大友量

所属機関名 国立研究開発法人 農業・食品産業技術総合研究機構 北海道農業研究センター
肩書き 上級研究員
氏名 大友量
連絡先(電話番号) 011-857-9490
所在都道府県名 北海道
見える化ID 000109
URL http://www.naro.affrc.go.jp/publicity_report/press/laboratory/harc/055975.html
http://jstore.jst.go.jp/nationalPatentDetail.html?pat_id=8160
http://lib.ruralnet.or.jp/cgi-bin/ruraldetail.php?C01=%91%E5%97F%97%CA&LOGIC=1&INDEX=4&LIST=1&DETAIL=0&SORT=3&KID=201510_044&PAGE=0&HEAD=1&LIB=0&DMY=%82%A0&DB1=1&DB2=0&DB3=0&DB4=0&DB5=0&DB6=0&DB7=0&DB8=0&DB9=0&DB10=0
https://www.youtube.com/watch?v=_OadsBQ3QVY
http://ci.nii.ac.jp/naid/110009468556
カテゴリ 大豆 土壌診断 土壌生物性評価技術 肥培管理 輪作

研究情報

2014年度   Isolation and Phenotypic Characterization of Lotus japonicus Mutants Specifically Defective in Arbuscular Mycorrhizal Formation.

2014年度   Mycorrhizal effects on growth, P uptake and Cd tolerance of the host plant vary among different AM fungal species

2014年度   Plant-available inorganic nutrient levels are increased in rice-derived distillery effluents inoculated with microbes

2014年度   Polyphosphate accumulation is driven by transcriptome alterations that lead to near-synchronous and -equivalent uptake of inorganic cations in an arbuscular mycorrhizal fungus

2014年度   根釧地域における飼料用トウモロコシのアーバスキュラー菌根菌感染率とリン酸施肥反応に及ぼす前作物の影響

2013年度   アーバスキュラー菌根菌宿主跡のダイズ栽培ではリン酸施肥を3割削減できる

2013年度   Cellular Imaging of Cadmium in Resin Sections of Arbuscular Mycorrhizas Using Synchrotron Micro X-ray Fluorescence

2013年度   寒地畑輪作におけるアーバスキュラー菌根菌の利用可能性

2009年度   Influence of nitrogen and phosphorus on polyphosphate accumulation in Gigaspora margarita during spore germination

2009年度   ATP-dependent but proton gradient-independent polyphosphate-synthesizing activity in extraradical hyphae of an arbuscular mycorrhizal fungus

2009年度   Polyphosphate has a central role in the rapid and massive accumulation of phosphorus in extraradical mycelium of an arbuscular mycorrhizal fungus

2008年度   土壌中における大腸菌の生残性

2006年度   草地生態系における土壌微生物の動態解析

2006年度   ミヤコグサのイオンビーム照射系統からの共生変異体の探索

2006年度   アーバスキュラー菌根菌胞子および感染根中のポリリン酸の動態.

2002年度   牛スラリー施用圃場における大腸菌の消長

2002年度   菌根菌菌糸からのポリリン酸の抽出・定量方法

2002年度   菌根菌感染過程における宿主根内のポリリン酸量の変動

2000年度   Analysis of a gene, cpb1, encoding a DNA binding protein which bind to chitinase promoter sequence of Streptomyces lividans TK24

2000年度   フリーストール牛舎における堆肥の敷料利用時の塩類、細菌等の推移

2000年度   牛ふん尿スラリー施用圃場における大腸菌の消長

2000年度   フリーストール牛舎における牛糞堆肥の敷料利用

2009-2012年   [独立行政法人日本学術振興会 科学研究費助成事業]   植物ー微生物共生を支える普遍的宿主因子の解明

2002-2006年   [独立行政法人科学技術振興機構 戦略的創造研究推進事業]   共生ネットワークの分子基盤

2003-2005年   [独立行政法人日本学術振興会 科学研究費助成事業]   菌根菌の活用による重金属汚染土壌のファイトレメディエーション技術の高度化

この記事は