福本 昌人

所属機関名 国立研究開発法人 農業・食品産業技術総合研究機構 農村工学研究部門
肩書き ユニット長
氏名 福本 昌人
連絡先(電話番号) 029-838-7677
所在都道府県名 茨城県
見える化ID 001134
URL http://www.naro.affrc.go.jp/nire/introduction/chart/0305/index.html
カテゴリ

研究情報

2014年度   水ポテンシャルセンサーMPS-2の測定値の評価と補正

2014年度   多時期の衛星データと水田区画データを用いた荒廃農地調査の踏査対象田のスクリーニング手法

2013年度   広島県椋梨川流域における谷池型ため池群の洪水緩和効果

2013年度   高解像度衛星画像の目視判読による水稲の作付け判別-茨城県稲敷市を事例として-

2013年度   広島県椋梨川流域における谷池型ため池群の洪水緩和効果

2012年度   直径45cmの円筒を用いたシリンダーインテークレート試験による転換畑の排水性評価

2012年度   高解像度衛星データを用いた水田の土地被覆の判別手法

2011年度   ALOS衛星AVNIR-2データと水田区画データを用いた水稲作付け判別

2010年度   椋梨川流域におけるため池群の洪水軽減効果

2009年度   2004年の台風23号による香川県内のため池の決壊の実態

2009年度   植被が疎な小麦圃場における土壌表面の乾湿と気温が蒸散量に与える影響

2008年度   LAWEPSによる台風時のパイプハウス地点の風速推定

2008年度   マイクロ波の後方散乱係数と積雪水量との関係

2007年度   数値標高モデルを用いた傾斜地カンキツ園の斜面崩壊危険度の評価

2007年度   農業農村に関わるGISの先進的な取組事例

2006年度   2004年の台風23号による香川県内のため池の決壊の実態

2005年度   傾斜地カンキツ園におけるマルチシートを利用した簡易排水路とその設計法

2004年度   黒ボク土畝立て圃場の土壌侵食に対するキャベツ栽培の影響

2004年度   畑地の農地保全管理による土壌流亡抑制効果-茨城県を対象とした評価事例-

2003年度   衛星データを用いた水田水入れ時期の広域推定手法

2003年度   IKONOS衛星データを用いた水田利用タイプの判別精度

2003年度   衛星データを用いた水田水入れ時期のモニタリング-尾張西部地区を事例として-

2002年度   デジタル航空センサーによるデジタルオルソ画像と標高データの位置精度

2002年度   GISによる任意領域の耕地面積の推計手法

2002年度   キャベツ栽培条件下の野外試験区からの土砂流出特性

2002年度   国土数値情報と統計データの統合利用による任意領域の耕地面積の推計手法

2000年度   テラス型圃場整備計画のための区画規模・配置決定手法

2000年度   インターネットを活用した流域土地資源情報の配信システム

2000年度   パーラにおける環境調節技術の開発

2000年度   パドックの泥ねい化防止技術の開発

2000年度   Report on Water Requirement of Irrigation Paddy Fields

2000年度   地中熱流量と水体・森林貯熱量

2000年度   A Simple Method for Evaluating the Soil Moisture Availability

2000年度   入手が容易な気象データからの地温、蒸発量の推定方法

2000年度   農地の熱・水交換係数の簡易パラメータ化手法

2000年度   Explanation on Meteorological Observation System at MRCS

2000年度   新刊紹介 豊かな土づくりをめざして-環境土壌学-

2000年度   中山間地域の農地管理を目的とした粗放的営農の実態

2000年度   急傾斜農地保全のための付帯施設整備の現状とその効果

2000年度   急傾斜農地における農道整備が農地利用におよぼした影響

2000年度   利根川流域における保水・貯水容量の評価

2000年度   畑地帯における土壌侵食量の広域推定

2000年度   作物の影響を考慮した畝部の土壌侵食強度特性

2000年度   急傾斜農地における農道整備が農地利用におよぼした影響

2000年度   中山間地域の農地管理を目的とした粗放的営農の実態

2000年度   急傾斜農地保全のための付帯施設整備の現状とその効果

2000年度   A Simple Method For Evaluating the Soil Moisture Availability

2000年度   国土数値情報等と農業センサスを用いた茶園の立地・生産状況の解析

2000年度   蒸発効率の簡易パラメータ化手法の開発

2000年度   入手が容易な気象データからの地温,蒸発量の推定法

2000年度   A New approach to estimate the evaporation efficiency

2018年度   農地利用状況の現地踏査に有用なモバイルGISアプリ「iVIMS γ(ガンマ)」

2018年度   Googleマイマップを用いた水利施設GIS構築手法マニュアル

2017年度   モバイルGISアプリを用いて荒廃農地を効率的に把握

2016年度   小型UAV空撮・三次元形状復元技術を用いた農地の現況地形の把握手法

2016年度   霞ヶ浦の水質保全対策に資する霞ヶ浦流域のハス田のGISデータ

2015年度   土砂災害に対する我がこと防災意識醸成による地域防災力の維持・向上

2015年度   Google Earthを用いた荒廃農地の効果的な可視化

2015年度   多様な主体による傾斜地水田の保全・管理のための農地類型化手法

2014年度   衛星データと水田区画データを用いた荒廃農地調査の踏査対象田の選別手法

2013年度   地域防災のためのスマートフォンを活用した雨量観測・閲覧システム

2013年度   谷池型ため池群による下流河川の洪水抑止

2012年度   住民の経験知・生活知を活かした住民災害リスク認識醸成手法

2012年度   円筒を用いた転換畑の排水性の評価手法

2012年度   高解像度衛星データを用いた水田の土地被覆の判別手法

2011年度   ALOS衛星AVNIR-2データと水田区画データを用いた水稲作付け判別手法

2010年度   まさ土地帯の棚田における土壌流出の実態

2009年度   航空撮影オルソ画像を用いた耕作放棄田の調査手法

2008年度   高品質なウンシュウミカンを連年安定生産するための土壌と樹体の一体管理技術体系

2007年度   シートマルチ栽培を行う傾斜地カンキツ園における小規模排水路設置技術

2007年度   パイプハウス地点における台風時の最大風速の推定法

2007年度   数値標高モデルDEMを用いた傾斜地カンキツ園の斜面崩壊危険度の評価手法

2005年度   傾斜地カンキツ園におけるマルチシートを利用した簡易排水路とその設計法

2005年度   傾斜地カンキツ園におけるマルチシートを利用した簡易排水路とその設計法

2005年度   2004年の台風23号による香川県内のため池決壊の実態

2005年度   傾斜地カンキツ園におけるマルチシートを利用した簡易排水路とその設計法

2005年度   傾斜地カンキツ園におけるマルチシートを利用した簡易排水路とその設計法

2003年度   23.衛星データを用いた水田水入れ時期の広域推定手法

2002年度   8.高密度標高データを用いた水田区画界の自動認識手法

2002年度   17.GISと農業センサスを用いた茶園の傾斜度と生産性の関係の推計手法

2002年度   18.国土数値情報と統計データの統合利用による任意領域の耕地面積の推計手法

2002年度   19.IKONOS衛星データを用いた水田利用タイプの判別手法

2000年度   GISによる圃場形状を反映したUSLE地形係数の算定法

2000年度   集落を単位とした土地資源情報データーベースの構築方

1999年度   作物の影響を考慮した畝部の土壌侵食強度特性

1999年度   インターネットを活用した流域土地資源情報の配信システム

1999年度   テラス型圃場整備計画のための区画規模・配置決定手法

この記事は