新井 鐘蔵

所属機関名 国立研究開発法人 農業・食品産業技術総合研究機構 動物衛生研究部門
肩書き 主席研究員
氏名 新井 鐘蔵
連絡先(電話番号) 029-838-7708
所在都道府県名 茨城県
見える化ID 001074
URL http://www.naro.affrc.go.jp/niah-neo/index.html
カテゴリ

研究情報

2014年度   赤外線サーモグラフィを用いた健康牛における体表各部の表面温度解析及び左右差の検討

2014年度   ホルスタイン種乳牛における脳幹部腫瘍の1症例

2013年度   赤外線サーモグラフィを用いたトラック輸送中の牛の体表温度の変動

2012年度   ルーメン液の凍結保存及び保存器具の滅菌状態がリポ多糖体濃度に及ぼす影響

2012年度   携帯型の牛用脳幹機能測定装置を用いた黒毛和種牛の聴性脳幹誘発電位の測定

2011年度   Neuropathological changes in auditory brainstem nuclei in cattle with experimentally induced bovine spongiform encephalopathy.

2007年度   Brainstem auditory evoked potentials in cattle sedated with xylazine.

2007年度   ホルスタイン種および黒毛和種における聴性脳幹反応の測定

2005年度   痛覚刺激時の脳脊髄液中および血漿中オキシトシン濃度の変化

2002年度   ブドウ球菌由来潜在性乳房炎罹患乳房へのrboIL-8投与の影響

2002年度   黄色ブドウ球菌性の潜在性乳房炎に対するrboGM-CSFの治療効果

2002年度   新生子牛における大腸菌の経口投与に伴う下痢発生と好中球機能低下に及ぼすrboGM-CSF投与の影響

2002年度   化学発光による乳房炎早期診断法

2001年度   放牧牛における血液化学発光能と急性期蛋白の推移

2001年度   潜在性乳房炎に対するrBoGM-CSFの反復投与の影響

2001年度   牛脳手術台の開発

2001年度   第3脳室内カテーテル設置手術後の成牛の頭蓋内圧と脳脊髄液性状の変化

2001年度   放牧牛における血液化学発光能と急性期蛋白の推移

2000年度   暑熱ストレスと胃運動

2000年度   乳牛の第四胃変位発生の要因

2000年度   Rumen bacterial community transition during adaptation to high-grain diet.

2000年度   濃厚飼料多給に伴う牛の第一胃・第四胃運動の変化

2000年度   放牧牛における血液化学発光能と急性期蛋白の推移

2000年度   黄色ブドウ球菌由来乳房炎に対するrBoGM-CSFの治癒効果の検討

2000年度   Effect of intra-udder injection of rBoGM-CSF on dairy cows suffering from S. aureus-induced mastitis

2000年度   ウシの発情期中における第三脳室内脳脊髄液中GnRHの動態

2000年度   子牛出生後の白血球化学発光能の低下に及ぼすrBoGM-CSF投与の影響

2000年度   潜在性乳房炎に対するrBoGM-CSFの反復投与の影響

2000年度   脳内TNF-αによる牛の第四胃運動調節

2000年度   化学発光によるウシ乳房炎の早期診断法の開発

2000年度   化学発光によるウシ乳房炎の早期・迅速診断

2000年度   α2作動薬による排卵抑制に対するGnRH製剤の治療効果

2000年度   ルーメン細菌の分子生態研究の現状

2000年度   濃厚飼料多給に伴う牛の内因性エンドトキシンの動態

2000年度   エストラジオールがラットの成長および胸腺細胞の加齢性変化に及ぼす影響

2000年度   Involvement of Apoptosis in the Endotoxemic Lesions of the Liver and Kidneys of Piglets.

2000年度   Gonadotropin-releasing hormone in third ventricular cerebrospinal fluid of the heifer during the estrous cycle

2000年度   大動物用手術台設備

2012-2014年   [独立行政法人日本学術振興会 科学研究費助成事業]   牛消化器疾病早期摘発のための無線ルーメンセンサ・ネットワークシステムの開発

この記事は