秦 英司

所属機関名 国立研究開発法人 農業・食品産業技術総合研究機構 動物衛生研究部門
肩書き 上級研究員
氏名 秦 英司
連絡先(電話番号) 029-838-7708
所在都道府県名 北海道
見える化ID 001092
URL http://www.naro.affrc.go.jp/niah-neo/index.html
カテゴリ

研究情報

2014年度   Complete Genome Sequence of Mycoplasma californicum Strain HAZ160_1 from Bovine Mastitic Milk in Japan.

2014年度   Complete Genome Sequence of Mycoplasma canadense Strain HAZ 360_1 from Bovine Mastitic Milk in Japan.

2014年度   Molecular Epidemiology of Cases of Mycoplasma californicum Infection in Japan.

2014年度   乳腺組織に効果的な免疫応答を誘導するためのワクチネーションとは

2014年度   分子生物学的種属判別法を用いた我国の乳房炎原因酵母の実態調査

2014年度   Eosinophilic granuloma with Splendore-Hoeppli material caused by toxigenic Corynebacterium ulcerans in a heifer

2014年度   牛のマイコプラズマ感染症について

2013年度   黄色ブドウ球菌および大腸菌性乳房炎の発症と乳中感染菌量の関連性

2013年度   黄色ブドウ球菌および大腸菌性乳房炎の発症と乳中感染菌量の関連性

2012年度   Molecular typing of Salmonella enterica serotype Typhimurium and serotype 4, 5, 12, i:- isolates from cattle by multiple-locus variable-number tandem-repeats analysis.

2012年度   Molecular typing of Salmonella enterica serotype Typhimurium and serotype 4,5,12:i:- isolates from cattle by multiple-locus variable-number tandem-repeats analysis

2012年度   Molecular-based identification of yeasts isolated from bovine clinical mastitis in Japan.

2012年度   乳汁中の黄色ブドウ球菌特異的抗体のELISA測定法の確立

2012年度   乳汁中の黄色ブドウ球菌特異的抗体のELISA測定法の確立

2012年度   乳汁中の黄色ブドウ球菌特異的抗体のELISA測定法の確立

2012年度   Molecular-based identification of yeasts isolated from bovine clinical mastitis in Japan. 

2011年度   Antimicrobial susceptibilities and bacteriological characteristics of bovine Pseudomonas aeruginosa and Serratia marcescens isolates from Mastitis.

2011年度   Molecular Epidemiology of Salmonella enterica Serovar Typhimurium Isolates from Cattle in Hokkaido, Japan: Evidence of Clonal Replacement and Characterization of the Disseminated Clone

2010年度   Genetic Variation among Staphylococcus aureus Strains from Bovine Milk and Their Relevance to Methicillin-Resistant Isolates from Humans

2008年度   Prevalence and characteristics of eae- and stx-positive strains of Escherichia coli from wild birds in the immediate environment of Tokyo Bay

2007年度   Mycoplasma hyopneumoniaeの薬剤感受性試験ならびにマクロライド耐性簡易スクリーニング法の開発

2007年度   Bacteriological characteristics of Staphylococcus aureus isolates from humans and bulk milk.

2006年度   バイオインフォマティックスにより開発された鳥型結核菌の分子疫学的手法

2005年度   Characteristics and Epideimlogic Genotyping of Staphylococcus aureus isolates from Bovine Mastitic Milk in Hokkaido, Japan

2003年度   Prevalence and Characteristics of eae-Positive Escherichia coli from Healthy Cattle in Japan

2003年度   発育不良豚における病原体感染の実態

2003年度   北海道全域の牛乳房炎乳汁ならびにバルク乳から分離された黄色ブドウ球菌の細菌学的特性の解明

2002年度   黄色ブドウ球菌同定用PCRプライマーの検討ならびに北海道全域から収集した牛乳房炎乳由来黄色ブドウ球菌の毒素遺伝子および産生毒素について

2002年度   日本における牛マイコプラズマ性乳房炎の発生

2002年度   日本における牛マイコプラズマ性乳房炎の発生

2002年度   北海道の一地域における牛乳房炎由来黄色ブドウ球菌の性状について

2001年度   Colony Hybridization法により牛糞便から分離されたSTECにおけるeae遺伝子保有と、intiminの型別

2017年度   電流検出型DNAチップを用いた乳房炎原因微生物の検出法の開発

2017年度   乳房内注入する免疫調整因子の種類によって乳房炎症状の軽減機序は異なる

2016年度   黄色ブドウ球菌のリポタイコ酸は免疫調整因子の発現を増強する

2016年度   ヒト多剤耐性黄色ブドウ球菌は牛乳房感染を経て家畜感染型に変化する

2015年度   牛乳汁から分離されたMycoplasma argininiの全ゲノム配列の決定

2014年度   牛乳房炎原因菌であるマイコプラズマ2菌種の全ゲノム配列の決定

2014年度   牛の乳房炎原因菌であるMycoplasma californicumの分子疫学解析法の開発

2012年度   CXCL8はウシの乳腺における好中球介在性炎症増幅サイクル誘導因子である

2012年度   牛由来Salmonella Typhimuriumの遺伝子型に基づくデータベースの構築

2012年度   分子生物学的種属判別法を用いた国内での乳房炎原因酵母の実態調査

2011年度   牛乳房炎に関わる黄色ブドウ球菌優勢系統の遺伝学的背景と感染実態

2011年度   近年北海道で分離される牛由来Salmonella Typhimuriumの遺伝学的特徴

2009年度   Salmonella Typhimurium DT104は百日咳毒素様のADP-リボシル化酵素を産生する

2008年度   東京湾周辺地域で保護された野鳥の病原性大腸菌保菌状況と分離株の性状

2007年度   黄色ブドウ球菌のバルク乳由来株はヒト由来株と異なる遺伝学的背景を示す

2007年度   Mycoplasma hyopneumoniaeマクロライド耐性簡易スクリーニング法の開発

2006年度   バイオインフォマティックスにより開発された鳥型結核菌の分子疫学的手法

2006年度   採卵用成鶏における全身性アミロイド沈着のみられた皮膚型鶏痘

2006年度   牛乳房炎乳から分離された黄色ブドウ球菌の細菌学的特性

2006年度   東京湾周辺地域に生息する野鳥のサルモネラ保菌状況と分離株の性状

2004年度   発育不良子豚およびと畜場出荷豚由来Mycoplasma hyorhinisのマクロライド系薬剤感受性と耐性機構の解明

2004年度   牛乳房炎由来黄色ブドウ球菌の疫学マーカーとしてのコアグラーゼ遺伝子型別の有用性

2003年度   発育不良豚の肺炎に関与する病原体

2002年度   北海道全域から分離した牛乳房炎由来Staphylococcus aureusの毒素遺伝子および発現毒素

2001年度   インチミン遺伝子は牛由来腸管出血性大腸菌のスクリーニングに有用

2010-2012年   [独立行政法人日本学術振興会 科学研究費助成事業]   ウシの黄色ブドウ球菌性乳房炎における好中球介在性炎症増幅機構の役割

この記事は