上垣 隆一

所属機関名 国立研究開発法人 農業・食品産業技術総合研究機構 動物衛生研究部門
肩書き 上級研究員
氏名 上垣 隆一
連絡先(電話番号) 029-838-7708
所在都道府県名 茨城県
見える化ID 001082
URL http://www.naro.affrc.go.jp/niah-neo/index.html
カテゴリ

研究情報

2014年度   Changes in the Concentration of Fumonisins in Forage Rice during the Growing Period, Differences among Cultivars and Sites, and Identification of the Causal Fungus

2014年度   Natural occurrence of mycotoxins in forage maize during crop growth in Japan: case study

2013年度   A single nucleotide polymorphism in the translation elongation 1 factor 1α gene correlates with the ability to produce fumonisin in Japanese Fusarium fujikuroi

2013年度   Changes in the concentrations of fumonisin, deoxynivalenol and zearalenone in corn silage during ensilage

2013年度   Description of Lactobacillus iwatensis sp. nov., isolated from orchardgrass (Dactylis glomerata L.) silage, and Lactobacillus backii sp. nov.

2013年度   Effects of moisture control, addition of glucose, inoculation of lactic acid bacteria and crushing process on the fermentation quality of rice grain silage.

2013年度   Farm-scale method for producing high-quality rice grain silage

2013年度   Lactobacillus oryzae sp. nov., isolated from fermented rice grain (Oryza sativa L. subsp. japonica)

2013年度   Lactobacillus silagei sp. nov., isolated from orchardgrass silage

2012年度   完熟期収穫の飼料用米サイレージ調製法

2012年度   Identification of mycotoxin-producing Fusarium spp. isolated from corn and the changes in concentration of fumonisin during the cultivation period

2012年度   完熟期収穫の飼料用米の調製処理がサイレージ発酵特性におよぼす影響

2012年度   Weissella oryzae sp. nov., isolated from fermented rice grains

2012年度   Strain-dependent effects of inoculation of Lactobacillus plantarum subsp. plantarum on fermentation quality of paddy rice (Oryza sativa L. subsp. japonica) silage

2012年度   Lactobacillus hokkaidonensis sp. nov., isolated from timothy grass (Phleum pratense L.) silage in Hokkaido, Japan

2012年度   Changes of fumonisin production in rice grain during ensiling.

2012年度   完熟期収穫の飼料用米の調製処理がサイレージ発酵特性に及ぼす影響

2012年度   Strain-dependent effects of inoculation of Lactobacillus plantarum subsp. plantarum on fermentation quality of paddy rice (Oryza sativa L. subsp. japonica) silage.

2012年度   Lactobacillus hokkaidonensis sp. nov., isolated from subarctic timothy grass (Phleum pratense L.) silage.

2012年度   Weissella oryzae sp. nov., isolated from fermented rice grains.

2012年度   Changes of fumonisin production in rice grain during ensiling

2012年度   Changes in the concentrations of fumonisin, deoxynivalenol, and zearalenone in corn silage during ensilage

2011年度   Effect of lactic acid bacteria inoculant and beet pulp addition on fermentation characteristics and in vitro ruminal digestion of vegetable residue silage

2011年度   Genotypic and phenotypic characterization of lactic acid bacteria isolated from Italian ryegrass silage

2011年度   Identification and characterization of lactic acid bacteria isolated from mixed pasture of timothy and orchardgrass, and its badly preserved silage

2011年度   イタリアンライグラスサイレージ発酵に関与したClostridiaの分離、生理・生化学的性質および菌種同定

2010年度   Aspergillus flavus producing aflatoxins isolated from materials of commercial feed in Japan

2009年度   堆肥・飼料中のクロピラリドのLC/MS/MSを使用した定量方法

2006年度   ダイオキシン類濃度が大きく異なる土壌で栽培したコムギ茎葉中のダイオキシン類濃度の比較

2006年度   トウモロコシと大気ガス態ダイオキシン類の関連モデルの作成

2006年度   バクテリオシンプロデューサー乳酸菌の性質とサイレージ調製への応用

2006年度   飼料作体系におけるクロピラリドの動態(分析法)

2006年度   農薬資材由来抗菌剤の動態

2006年度   ダイオキシン類濃度が大きく異なる土壌で栽培したコムギ茎葉中のダイオキシン類濃度の比較

2003年度   サイレージ用トウモロコシにおけるダイオキシン類の蓄積実態

2003年度   トウモロコシサイレージのサイレージ発酵過程におけるダイオキシン類の消長

2003年度   サイレージ用トウモロコシにおけるダイオキシン類の蓄積実態

2003年度   トウモロコシサイレージのサイレージ発酵過程におけるダイオキシン類の消長

2002年度   Comparative efficiency of PCDD/Fs with a variety of extraction methods

2002年度   Dioxins contamination in leafy vegetables based on the surface study

2002年度   サイレージ発酵によるダイオキシン類濃度変化

2002年度   TIME TREND OF PCDD/FS AND CO-PCBS CONCENTRATION AND COMPOSITIONS IN RICE LEAVES

2002年度   Possible pathway of dioxins accumulation to the above-ground portions of rice plants grown in contaminated soils

2002年度   Polychlorinated Dibenzo-p-dioxins in , Dibenzofurans and Coplanar PCBs Concentrations of Silage Corn Grown on The Actual Scale of Production Field

2002年度   サイレージ用トウモロコシ中に蓄積するダイオキシン類の由来

2001年度   ダイオキシン類のトウモロコシにおける蓄積実態

2001年度   ハーブ類給与牛から搾乳した牛乳の抗酸化力

2001年度   トウモロコシにおけるダイオキシン類の挙動

2001年度   アルファルファ、オーチャードグラス、トウモロコシ及びソルガムのサイレージの微生物相及び発酵品質にγ線照射が及ぼす影響

2001年度   トウフ粕及びビール粕を材料としたサイレージの微生物相及び発酵品質にγ線照射が及ぼす影響

2001年度   製茶過程における茶葉中のダイオキシン類の挙動

2000年度   18種の暖地型イネ科植物に寄生するEphelis japonica(ミイラ穂病菌)とそのエピファイトとしての特性

2000年度   暖地型イネ科牧野草に発生したミイラ穂病とそのエンドファイトとしての特性

2000年度   サイレージ中の乳酸異性体の産生比率に及ぼす要因

2000年度   Ephelis japonica, an epiphytic symbiont of warm season grasses, confers insect resistance and cold tolerance to infected plants

2000年度   ギンネム(Leucaena leucocephala de Wit)の抗酸化成分

2000年度   Ephelis japonica, an epiphytic symbiont of warm season grasses, confers insect resistance and cold tolerance to infected plant

2000年度   The effect of inoculation and additives on D(-) and L(+)lactic acid production and fermentation quality of guineagrass (Panicum maximum Jacq) silage.

2000年度   エフェリス・エンドファイト感染スズメノヒエのコバネイナゴに対する摂食忌避性

2000年度   凍結乾燥した生牛乳におけるα-トコフェロールとフリーラジカル発生の関係

2000年度   飼養条件・生理状態の異なる乳牛における血液・牛乳のPIXE分析

2000年度   ニンジンのダイオキシン類暴露に関する研究(■)

2000年度   暖地型イネ科牧野草に発生したミイラ穂病(新称)とそのエンドファイトとしての特性

2000年度   高機能性牛乳の生産方法

2017年度   WCS用稲「たちすずか」の高品質サイレージ調製には黄熟期以降の収穫が良い

2016年度   簡易型サイロによる空隙と補助剤を用いた新たな発酵飼料調製法

2014年度   フモニシンはトウモロコシの穂の中で局在している

2013年度   オーチャードグラスサイレージを分離源とする新種乳酸菌Lactobacillus iwatensis

2013年度   飼料用米サイレージを分離源とする新種乳酸菌Lactobacillus oryzae

2012年度   トウモロコシのフモニシンは黄熟期を過ぎると雌穂で急増する

2012年度   完熟期収穫の飼料用米サイレージ調製法

2012年度   稲発酵粗飼料調製における添加乳酸菌の菌株依存的な発酵品質改善効果

2012年度   低温域で増殖可能な新種乳酸菌Lactobacillus hokkaidonensisの発見

2012年度   飼料用米サイレージの調製貯蔵中にフモニシンは増加しない

2012年度   飼料用米サイレージを分離源とする新種乳酸菌Weissella oryzaeの発見

2011年度   イタリアンライグラスサイレージ由来の新規乳酸菌株の同定

2011年度   サイレージからは未分離であった乳酸菌株の新発見

2010年度   飼料用籾米サイレージの最適な調製方法

2009年度   堆肥・飼料中のクロピラリドのLC/MS/MSを使用した定量方法

2007年度   モウソウチクの飼料成分とサイレージ発酵品質

2004年度   水田土壌におけるダイオキシン類の年間収支の推定

2003年度   PIXEによる各種試料中の多元素同時測定

2002年度   サイレージ用トウモロコシ中のダイオキシン類の動態

2002年度   イネは土壌からダイオキシン類を吸収しない

2001年度   細断型ロールベーラで調製されたトウモロコシサイレージの発酵特性

2000年度   乳牛用飼料として優れる高消化性ソルガム品種「葉月」のロールベールサイレージ

1998年度   暖地型イネ科牧野草に発生したミイラ穂病とそのエンドファイトとしての特性

2014-2016年   [独立行政法人日本学術振興会 科学研究費助成事業]   飼料イネおよび飼料用トウモロコシにおけるかび毒フモニシンの汚染程度の差の要因解明

この記事は