原口 暢朗

所属機関名 国立研究開発法人 農業・食品産業技術総合研究機構 農村工学研究部門
肩書き 領域長
氏名 原口 暢朗
連絡先(電話番号) 029-838-7677
所在都道府県名 茨城県
見える化ID 001118
URL http://www.naro.affrc.go.jp/nire/introduction/chart/0301/index.html
カテゴリ 水田 水稲 大豆 水管理 輪作

研究情報

2015年度   大区画圃場におけるRTK-GPS測位を用いた圃場管理技術の実証

2014年度   水田輪作の新しいフレームワークと土壌学・植物栄養学の展開方向_x000D_ 5.田畑輪換を可能とする水田の基盤と排水管理

2014年度   水田輸作の生産性向上に役立つ地下水位制御システムの活用指針

2014年度   放射性物質汚染農地の効率的な表土剥ぎ取り工法の開発

2013年度   放射性物質に汚染された農地における冬期の除染工法

2013年度   塩分を含んだ噴砂が水稲生育へ与えた影響とその発生要因

2013年度   食糧自給率向上に資する地下水位制御システム及びGPSレベラーの普及

2012年度   飼料用イネの生育初期における耐塩性の品種比較

2012年度   農地の物理的除染対策技術の開発

2012年度   放射性物質に汚染された農地における土壌固化剤を用いた表土剥ぎ取り技術の開発

2012年度   宮城県を中心とした東日本大震災による水田の津波被害状況と今後の課題について

2011年度   平成23年(2011年)東北地方太平洋沖地震による水田面の起伏(不陸)、亀裂、液状化に関する復旧対策技術

2011年度   平成23年(2011年)東北地方太平洋沖地震による津波被災農地の堆積物・土壌の理化学的特徴

2011年度   平成23年(2011年)東北地方太平洋沖地震による利根川沿いにおける液状化を起因とする塩害が営農にもたらした影響

2010年度   高生産性農地の段階的整備を実現する低コスト排水改良技術

2010年度   高生産性農地の段階的整備を実現する低コスト排水改良技術

2010年度   地球温暖化緩和策となる農地整備による炭素の長期貯留技術

2010年度   有機物を下層埋設する土層改良「カッティングソイラ工法」の効果と炭素貯留能

2009年度   草生帯およびソバ栽培導入による営農的赤土流出防止対策

2009年度   窒素付加堆肥の窒素肥効率と野菜栽培への利用

2009年度   古典を読む、Geostatisticsを先取りした土壌科学者-Richard Webster による土壌の理化学性のばらつきに関する三つの論文-

2008年度   赤土流出防止のための沈砂池の排水と堆積土自然乾燥技術

2008年度   ウンシュウミカン樹における枝体積含水率の年間変動と水分環境および水管理

2008年度   砂カラムを用いた牛糞堆肥からの初期の水溶性成分溶出パターンの測定法

2007年度   草生帯およびソバ栽培導入による営農的赤土流出防止対策

2006年度   流域貯留量から見た利水ダム流域の特性に関するデータ分析

2005年度   ある棚田小流域における2004年台風16号による降雨の流出過程に関する研究

2005年度   Visualization of soil water pathways in an Andisol under two field conditions(2つの圃場条件下にある黒ボク土中の水移動経路の視覚化)

2004年度   草生帯周辺部における表面流出水の流況特性

2004年度   TDR法を用いた土壌水分・EC測定の火山性土への適用

2000年度   土壌間隙構造モデルに基づく土壌水分と乾燥密度の不均一性に関する確率論的考察

2000年度   適切なほ場設計のための土質調査の考え方

2000年度   土壌水分特性曲線に基づく水田の耕盤層における土壌物理性の実測分布のサンプル断面積依存性に関する考察

2000年度   水田の耕盤層における土壌物理性の測定値を用いた間隙構造モデルの妥当性の検討

2000年度   土のコロイド現象とその応用(その20) -最終講-

2000年度   論文を語る・土壌間隙構造モデルに基づく土壌水分と乾燥密度の不均一性に関する理論的考察

2000年度   土のコロイド現象の基礎と応用(その17)-吸着現象の物理的基礎-

2000年度   土のコロイド現象の基礎と応用(その18)-吸着理論の発展-

2000年度   吸着現象の物理的基礎

2000年度   吸着理論の発展

2000年度   吸着理論の発展

2015年度   地下水位制御システムが地下かんがい機能を発揮するための下層土の透水条件

2014年度   水田輪作の生産性向上に役立つ地下水位制御システムの活用指針

2013年度   地下水位制御システム導入地区における水田用水量

2013年度   放射性物質に汚染された農地における冬期の除染工法

2012年度   地球温暖化緩和策となる有機質暗渠疎水材による炭素貯留技術の評価

2011年度   放射性物質に汚染された農地土壌の効率的な除染工法

2011年度   農地の排水性を改良する低コストな補助暗渠工法

2010年度   牛ふん堆肥ペレットを施用した黒ボク土中の主要な無機成分の動態

2010年度   有機質資材を活用して生産性向上に寄与する低コスト土層改良工法

2010年度   地下水位制御システムFOEASによる転作大豆の地下かんがい用水量

2009年度   土層改良で農地下層土に埋設するバーク堆肥の炭素量の長期変動と評価法

2009年度   窒素付加堆肥の窒素肥効率と野菜栽培への利用

2009年度   低平地重粘土地帯の野菜栽培において水環境に配慮した施肥を行うための窒素流出予測モデル

2007年度   草生帯の赤土流出軽減効果評価のための土砂輸送モデル

2004年度   国頭マージ畑における草生帯の赤土流出軽減特性

2004年度   ダム上流域の降雨-流出現象を考慮した水資源貯留量指標とその算定例

2002年度   17.GISと農業センサスを用いた茶園の傾斜度と生産性の関係の推計手法

2002年度   18.国土数値情報と統計データの統合利用による任意領域の耕地面積の推計手法

2002年度   19.IKONOS衛星データを用いた水田利用タイプの判別手法

2001年度   懸濁液・粒子層の電導度の決定法

2000年度   膨潤性及び非膨潤性粘土の乾燥土塊の水浸崩壊機構

1997年度   土壌物理性の不均一度のスケール依存性評価のための間隙構造モデル

2006-2009年   [独立行政法人日本学術振興会 科学研究費助成事業]   気候別アジア地域水田の温室効果ガス発生・吸収機構の解明と発生削減管理法の開発

2005-2007年   [独立行政法人日本学術振興会 科学研究費助成事業]   沖縄地方における遊休農地の植生が持つ微細土砂捕捉機能の評価手法に関する研究

この記事は