井上聡

所属機関名 国立研究開発法人 農業・食品産業技術総合研究機構 北海道農業研究センター
肩書き 上級研究員
氏名 井上聡
連絡先(電話番号) 011-857-9260
所在都道府県名 北海道
見える化ID 000106
URL http://researchmap.jp/read0212464
カテゴリ 気候変動対策 栽培技術

研究情報

2014年度   平成24年南空知豪雪による農業雪害とリスク評価

2014年度   Range-expanding wildlife: modeling the distribution of large mammals in Japan, with management implications

2014年度   Effects of saturated hydraulic conductivity on volunteer potato (Solanum tuberosum L.) tuber survival

2013年度   Effective killing of volunteer potato (Solanum tuberosum L.) tubers by soil frost control using agrometeorological information: an adaptive countermeasure to climate change in a cold region.

2012年度   北海道の気候条件から見た土壌凍結深制御による野良イモ防除の作業日程

2012年度   Influences of winter climatic conditions on the relation between annual mean soiland air temperatures from central to northern Japan

2012年度   土壌凍結深の制御による野良イモ対策技術

2012年度   北海道の気候条件から見た土壌凍結深制御による野良イモ防除の作業日程

2012年度   Influences of winter climatic conditions on the relation between annual mean soil and air temperatures from central to northern Japan

2012年度   土壌凍結深制御による野良イモ対策

2011年度   Soil frost control: agricultural adaptation to climate variability in a cold region of Japan

2010年度   北海道芽室町の畑地における温暖化時の最大土壌凍結深予測

2010年度   「北海道芽室町の畑地における温暖化時の最大土壌凍結深予測」

2009年度   数値シミュレーションへの適用を目的とした風洞実験と数値実験による防風ネットの防風特性調査

2009年度   数値シミュレーションへの適用を目的とした風洞実験と数値実験による防風ネットの防風特性調査

2008年度   Comparison of solid precipitation data by using 4 method in Tokachi plain.

2007年度   トウモロコシ交雑率の年次変動に与える生物・気象条件の影響

2006年度   メッシュ気候値2000による温暖化時の最大積雪深予測値の検証

2006年度   チベット高原を利用した温暖化の早期検出と早期予測に関する研究

2006年度   チベット高原における気象環境のトランゼクト解析

2006年度   メッシュ気候値2000による温暖化時の最大積雪深予測値の検証

2006年度   十勝地方での降雪量観測

2006年度   3種類の降水量計による冬季比較観測

2006年度   Extended Force-Restore Modelで構築された土壌凍結深推定モデルの十勝地方火山灰土における検証

2005年度   An algorithm for estimating potential deposition of corn pollen

2004年度   十勝平野における12月の積雪期間の推定と分布

2004年度   気象条件が花粉飛散を介してトウモロコシの交雑率に与える影響

2003年度   中国敦煌のオアシスにおけるダスト舞い上がりの特徴

2003年度   冬期における降水量計の捕捉特性

2003年度   冬期における降水量計の捕捉特性

2002年度   Estimating the beginning day of Japanese cedar pollen release under global climate change

2002年度   地上気温による降水の雨雪判別法の検討

2002年度   反射音の影響を除いた積雪の音響減衰係数の測定

2002年度   熱源内蔵型積雪含水率計の試み

2002年度   花粉によるトウモロコシの交雑率とドナー花粉源距離との関係

2002年度   花粉によるトウモロコシの交雑率とドナー花粉源距離との関係

2001年度   日本における自然草原の気候要因から見た植生帯区分とその温暖化による影響 4.気候環境から見た日本の自然草原の植生帯区分とその温暖化による変化予測

2001年度   地球環境変化時における降積雪の変動予測(続報)-国内主要河川における降積雪の変動

2001年度   日本における自然草原の気候要因から見た植生帯区分とその温暖化による影響 4.気候環境から見た日本の自然草原の植生帯区分とその温暖化による変化予測

2001年度   地球温暖化にともなう国内の降雪量減少の河川への影響

2001年度   地球環境変化時における降積雪の変動予測(続報)-国内主要河川流域における降雪水量の変動-

2000年度   スギ花粉放出源での空中花粉濃度の測定 -スギ花粉の拡散過程に関する研究-

2000年度   環境影響評価のためのトウモロコシ花粉落下総数の予測手法

2000年度   気象衛星NOAAの画像からの雪形を用いたスギ花粉飛散ステージの予測

2000年度   気象衛星NOAAの画像からの雪形を用いたスギ花粉飛散ステージの予測

2000年度   リモートセンシングによる植生の季節変化の評価

2000年度   地球環境変化と我が国の降積雪の変動

2000年度   温暖化と降雪量変化

2000年度   デジタルカメラを利用したSPAD値の推定

2000年度   地球環境変化と我が国の降積雪の変動

2000年度   温暖化と降雪量変化

2000年度   Estimation about Snow in Japan under the Global Climate Change

2000年度   畑地・林地土壌によるメタン、一酸化炭素および水素ガスの吸収

2018年度   メッシュ農業気象データを使用した改良版牧草播種晩限日計算プログラム

2017年度   過去値と9日先までの予報値を含む1kmメッシュ積雪情報

2017年度   秋季温暖化に適応した夏季播種技術を支援する牧草の晩限日計算プログラム

2016年度   トウモロコシ花粉飛散ステージに対応した分光反射率に基づく植生指数等の変化

2016年度   北海道内は統計的に5つの気候に区分できる

2015年度   モンスーンインデックスと冬季気温を利用した農業雪害推定

2014年度   圃場の排水不良は暖候期に野良イモの生存率を低下させる

2014年度   全国農地の1kmメッシュ積雪深分布推定モデル

2014年度   農業被害を引き起こす大型哺乳類5種の分布拡大シミュレーション

2012年度   土壌凍結深の制御による野良イモ対策技術

2011年度   大規模農地でも適用可能な土壌凍結深制御手法

2010年度   防風ネット・防風植生による交雑抑制効果を評価する数値モデル

2008年度   極低温条件でも降水の量と継続時間を正確に長期間保守なしで実測できる測器の検証

2005年度   積雪地域におけるスギ花粉の飛散開始日の推定

2003年度   冬季の降水量観測値に対する捕捉損失の補正方式

2003年度   降水量計の捕捉損失を補正すると雪による降水量は観測値よりはるかに多くなる

2003年度   トウモロコシ花粉飛散量自動モニター装置の開発

2003年度   冬期の降水量観測値に対する捕捉損失の補正方式

2003年度   降水量計の捕捉損失を補正すると雪による降水量は観測値よりはるかに多くなる

2001年度   生育阻害要因を考慮した日本の水稲生産の温暖化に対するぜい弱性の評価

2001年度   降雪に対する各種降水量計の捕捉率

2016-2018年   [独立行政法人日本学術振興会 科学研究費助成事業]   ドローンを使ったおいしい牧草生成のための施肥システムの構築

2013-2015年   [独立行政法人日本学術振興会 科学研究費助成事業]   厳寒地冬季の気象条件における農業気象情報システムの構築と精緻化

2013-2015年   [日本医療研究開発機構 戦略推進部(医薬品研究課)]   薬用植物、生薬の持続的生産を目指した新品種育成および新規栽培技術の開発並びにこれらの技術移転の基盤構築に関する研究

2012-2013年   [独立行政法人日本学術振興会 科学研究費助成事業]   北日本における時空間遠隔相関を適用した小麦の予測的リスク低減手法の創出

2010-2012年   [独立行政法人日本学術振興会 科学研究費助成事業]   日本の降雪変動と農業影響の解明

この記事は