岩田 幸良

所属機関名 国立研究開発法人 農業・食品産業技術総合研究機構 農村工学研究部門
肩書き 上級研究員
氏名 岩田 幸良
連絡先(電話番号) 029-838-7677
所在都道府県名 茨城県
見える化ID 001121
URL http://www.naro.affrc.go.jp/nire/introduction/chart/
カテゴリ その他の作物

研究情報

2014年度   Evaluation of updated physical snowpack model SMAP

2014年度   Effects of saturated hydraulic conductivity on volunteer potato (Solanum tuberosum L.) tuber survival

2013年度   バイオ炭混入による砂質土壌の物理性の変化―保水性・透水性・肥料成分の移動への影響について―

2013年度   Effective killing of volunteer potato (Solanum tuberosum L.) tubers by soil frost control using agrometeorological information: an adaptive countermeasure to climate change in a cold region.

2013年度   Water and nitrate movements in an agricultural field with different soil frost depths: field experiments and numerical simulation

2013年度   凍結形態の異なる土壌への融雪水の浸入

2012年度   北海道の気候条件から見た土壌凍結深制御による野良イモ防除の作業日程

2012年度   Influences of winter climatic conditions on the relation between annual mean soiland air temperatures from central to northern Japan

2012年度   土壌凍結深の制御による野良イモ対策技術

2012年度   Decreasing soil frost depth and its influence on the soil water and nitrate movements in Tokachi, Hokkaido, Japan

2012年度   北海道の気候条件から見た土壌凍結深制御による野良イモ防除の作業日程

2012年度   Influences on CO2 flux by snow-cover, soil-frost and other meteorological elements over agricultural land

2012年度   Influences of winter climatic conditions on the relation between annual mean soil and air temperatures from central to northern Japan

2012年度   土壌凍結深制御による野良イモ防除における前処理作業の効果(第2報)

2012年度   土壌凍結深制御による野良イモ対策

2011年度   土壌凍結深や地温が融雪期における融雪水の深層への浸透に与える影響.

2011年度   Accumulation of nitrous oxide and depletion of oxygen in seasonally frozen soils in northern Japan - Snow cover manipulation experiments

2011年度   Comparison of soil frost and thaw depths measured using frost tubes and other methods

2011年度   Experimental study on sample size for laboratory calibration tests of commercial dielectric soil water sensors

2011年度   Influence of rain, air temperature, and snow cover on subsequent spring-snowmelt infiltration into the thin frozen soil layer in northern Japan.

2011年度   Influences of snow cover and soil-frost on ground surface flux and soil gas concentration of CO2 in an agricultural land in northern Japan

2011年度   Soil frost control: agricultural adaptation to climate variability in a cold region of Japan

2010年度   Decreasing soil-frost depth and its influence on the snowmelt infiltration in Tokachi, Hokkaido, Japan

2010年度   Effects of frozen soil and snow cover on cold-season soil water dynamics in Tokachi, Japan

2010年度   Effects of snow cover on soil freezing, water movement, and snowmelt infiltration: A paired plot experiment

2010年度   「北海道芽室町の畑地における温暖化時の最大土壌凍結深予測」

2010年度   凍結・湛水条件でも実施可能な土壌ガスのモニタリング方法

2008年度   Application of the extended force-restore model to estimate soil- frost depth in the Tokachi region of Hokkaido, Japan

2008年度   Seasonal and annual water balance of agricultural land in Tokachi, Hokkaido, Japan

2008年度   Comparison of solid precipitation data by using 4 method in Tokachi plain.

2007年度   衛星リモートセンシングによる小麦の倒伏判別-登熟期における倒伏判別指数の提案-

2007年度   Comparison of snowmelt infiltration under different soil-freezing conditions influenced by snow cover

2006年度   Decreasing Soil-Frost Depth and Its Relation to Climate Chgange in Tokachi, Hokkaido, Japan

2006年度   十勝地方の土壌凍結深の顕著な減少および気候変動との関連

2006年度   十勝地方での降雪量観測

2006年度   3種類の降水量計による冬季比較観測

2006年度   Extended Force-Restore Modelで構築された土壌凍結深推定モデルの十勝地方火山灰土における検証

2005年度   Monitoring over-winter soil water dynamics in a freezing and snow covered environment using a thermally insulated tensiometer.

2005年度   Snowmelt energy balance and its relation to foehn events in Tokachi, Japan

2004年度   灌水量を減少させたときの畑作物収量の評価-雨よけ施設による実証試験-

2004年度   凍土層下の非凍結土壌のマトリックポテンシャルを計測するためのテンシオメータ

2004年度   十勝平野における12月の積雪期間の推定と分布

2002年度   積雪・土壌凍結地帯における耕地気象の評価に関する研究

2002年度   積雪・凍土地帯条件下の農地における熱と水の動態に関する研究

2002年度   北海道土層凍結地帯の畑圃場における土壌水分移動の把握

2002年度   孔隙構造が発達した土壌における排水性粗孔隙の異方性とその評価手法

2002年度   積雪・土壌凍結地帯向けの気象・水文自動観測システムの構築

2002年度   冬期間に土壌が凍結する地帯の土壌凍結状態と水移動のモニタリング

2002年度   凍った土壌を水は流れるのか

2002年度   衛星リモートセンシングによる小麦生育の早晩と収穫実態

2001年度   小麦収穫順位推定における衛星情報の利用

2000年度   気象庁AmeDASデータCD-ROM活用コンポーネント(プログラム部品)

2000年度   アメダスデータをメッシュ化するコンポーネントの開発とその利用-アメダスデータCD利用コンポーネントの作成2

2000年度   時系列データを利用した水稲稔実歩合の推定手法

2000年度   農業センサス情報と衛星画像情報を利用した北海道における水田の推移解析

2000年度   関東ローム下層土における粗孔隙の透水,通気および排水機能

2000年度   土壌の透過・排水特性の異方性に関する一考察

2000年度   第5回北日本ベントス談話会

2018年度   土壌等の多孔質体中の溶液の電気伝導度を連続かつ容易に推定する方法

2018年度   圧雪による凍土の発達は融雪水の表面流出を促し硝酸態窒素の溶脱を抑制する

2017年度   設置方法の違いを考慮した土壌水分センサーの校正式を求めるための室内試験

2017年度   畑地基盤の水管理への土壌水分動態解析の活用

2017年度   野良イモ防除と環境負荷低減を両立する最適な土壌凍結深

2016年度   黒ボク土畑への木炭施用による土壌炭素貯留効果

2015年度   バイオ炭の理化学的特徴を考慮した畑地基盤の改良技術

2014年度   農地基盤中の塩分濃度をリアルタイムで監視する簡易技術

2014年度   硝酸態窒素溶脱の遅延効果をもつ土壌改良資材として適したバイオ炭の選出

2014年度   圃場の排水不良は暖候期に野良イモの生存率を低下させる

2013年度   立ち上げ管取り付けによる暗渠排水量と硝酸態窒素濃度の減少

2013年度   畑地灌漑用水量計画へのキャパシタンス土壌水分センサーの適用

2012年度   土壌凍結の発達程度が冬期の硝酸態窒素の移動に与える影響

2012年度   土壌凍結深の制御による野良イモ対策技術

2011年度   大規模農地でも適用可能な土壌凍結深制御手法

2010年度   土壌凍結地帯に適用できる融雪水の浸透量を評価するための方法

2010年度   凍結・湛水条件でも実施可能な土壌ガスのモニタリング方法

2009年度   土壌凍結層の有無による冬期(厳寒期)の土壌水分移動様式の違い

2008年度   極低温条件でも降水の量と継続時間を正確に長期間保守なしで実測できる測器の検証

2007年度   近年浅くなった十勝の土壌凍結層は融雪水が浸透する

2006年度   十勝地方の土壌凍結深の顕著な減少および気候変動との関連

2004年度   遊休農地化を防ぐための休閑期間の管理法と輪作体系

2004年度   凍土層下の非凍結土壌のマトリックポテンシャルを計測するためのテンシオメータ

2004年度   凍土層下の非凍結土壌のマトリックポテンシャルを計測するためのテンシオメータ

2004年度   遊休農地化を防ぐための休閑期間の管理法と輪作体系

2004年度   衛星リモートセンシングによる効率的小麦収穫作業システム

2002年度   正確、簡便で汎用性のある新しい地温の計算方法

2001年度   Webアプリケーションによる水稲乾田直播栽培適地の判定支援

2001年度   圃場情報画像表示システム

2000年度   リアルタイムAMeDASデータをCD-ROMフォーマットに自動変換するソフト

2000年度   任意地点の気象データを提供するActiveXコンポーネント

2000年度   寒地の乾田直播栽培適地判定のための支援マップ

2015-2017年   [独立行政法人日本学術振興会 科学研究費助成事業]   土壌の熱的物理特性を考慮した地中熱ヒートポンプの採・放熱効率の向上

2013-2015年   [独立行政法人日本学術振興会 科学研究費助成事業]   厳寒地冬季の気象条件における農業気象情報システムの構築と精緻化

2011-2015年   [独立行政法人日本学術振興会 科学研究費助成事業]   北極域における積雪汚染及び雪氷微生物が急激な温暖化に及ぼす影響評価に関する研究

2011-2013年   [独立行政法人日本学術振興会 科学研究費助成事業]   土壌微生物の均等度評価手法の開発

2008-2010年   [環境省 環境研究総合推進費]   気候変動に対する寒地農業環境の脆弱性評価と積雪・土壌凍結制御による適応策の開発

この記事は