岩田 剛敏

所属機関名 国立研究開発法人 農業・食品産業技術総合研究機構 動物衛生研究部門
肩書き 主任研究員
氏名 岩田 剛敏
連絡先(電話番号) 029-838-7708
所在都道府県名 茨城県
見える化ID 001065
URL http://www.naro.affrc.go.jp/niah-neo/index.html
カテゴリ

研究情報

2014年度   Whole-genome sequence of CMY-2 β-lactamase-producing Salmonella enterica serovar Typhimurium strain L-3553

2014年度   Characteristics of Salmonella enterica serovar 4,[5],12:i:- as a monophasic variant of serovar Typhimurium

2014年度   Extensive amplification of GI-VII-6, a multidrug resistance genomic island of Salmonella enterica serovar Typhimurium, increases resistance to extended-spectrum cephalosporins

2013年度   Distribution of extended-spectrum cephalosporin resistance determinants in Salmonella enterica and Escherichia coli isolated from broilers in southern Japan

2013年度   Lineage-specific distribution of insertion sequence excision enhancer in enterotoxigenic Escherichia coli isolated from swine

2012年度   Colonization of chicken flocks by Campylobacter jejuni in multiple farms in Japan.

2012年度   Effects of lipooligosaccharide inner core truncation on bile resistance and chick colonization by Campylobacter jejuni

2011年度   Characterization of Salmonella enterica serovar Typhimurium isolates harboring a chromosomally encoded CMY-2 β-lactamase gene located on a multidrug resistance genomic island

2011年度   The shift of antimicrobial resistance pattern in Salmonella enterica serovar Typhimurium isolates detected in a beef cattle farm

2009年度   Prevalence of Escherichia coli O157 from cattle and foods in the Mekong Delta, Vietnam.

2008年度   超微細高密度オゾン水のCampylobacter jejuniに対する殺菌効果の検討

2008年度   超微細高密度オゾン水のSalmonella Enteritidisに対する殺菌効果と応用

2018年度   セリンはカンピロバクターの栄養源として最も重要なアミノ酸である

2018年度   Salmonella Typhimuriumの遺伝的背景を判定するための新しい型別法

2017年度   国内の牛群から分離される志賀毒素産生性大腸菌は3つのカテゴリーに分けられる

2016年度   豚由来病原性大腸菌における伝達性コリスチン耐性遺伝子保有率の増加

2016年度   国内の豚群における新たな多剤耐性病原性大腸菌系統の出現

2016年度   カンピロバクターの鶏腸管定着に必須な糖鎖修飾酵素の同定

2016年度   サルモネラに対する感染防御にはたらくモノクローナル抗体を作製

2015年度   病院排水の流入が下水処理施設における薬剤耐性菌の分布率を上昇させる

2015年度   薬剤耐性遺伝子のコピー数増加がサルモネラの耐性を増強する

2014年度   非定型Salmonella Typhimuriumの性状と同定法

2014年度   病原性大腸菌ゲノムに多様性をもたらす要因の解明

2013年度   カンピロバクターの細胞表面糖脂質の糖鎖欠損により鶏腸管内定着性が低下する

2011年度   マルチプレックスPCRによるサルモネラ主要血清型同定法

2011年度   多剤耐性を規定する遺伝子領域を染色体上に保有するSalmonella Typhimuriumの出現

2010年度   腸管出血性大腸菌O157ゲノムの多様化を引き起こす因子の発見

2010年度   超微細高密度オゾン水はCampylobacter jejuniに対して殺菌効果を示す

2009年度   O157が牛腸管を通過する際のDNA脱落が分子疫学的解析に影響する

この記事は