロース短稈新品種ヒエの水溶性画分の抗酸化性

2008年度   在来栽培ヒエのアミロース含有率および粗タンパク質含有率の系統間変異

2005年度   2004年に東北地域で収集したリンゴジュースの安全性確認

2004年度   ダッタンソバスプラウトのフラボノイド組成

2004年度   複粒化種子を用いて播種した黒稗の出芽

2003年度   東北大豆の品質評価

2003年度   雑穀及びソバのGABA生成特性

2002年度   磆系巨大胚米からの胚芽の分離と利用

2002年度   精米中のグルテリン含量の簡易測定法

2002年度   近赤外分光分析による精米のグルテリン含量測定

2001年度   微少振動法による餅および団子生地の動的粘弾性の評価

2001年度   米飯の硬さにおける米胚乳細胞壁の寄与

2001年度   登熟期におけるイネ種子タンパク質の網羅的解析

2001年度   磆系巨大胚米から胚芽の分離と利用

2001年度   精米の冷凍保存による変化

2001年度   論文: 冷凍処理を行った精米の品質

2000年度   登熟期気温の違いが紫黒米の色素含量に及ぼす影響

2000年度   紫黒米の登熟期の平均気温と色素含量の関係

2000年度   同一圃場内における米の品質の変動

2000年度   イネのRI系統を用いた炊飯溶液のアミロース含量に関するQTL解析ならびに食味との関係の解析

2000年度   イネの密陽23号/アキヒカリRI系統群を用いた炊飯溶液中アミロース含量に関するQTL解析

2000年度   潤土直播栽培の播種密度が米の理化学特性に及ぼす影響

2000年度   紫黒米の簡易な色素特性の評価

2000年度   紫黒米のファインパウダー化による食品着色料への利用

2000年度   自然冷熱を利用した米貯蔵技術の開発  極地環境を利用した極低温貯蔵による米の品質変化

2000年度   米の品質評価と食味検定

2000年度   極地環境における米の貯蔵中の品質の変化について

この記事は