秋庭 正人

所属機関名 国立研究開発法人 農業・食品産業技術総合研究機構 動物衛生研究部門
肩書き ユニット長
氏名 秋庭 正人
連絡先(電話番号) 029-838-7708
所在都道府県名 茨城県
見える化ID 001063
URL http://www.naro.affrc.go.jp/niah-neo/index.html
カテゴリ

研究情報

2014年度   Whole-genome sequence of CMY-2 β-lactamase-producing Salmonella enterica serovar Typhimurium strain L-3553

2014年度   Characteristics of Salmonella enterica serovar 4,[5],12:i:- as a monophasic variant of serovar Typhimurium

2014年度   Molecular typing of Salmonella enterica serovar Enteritidis isolates from food-producing animals in Japan by multilocus variable-number tandem repeat analysis: evidence of clonal dissemination and replacement

2014年度   Extensive amplification of GI-VII-6, a multidrug resistance genomic island of Salmonella enterica serovar Typhimurium, increases resistance to extended-spectrum cephalosporins

2013年度   HPCD子豚へのSalmonella enterica serovar Choleraesuis 実験感染:病態の再現とTLR5一塩基多型(C1205T)影響検証の試み

2013年度   ANTIBIOTICS AS EMERGING POLLUTANTS- A CASE STUDY OF SEWAGE TREATMENT FACILITIES IN SOUTHWEST INDIA

2013年度   Chronological change of resistance to β-Lactams in Salmonella enterica serovar Infantis isolated from broilers in Japan

2013年度   Distinguishable epidemics of multidrug-resistant Salmonella Typhimurium DT104 in different hosts

2013年度   Distribution of extended-spectrum cephalosporin resistance determinants in Salmonella enterica and Escherichia coli isolated from broilers in southern Japan

2013年度   Fluoroquinolone resistance mechanisms in an Escherichia coli isolate, HUE1, without quinolone resistance-determining region mutations

2013年度   Genomic analysis of Salmonella enterica serovar Typhimurium definitive phage type 104

2013年度   Lineage-specific distribution of insertion sequence excision enhancer in enterotoxigenic Escherichia coli isolated from swine

2013年度   OCCURRENCE OF ANTIBIOTICS IN RIVER WATER - A CASE STUDY OF THE VRISHABHAVATHI RIVER NEAR BANGALORE, INDIA

2013年度   Complete nucleotide sequences of virulence-resistance plasmids carried by emerging multidrug-resistant Salmonella enterica serovar Typhimurium isolated from cattle in Hokkaido, Japan

2013年度   HPCD子豚へのSalmonella enterica serovar Choleraesuis実験感染;病態の再現とTLR5一塩基多型(C1205)の影響検証の試み

2012年度   Molecular typing of Salmonella enterica serotype Typhimurium and serotype 4, 5, 12, i:- isolates from cattle by multiple-locus variable-number tandem-repeats analysis.

2012年度   Colonization of chicken flocks by Campylobacter jejuni in multiple farms in Japan.

2012年度   Effects of lipooligosaccharide inner core truncation on bile resistance and chick colonization by Campylobacter jejuni

2012年度   Molecular typing of Salmonella enterica serotype Typhimurium and serotype 4,5,12:i:- isolates from cattle by multiple-locus variable-number tandem-repeats analysis

2011年度   Characterization of Salmonella enterica serovar Typhimurium isolates harboring a chromosomally encoded CMY-2 β-lactamase gene located on a multidrug resistance genomic island

2011年度   The shift of antimicrobial resistance pattern in Salmonella enterica serovar Typhimurium isolates detected in a beef cattle farm

2011年度   Molecular Epidemiology of Salmonella enterica Serovar Typhimurium Isolates from Cattle in Hokkaido, Japan: Evidence of Clonal Replacement and Characterization of the Disseminated Clone

2011年度   ブタTLR遺伝子の多型がサルモネラ認識に及ぼす影響の解析

2010年度   Rapid identification of Salmonella enterica serovars, Typhimurium, Choleraesuis, Infantis, Hadar, Enteritidis, Dublin and Gallinarum, by multiplex PCR

2010年度   Identification of a key amino acid of LuxS involved in AI-2 production in Campylobacter jejuni

2009年度   Detection and characterization of extended-spectrum β-lactamase (TEM-52)-producing Salmonella serotype Infantis from broilers in Japan

2008年度   動物に対するキノロン系抗菌剤の使用と耐性菌選択との関連

2008年度   超微細高密度オゾン水のCampylobacter jejuniに対する殺菌効果の検討

2008年度   超微細高密度オゾン水のSalmonella Enteritidisに対する殺菌効果と応用

2007年度   Changes in antimicrobial susceptibility in a population of Salmonella enterica serovar Dublin isolated from cattle in Japan from 1976 to 2005.

2002年度   牛腸管からの大腸菌O157排除を目的とした生菌剤の開発

2002年度   Actinobacillus pleuropneumoniae国内分離株のRTX毒素遺伝子型解析

2002年度   日本で分離されたActinobacillus pleuropneumoniaeのRTX毒素遺伝子型

2001年度   牛由来Salmonella TyphimuriumのFluorescent Amplified-Fragment Length Polymorphism(FAFLP)によるタイピング

2001年度   ウマ由来Salmonella Typhimuriumの性状、毒力、および免疫原性

2001年度   Salmonella serovar Abortusequi(SA)の遺伝子型とゲノムサイズ

2001年度   Fluorescent Amplified-Fragment Length Polymorphism (FAFLP)を用いた牛由来Salmonella Typhimuriumの遺伝子型別

2000年度   実験感染牛における腸管出血性大腸菌O26:H11の経時的遺伝子型解析

2000年度   Molecular typing and epidemiological study of Salmonella enterica serotype Typhimurium isoaltes from cattle by fluorescent amplified-fragment length polymorphism fingerprinting and pulsed-field gel electrophoresis.

2000年度   実験感染牛から経時的に分離されたEHEC O157:H7の遺伝子型解析

2000年度   Genetic variability in enterohemorrhagic Escherichia coli O157:H7 of cattle.

2000年度   馬のサルモネラの鑑別診断法に関する基礎的研究

2000年度   Enterohemorrhagic Escherichia coli O157:H7 実験感染牛における排菌状況と抗体応答

2000年度   Salmonella Typhimurium DT104 from livestock in Japan

2000年度   Salmonella Abortusequi strains of equine origin harbor a 95kb plasmid responsible for virulence in mice

2000年度   Salmonella Abortusequiは95kbの病原性プラスミドを保有する

2000年度   Swine as a potential reservoir of Shiga toxin-producing Escherichia coli O157:H7 in Japan

2000年度   Molecular typing of Escherichia coli 0157:H7(H-) isolates from cattle in Japan

2000年度   The shift of genetic subtypes of Escherichia coli O157:H7 isolates from cattle

2000年度   Clonal turnover of enterohemorrhagic Escherichia coli 157:H7 in experimentally infected cattle

2000年度   パルスフィールドゲル電気泳動による腸管出血性大腸菌O157:H7の分子疫学的解析法

2000年度   Clonal turnover of enterohemorrhagic Escherichia coli O157:H7 experimentally infected cattle.

2000年度   Salmonella Typhimurium DT104 from livestock in Japan

2000年度   牛から分離された多剤耐性Salmonella Typhimurium DT104について

2000年度   牛のSalmonella Typhimurium DT104の保有状況について

2018年度   セリンはカンピロバクターの栄養源として最も重要なアミノ酸である

2018年度   Salmonella Typhimuriumの遺伝的背景を判定するための新しい型別法

2017年度   国内の牛群から分離される志賀毒素産生性大腸菌は3つのカテゴリーに分けられる

2017年度   サルモネラO4抗体を用いた凝集反応はO5抗原の有無により凝集値が異なる

2016年度   豚由来病原性大腸菌における伝達性コリスチン耐性遺伝子保有率の増加

2016年度   国内の豚群における新たな多剤耐性病原性大腸菌系統の出現

2016年度   カンピロバクターの鶏腸管定着に必須な糖鎖修飾酵素の同定

2015年度   病院排水の流入が下水処理施設における薬剤耐性菌の分布率を上昇させる

2015年度   薬剤耐性遺伝子のコピー数増加がサルモネラの耐性を増強する

2014年度   非定型Salmonella Typhimuriumの性状と同定法

2014年度   抗サルモネラO4抗体検出用競合エライザ法の開発

2014年度   病原性大腸菌ゲノムに多様性をもたらす要因の解明

2014年度   家畜由来Salmonella Enteritidisにおける遺伝子型の経年的変化

2013年度   カンピロバクターの細胞表面糖脂質の糖鎖欠損により鶏腸管内定着性が低下する

2013年度   新たに出現した牛由来多剤耐性Salmonella Typhimuriumの遺伝学的性状

2012年度   牛由来Salmonella Typhimuriumの遺伝子型に基づくデータベースの構築

2011年度   マルチプレックスPCRによるサルモネラ主要血清型同定法

2011年度   多剤耐性を規定する遺伝子領域を染色体上に保有するSalmonella Typhimuriumの出現

2011年度   近年北海道で分離される牛由来Salmonella Typhimuriumの遺伝学的特徴

2010年度   腸管出血性大腸菌O157ゲノムの多様化を引き起こす因子の発見

2010年度   超微細高密度オゾン水はCampylobacter jejuniに対して殺菌効果を示す

2009年度   Salmonella Typhimurium DT104は百日咳毒素様のADP-リボシル化酵素を産生する

2009年度   O157が牛腸管を通過する際のDNA脱落が分子疫学的解析に影響する

2008年度   特異的遺伝子の多重検出によるサルモネラ主要血清型迅速同定法

2007年度   わが国の牛群におけるSalmonella Dublin 薬剤感受性の変化

2006年度   Campylobacter jejuni薬剤耐性と細胞生残性に関わるCmeDEFの役割

2005年度   Salmonella Typhimurium DT104はADP-ribosyltransferase毒素と相同性を示す遺伝子(artAB)を保持している

2004年度   Actinobacillus pleuropneumoniaeサルファ剤−ストレプトマイシン耐性プラスミドpMS260の塩基配列解析

2003年度   Salmonella Typhimurium DT104が保有する溶原化ファージの性状解析

2002年度   牛胎児の腸管リンパ組織における抗原提示細胞の形態的および機能的特性

2001年度   動物体内と環境中における腸管出血性大腸菌O26:H11の遺伝子型変遷

2001年度   フロルフェニコール耐性を指標としたSalmonella Typhimurium DT104の簡易スクリーニング法

2016-2018年   [独立行政法人日本学術振興会 科学研究費助成事業]   日本全域を網羅する大腸菌O157の時空間系統ゲノミクスと高リスク系統の探索

2013-2015年   [独立行政法人日本学術振興会 科学研究費助成事業]   サルモネラの新規薬剤耐性アイランドの多コピー化に基づく耐性増強機構の解析

2012-2015年   [独立行政法人日本学術振興会 科学研究費助成事業]   インドにおける医薬品及び薬剤耐性菌環境汚染調査

2012-2014年   [厚生労働省 厚生労働省研究事業]   食品由来細菌の薬剤耐性サーベイランスの強化と国際対応に関する研究

2014-2014年   [日本医療研究開発機構 戦略推進部(感染症研究課)]   薬剤耐性菌サーベイランスとゲノムデータの集約・解析に関する研究

2012-2013年   [独立行政法人日本学術振興会 科学研究費助成事業]   表面糖鎖構造の変化がカンピロバクターの付着と生残に及ぼす影響の解析

2009-2011年   [厚生労働省 厚生労働省研究事業]   薬剤耐性食中毒菌に係る解析技術の開発及びサーベイランスシステムの高度化に関する研究

2010-2011年   [独立行政法人日本学術振興会 科学研究費助成事業]   わが国の動物由来サルモネラにおけるセフェム系抗菌剤耐性に関する分子遺伝学的研究

2006-2008年   [厚生労働省 厚生労働省研究事業]   薬剤耐性食中毒菌サーベイランスに関する研究

この記事は