亀山 眞由美

所属機関名 国立研究開発法人 農業・食品産業技術総合研究機構 食品研究部門
肩書き 企画管理部長
氏名 亀山 眞由美
連絡先(電話番号) 029-838-7991
所在都道府県名 茨城県
見える化ID 001167
URL
カテゴリ 分析技術

研究情報

2014年度   豚肉に含まれるポリソルベート偽陽性成分の同定と除去

2014年度   A NMR-based, non-targeted multistep metabolic profiling revealed L-rhamnitol as a metabolite that characterised apples from different geographic origins

2014年度   A NMR-based, non-targeted multistep metabolic profiling revealed l-rhamnitol as a metabolite that characterised apples from different geographic origins

2013年度   Therapeutic effects of isoflavones on impaired salivary secretion.

2013年度   調理条件が味噌汁のフラン量に及ぼす影響

2012年度   Capsular polysaccharide of Erysipelothrix rhusiopathiae, the causative agent of swine erysipelas, and its modification with phosphorylcholine

2012年度   Effects of lipooligosaccharide inner core truncation on bile resistance and chick colonization by Campylobacter jejuni

2012年度   Enzymatically derived aldouronic acids from Cryptomeria japonica arabinoglucuronoxylan.(スギのアラビノグルクロノキシラン酵素分解物からのアルドウロン酸)

2011年度   タカサゴシロアリ由来ガン細胞増殖抑制物質の探索と同定

2011年度   Enzymatically derived aldouronic acids from Cryptomeria japonica arabinoglucuronoxylan.(スギのアラビノグルクロノキシラン酵素分解物からのアルドウロン酸)

2011年度   食用油の加熱によって生じる有害アルデヒド4-hydorxy-2E-nonenalおよびその類縁化合物4-hydoroxy-2E-hexenalの定量分析

2010年度   タラヨウの当年葉および古葉中のカフェ酸誘導体含量の季節変動

2010年度   タラヨウの当年葉および古葉中のカフェ酸誘導体含量の季節変動

2009年度   Structural characterization of an O-linked tetrasaccharide from Pseudomonas syringae pv. tabaci flagellin.(タバコ野火病菌のフラジェリンから単離したO-結合四糖の構造解析)

2009年度   Antibacterial discovery in actinomycetes strains with mutations in RNA polymerase or ribosomal protein S12

2009年度   Genetic analysis of genes involved in synthesis of modified 4-amino-4,6-dideoxyglucose in flagellin of Pseudomonas syringae pv. tabaci

2009年度   Defects in flagellin glycosylation affect the virulence of Pseudomonas syringae pv. tabaci 6605

2009年度   An overview on chlorophylls and quinones in the photosystem I-type reaction centers

2008年度   サイクロデキストリン合成酵素の作用によるδ-トコフェロールとサイクロデキストリンの複合体形成

2008年度   サイクロデキストリン合成酵素の作用によるδ-トコフェロールとサイクロデキストリンの複合体形成

2008年度   Pseudomonas syringaeのフェラジェリン糖鎖修飾構造とその合成に関わる遺伝子の機能解析

2007年度   α-リポ酸の製造工程で生成する重合物の安全性と構造解析

2007年度   LC/MS/MSによるアフラトキシンとベンゾ[a]ピレンの同時分析

2007年度   サイクロデキストリン合成酵素の作用によるδ-トコフェロールとサイクロデキストリンの複合体形成

2006年度   ラット白血病細胞RBL-2H3に対するイネポリフェノールの脱顆粒阻害作用

2006年度   Identification of the Mung Bean Arabinofuranosyltranaferase That Transfers Arabinofurannosyl Residues onto (1,5)-Linked α-L-arabino-oligosaccharides.(アラビノフラノース残基を(1,5)-結合したα-L-アラビノオリゴ糖に転移するマングマメアラビノフラノース転移酵素の同定)

2005年度   A β-(1→3)-arabinopyranosyltransferase that transgers a single arabinopyranose onto arabino-oligosaccharides in mung bean(Vigna radiate) hypocotyls (マングマメ下胚軸中に存在するアラビノオリゴ糖に1つのアラビノピラノースを転移する β-(1→3)アラビノピラノース転移酵素について)

2005年度   Enzymic transfer of α-L-arabinopyranosyl residues to exogenous 1,4-linked β-D-galacto-oligosaccharides using solubilized mung bean (Vigna radiata) hypocotyl microsomes and UDP-β-L-arabinopyranose (マングマメ下胚軸ミクロゾームとUDP-β-Lーアラビノピラノースを用いたアラビノピラノース残基のガラクトオリゴ糖への

2004年度   Identification of elongating β-1,4-galactosyltransferase activity in mung bean(Vigna radiate) hypocotryls using 2-aminobenzaminated 1,4-linked-D-galactooligosaccharides as acceptor substrates. (2-

2003年度   鹿児島県特産カンキツの炎症メディエーター産生抑制機能

2003年度   鹿児島県特産カンキツの炎症メディエーター産生抑制機能

2002年度   日本で市販されている加工食品中のアクリルアミドの分析

2002年度   タマネギ摂取後のヒト血漿中に存在するケルセチン代謝物の同定

2002年度   日本の市販加工食品中のアクリルアミド分析

2002年度   Analysis of acrylamide by LC-MS/MS and GC-MS in processed Japanese foods.

2002年度   蛍光X線分析顕微鏡を用いたチャの無機元素分析

2002年度   Detection of complementary hydrogen bond coplexes in water by ESI-FT-ICR MS

2002年度   Oligonucleotide-Templated Self-Assembly of Nucleotide Bolaamphiphiles: DNA-Like Nanofibers Edged by a Double-Helical Arrangement of A-T Base Pairs

2002年度   ホウ酸-マンニトール-ランタノイド複合体のESI-MSによる構造解析

2002年度   日本で市販されている加工食品中のアクリルアミドの分析

2002年度   Contents of Acrylamide in Food Sold in Japan

2001年度   新規ナリンゲニン誘導体及びその用途

2001年度   殺虫性組成物

2001年度   Antimutagenic Activity against Trp-P-1 of the Edible Thai Plant,Oroxylum indicum Vent

2001年度   Structural analysis of a novel antimutagenic compound, 4-hydroxypanduration A, and the antimutagenic activity of flavonoids in a Thai spice, fingerroot against mutagenic heterocyclic amines.

2001年度   金時草(スイゼンジナ)の色素分析と培養細胞を用いた機能性評価

2001年度   コラーゲンおよびアミノ酸を用いた糖化タンパク質複合体の架橋構造と生成機能

2001年度   ホウ酸-マンニトール-ランタノイド複合体のESI-MSによる構造解析

2001年度   ESI-FTMSによるヌクレオチド-双頭型ヌクレオチド脂質の複合体分析

2001年度   Arthrobacter sp. RC100由来のカーバメイト系殺虫剤分解酵素遺伝子の解析

2001年度   オリゴヌクレオチドと双頭型ヌクレオチド脂質のヘテロ集合挙動

2001年度   新規カルコン誘導体

2000年度   Extraction and Identification of Antioxidants in the Roots of Yacon

2000年度   Fractionation of apple procyanidins by size-exclusion chromatography

2000年度   Binding of barley and wheat α-thionins to polysaccharides

2000年度   タイ産ハーブ Polygonum odoratum Lour. の抗変異原性。

2000年度   Extraction and identification of Antioxidants in the Roots of Yacon

2000年度   トリカフェオイルアルダル酸、その製造法及びその用途

2000年度   ヒドロキシメチルフルフラール誘導体及びその用途

2000年度   ヤーコン中の抗酸化成分

2000年度   Binding of α-hordothionin with chitin and β-glucan

2000年度   Fractionation of apple procyanidins by size-exclusion chromatography.

2000年度   黒酢中に含まれる血流改善成分の精製及び構造解析

2000年度   Mumefral, citric acid derivative improving blood fluidity from fruit-juice concentrate of japanese apricot (Prunus mume Sieb. et Zucc)

2000年度   梅肉エキス中の血流改善成分

2000年度   Characterization of β-primeverosidase, being concerned with alcoholic aroma formation in tea leaves to be processed into black tea, and preliminary observations on its substrate specificity

2000年度   海藻中のホウ素の存在形態

2000年度   Identification of the forms of boron in seaweed by 11B NMR

2000年度   Extraction and identification of antioxidants in the roots of yacon (Smallanthus sonchifolius)

2000年度   Two Novel Diterpenoids, Erinacines H and I from the mycelia of Hericium erinaceum

2000年度   A lectin from an edible mushroom Pleurotus ostreatus as a food intake-suppressing substance

2018年度   刺激性AGEs評価法は加齢性疾患の危険因子検出に有効である

2017年度   輸出促進のための輸出対象国における国産農産物の嗜好性データベースの活用

2014年度   乳酸菌のキシラン及びムチンへの付着

2013年度   カンピロバクターの細胞表面糖脂質の糖鎖欠損により鶏腸管内定着性が低下する

2013年度   新規硝化抑制剤としての脂肪酸および脂肪酸メチルエステルの同定

2011年度   ウシ核移植産子に検出された肝臓ミトコンドリア蛋白質発現量の差異

2011年度   加熱した食用油に生じる有害アルデヒド4-hydroxy-2E-nonenalおよび類縁化合物4-hydroxy-2E-hexenalの定量分析法

2010年度   放牧仕上げ肥育において、プロテオーム解析から筋肉の遅筋化が認められる

2009年度   発芽小麦種子プロテアーゼによる小麦グリアジン・グルテニンのエピトープ分解

2009年度   熱帯牧草Brachiaria humidicolaの根から分泌する生物的硝化抑制物質ブラキアラクトンの同定

2008年度   核酸塩基配列を認識してナノファイバーを形成するDNA-合成脂質集合体

2008年度   中国伝統のおから発酵食品から分離された枯草菌はα-グルコシダーゼ阻害活性を有する

2007年度   DNAと合成脂質分子から形成される繊維構造

2006年度   イネ若葉に含まれる機能性フラボノイド成分

2006年度   アブラナ科野菜の塩蔵工程におけるグルコシノレート類の挙動

2002年度   タイ土着食用植物の抗変異原性と活性成分〔研究〕

2002年度   鹿児島県特産カンキツの腫瘍壊死因子の産生抑制機能

2001年度   黒大豆・茶大豆に含まれる機能性物質プロアントシアニジン

2001年度   黒大豆・茶大豆に含まれる機能性物質プロアントシアニジン

2001年度   ツルアズキ種子に含まれる新規殺虫性化合物

2000年度   16.磁気共鳴イメージング法によるイネ頴果の登熟過程における水分分布の観察

2000年度   大麦の加熱褐変に関与するポリフェノール成分

1997年度   薄層クロマトグラフィーの蛍光X線による多元素同時検出

1996年度   シュンギクの抗酸化性を示す新規キナ酸誘導体の解析

2012-2014年   [独立行政法人日本学術振興会 科学研究費助成事業]   再生可能資源からなる新規環状配位錯体

この記事は