菅野 徹

所属機関名 国立研究開発法人 農業・食品産業技術総合研究機構 動物衛生研究部門
肩書き 主席研究員
氏名 菅野 徹
連絡先(電話番号) 011-851-5226
所在都道府県名 北海道
見える化ID 001090
URL http://www.naro.affrc.go.jp/niah/introduction/chart/domain08/index.html
カテゴリ 飼育技術 肉牛 乳牛

研究情報

2014年度   Dose-dependent responses of pigs infected with the foot-and-mouth disease virus O/JPN/2010 by intranasal and intraoral routes

2014年度   Evaluation of Monoclonal Antibody-Based Sandwich Direct ELISA (MSD-ELISA) for Antigen Detection of Foot-and-Mouth Disease Virus Using Clinical Samples

2014年度   Experimental infection of cattle and goats with a foot-and-mouth disease virus isolate from the 2010 epidemic in Japan

2014年度   Experimental inoculation of equine coronavirus into Japanese draft horses

2013年度   Effect of freezing treatment on colostrum to prevent the transmission of bovine leukemia virus

2013年度   Availability of a fetal goat tongue cell line ZZ-R 127 for isolation of Foot-and-mouth disease virus (FMDV) from clinical samples collected from animals experimentally infected with FMDV

2013年度   牛初乳の凍結融解処理は牛白血病の感染性を失わせる

2013年度   Complete nucleotide sequences of virulence-resistance plasmids carried by emerging multidrug-resistant Salmonella enterica serovar Typhimurium isolated from cattle in Hokkaido, Japan

2012年度   Molecular typing of Salmonella enterica serotype Typhimurium and serotype 4, 5, 12, i:- isolates from cattle by multiple-locus variable-number tandem-repeats analysis.

2012年度   Molecular typing of Salmonella enterica serotype Typhimurium and serotype 4,5,12:i:- isolates from cattle by multiple-locus variable-number tandem-repeats analysis

2012年度   Antigenic variation among recent Japanese isolates of bovine coronaviruses belonging to phylogenetically distinct genetic groups

2011年度   Isolation of an equine coronavirus from adult horses with pyrogenic and enteric disease and its antigenic and genomic characterization in comparison with the NC99 strain

2011年度   Molecular Epidemiology of Salmonella enterica Serovar Typhimurium Isolates from Cattle in Hokkaido, Japan: Evidence of Clonal Replacement and Characterization of the Disseminated Clone

2007年度   Molecular analysis of the S glycoprotein gene of bovine coronaviruses isolated in Japan from 1999 to 2006

2006年度   道南地域における牛RSウイルス流行株の解析

2005年度   野生エゾシカ由来トリパノソーマの分離

2001年度   主要研究成果(参考): 口蹄疫ウイルスO/JPN/2000の全塩基配列

2001年度   口蹄疫ウイルス日本分離株(FMDV O/JPN/2000)の全塩基配列の決定

2001年度   口蹄疫ウイルスO/JPN/2000株の緬羊および山羊に対する病原性

2000年度   放射線照射によるウイルスの不活化とガンマー線の牛胎児血清に対する影響

2000年度   Genetic determinants of virulence in swine vesicular disease virus

2000年度   Cytokines related to the swine vesicular disease virus infection in swine immune cell lines.

2000年度   アフリカ豚コレラウイルスp32及びp54の発現と診断への応用

2000年度   国内で発生した口蹄疫の症状とその診断およびウイルス分離について

2000年度   口蹄疫のPCR診断及び日本分離株(O/JPN/2000)の遺伝子解析

2018年度   口蹄疫ウイルス感染豚におけるウイルスの局在部位

2018年度   口蹄疫ウイルスO/JPN/2000弱毒株は豚に水疱病変を形成しない

2017年度   短期間の流行における口蹄疫ウイルスのゲノム変異動態を解明

2017年度   免疫原性を有する牛パピローマウイルス様粒子の作出

2016年度   口蹄疫ワクチン投与後にウイルス感染した豚は識別キットで摘発できない

2016年度   2010年に日本で分離された口蹄疫ウイルスの感染性cDNAクローンの構築

2015年度   新規に樹立されたLFBK-αvβ6細胞の口蹄疫ウイルスの分離率は高い

2015年度   抗原検出および血清型別可能な口蹄疫ウイルスのイムノクロマト法の開発

2014年度   口蹄疫ウイルスO/JPN/2010株の牛および山羊に対する病原性

2014年度   経鼻および経口経路による口蹄疫ウイルス日本分離株の豚への実験感染

2014年度   モノクローナル抗体を用いた高感度口蹄疫抗原検出ELISA

2013年度   牛初乳の凍結融解処理は牛白血病の感染性を失わせる

2013年度   山羊胎子舌株化細胞の使用により口蹄疫ウイルス分離率が高まる

2013年度   新たに出現した牛由来多剤耐性Salmonella Typhimuriumの遺伝学的性状

2012年度   口蹄疫ウイルス感染動物とワクチン接種動物の抗体を識別するキットの評価

2012年度   牛由来Salmonella Typhimuriumの遺伝子型に基づくデータベースの構築

2012年度   牛コロナウイルススパイク糖蛋白の284番目のアミノ酸は中和抗原決定基である

2011年度   牛パピローマウイルスを効率的に検出するPCR法

2011年度   近年北海道で分離される牛由来Salmonella Typhimuriumの遺伝学的特徴

2009年度   Salmonella Typhimurium DT104は百日咳毒素様のADP-リボシル化酵素を産生する

2008年度   PCR-制限酵素断片長多型(RFLP)を用いた牛コロナウイルス遺伝子型別法

2008年度   新型牛パピローマウイルスBPV-9は牛の上皮性乳頭腫症の原因となる

2007年度   新型牛パピローマウイルス(BPV-9, BPV-10)の全ゲノム構造の解明

2007年度   エゾシカから初めて分離されたトリパノソーマ原虫

2006年度   牛コロナウイルス日本分離株の分子疫学的解析

2005年度   北海道で集団発生した新型牛パピローマ(乳頭腫)ウイルスによる牛乳頭腫症

2005年度   Salmonella Typhimurium DT104はADP-ribosyltransferase毒素と相同性を示す遺伝子(artAB)を保持している

2003年度   悪性カタル熱ウイルス持続感染牛の摘発と免疫抑制剤投与試験

2003年度   Salmonella Typhimurium DT104が保有する溶原化ファージの性状解析

2002年度   日本で分離された口蹄疫ウイルスO/JPN/2000株の動物に対する病原性

2001年度   口蹄疫ウイルスO/JPN/2000の全塩基配列

1993年度   豚小胞病ウイルス(SVDV)の中和エピトープの解析

2016-2019年   [独立行政法人日本学術振興会 科学研究費助成事業]   地方病性牛白血病制御のための開発研究~予後診断法の改良とワクチン開発~

2012-2015年   [独立行政法人日本学術振興会 科学研究費助成事業]   地方病性牛白血病の発生制御に関する開発研究

2013-2015年   [農林水産省 農林水産技術会議]   口蹄疫ウイルス全血清型の検出及び型別可能イムノクロマトキットの開発

2012-2014年   [独立行政法人日本学術振興会 科学研究費助成事業]   牛コロナウイルスの牛体内における持続感染の検証とウイルス動態の解明

この記事は