遠藤 和子

所属機関名 国立研究開発法人 農業・食品産業技術総合研究機構 農村工学研究部門
肩書き 上級研究員
氏名 遠藤 和子
連絡先(電話番号) 029-838-7504
所在都道府県名 茨城県
見える化ID 001163
URL
カテゴリ

研究情報

2014年度   農業用水の多面的機能保全による農村文化の向上と地域振興

2011年度   農村のソーシャルキャピタルの把握-直接支払制度を契機とする集落の活性化に注目して-

2009年度   限界集落化が危惧される地域の振興支援方策-群馬県南牧村における振興支援型研究-

2007年度   マイクロシミュレーションによる農地利用予測

2007年度   傾斜地水田地帯の農地利用予測と将来展望-新潟県上越市牧区を事例に-

2006年度   デルファイ法による農村資源管理の将来予測

2006年度   経営主交代を考慮した農地利用予測手法-新潟県頚城丘陵地域を事例として-

2006年度   デルファイ法により予測した農村資源の将来像

2006年度   都市と農村をむすぶワークショップ・プログラム

2005年度   水田転作政策に対する農家行動予測

2005年度   農家意向調査に基づく農地利用予測方法の検討―日本ナシ栽培農家を対象に―

2004年度   中山間地域における農家あとつぎ世帯員の農業従事に関する行動基準の解明

2004年度   潜在的利用世帯の意向に配慮した市民農園の整備支援

2004年度   棚田を対象とする農地利用予測シミュレーション-土地利用計画策定のために-

2003年度   社会資本ストックの地域経済成長に対する効果

2003年度   仮想評価法(CVM)による耕種農家の堆肥需要量の予測手法

2003年度   日本ナシ栽培農家の栽培面積変動に関する農家行動分析

2003年度   日本ナシ栽培農家の栽培面積変動に関する農家行動分析

2001年度   ミクロデータを用いた農業投下日数推定モデルの検討

2000年度   土地分級による保全すべき農地把握のための分級基準の検討-中山間地域を対象として-

2000年度   中山間地域における保全すべき農地判別のための自主的土地利用区分手法の開発

2018年度   ジビエを活用した農村振興の取り組みの類型化

2017年度   農地利用再編に向けた地域の取組みを促すためのワークショップの活用

2017年度   農業農村整備・小水力発電事業の経済・環境評価のためのWEBアプリケーション

2016年度   小規模土地改良区でも導入できる水利施設管理台帳システム

2015年度   子どもの学びを通し農業水利施設の保全管理活動への関与を高める方法

2013年度   そば・麦の導入による耕作放棄地の再生利用実施計画の作成手順

2012年度   高機能型農地整備技術の導入効果と課題

2011年度   集落を越える農村協働力による資源保全活動の促進

2011年度   中山間地域におけるオオムギ生産による耕作放棄地の発生抑制・再生条件

2010年度   水田冬期湛水の環境保全コストと持続性

2010年度   中山間地域における他出子弟の実家支援意向

2009年度   臨時労働力に着目した他出子弟等の農作業手伝いの動向

2009年度   地域づくりコーディネータ育成のための研修プログラム

2009年度   高齢化率日本一・南牧村の振興支援活動における導入期支援

2009年度   ソーシャルキャピタルの把握と制度導入を契機とする集落活性化との関係

2008年度   集落連携による棚田再生計画作成のためのワークショップ

2008年度   他世帯の意向を踏まえた農村地域資源の維持・管理活動への参加予測

2006年度   デルファイ法により予測した農村資源の将来像

2006年度   都市と農村をむすぶワークショップ・プログラム

2005年度   周遊性を考慮した農村レクリエーション振興施策の評価

2004年度   農村観光周遊行動を規定する要因の抽出

2003年度   3.社会資本ストックの地域経済成長に対する効果

2003年度   5.棚田を対象とする農地利用の予測方法

2003年度   6.仮想評価法(CVM)による耕種農家の堆肥需要量の予測手法

2003年度   7.選択実験を利用した都市農村交流施設の事前評価法

2002年度   7.農道整備事業によるアクセス改善がもたらす生活利便性向上効果の評価法

2001年度   個別農家データによる水田賃貸借市場の分析手法

2006-2008年   [独立行政法人日本学術振興会 科学研究費助成事業]   多様な利用形態を想定した土地利用計画策定のための農地利用シミュレーションの開発

2002-2005年   [独立行政法人日本学術振興会 科学研究費助成事業]   農地資源の持続的保全のための低コストな維持管理手法の開発

2002-2004年   [独立行政法人日本学術振興会 科学研究費助成事業]   GISとマイクロ・シミュレーションの統合による土地利用区分手法に関する研究

この記事は