西森 敬

所属機関名 国立研究開発法人 農業・食品産業技術総合研究機構 動物衛生研究部門
肩書き 主席研究員
氏名 西森 敬
連絡先(電話番号) 029-838-7708
所在都道府県名 茨城県
見える化ID 001059
URL http://www.naro.affrc.go.jp/niah-neo/index.html
カテゴリ

研究情報

2009年度   Comparison of a Variable-Number Tandem-Repeat (VNTR) Method for Typing Mycobacterium avium with Mycobacterial Interspersed Repetitive-Unit-VNTR and IS1245 Restriction Fragment Length Polymorphism Typing

2009年度   Association between mycobacterial genotypes and disease progression in Mycobacterium avium pulmonary infection

2007年度   Mycoplasma hyopneumoniaeの薬剤感受性試験ならびにマクロライド耐性簡易スクリーニング法の開発

2006年度   臨床由来Mycobacterium aviumにおけるVariable Numbers of Tandem Repeats型別解析法の有用性の検討

2006年度   VNTR型別の基礎と応用

2006年度   Molecular epidemiology of tuberculosis by the use of IS6110 restriction fragment length polymorphism: a study from 2001 to 2003(IS6110 RFLP解析に基づく,結核の分子疫学的検討-2001年~2003年-)

2006年度   リアルタイムPCRによるヨーネ病遺伝子診断法

2006年度   バイオインフォマティックスにより開発された鳥型結核菌の分子疫学的手法

2002年度   静脈内接種感染実験モデルにおけるヨーネ菌の動態

2002年度   日本における牛マイコプラズマ性乳房炎の発生

2002年度   縦列反復配列を用いたウシ結核菌及び鳥結核菌の型別

2002年度   縦列反復配列を用いた結核菌群及びトリ結核菌の型別法について

2002年度   PCRによる豚増殖性腸炎の検出方法と上川管内における浸潤状況調査

2002年度   北海道における牛マイコプラズマ性乳房炎の発生

2002年度   Streptococcus canisによる牛乳房炎の集団発生事例

2002年度   上川管内で発生した豚増殖性腸炎と浸潤状況調査

2002年度   日本における牛マイコプラズマ性乳房炎の発生

2001年度   牛由来Salmonella TyphimuriumのFluorescent Amplified-Fragment Length Polymorphism(FAFLP)によるタイピング

2001年度   縦列反復配列を用いたウシ結核菌の型別

2001年度   VNTR型別法を使ったウシ結核菌の分子疫学的研究

2001年度   牛群における牛ヘルペスウイルス2型の浸潤状況調査

2001年度   Random Amplification DNA Fingerprintingによる牛乳房炎主要原因菌種の同定

2001年度   Ramdom Amplificationj DNA Fingerprinting による牛乳房炎主要原因菌種同定法の検討

2001年度   Salmonella serovar Abortusequi(SA)の遺伝子型とゲノムサイズ

2001年度   Fluorescent Amplified-Fragment Length Polymorphism (FAFLP)を用いた牛由来Salmonella Typhimuriumの遺伝子型別

2001年度   ヨーネ菌のMPIL型別法の改良

2001年度   ウシ結核菌のVNTR型別

2001年度   縦列反復配列を用いた鳥結核菌の型別

2000年度   牛ヘルペス2型(BHV2)遺伝子検出のためのPCR法の検討

2000年度   Molecular typing and epidemiological study of Salmonella enterica serotype Typhimurium isoaltes from cattle by fluorescent amplified-fragment length polymorphism fingerprinting and pulsed-field gel electrophoresis.

2000年度   Experimental transmission of sheep-associated malignant catarrhal fever from sheep to Japanese deer (Cervus nippon) and cattle

2000年度   Natural transmission patterns of ovine herpesvirus 2 in sheep

2000年度   牛,鹿,羊における悪性カタル熱ウイルスの感染様式の解明

2000年度   Epidemiology of bovine mycoplasmal mastitis in Japan

2000年度   子羊における羊ヘルペスウイルス-2の伝播様式

2000年度   Mycobacterium avium subsp. paratuberculosis with multi-PCR products

2000年度   IS900検出PCRにおいて複数産物を持つ株におけるIS900遺伝子の重複

2000年度   ヨ-ネ菌変異株における複数PCR産物のシークエンス

2000年度   ヨーネ病

2000年度   複数PCR産物を持ったヨ-ネ菌

2000年度   畜産環境材料からのListeria monocytogenes分離と分子疫学的解析法

この記事は