江口 正浩

所属機関名 国立研究開発法人 農業・食品産業技術総合研究機構 動物衛生研究部門
肩書き 上級研究員
氏名 江口 正浩
連絡先(電話番号) 029-838-7708
所在都道府県名 茨城県
見える化ID 001051
URL http://www.naro.affrc.go.jp/niah-neo/index.html
カテゴリ

研究情報

2018年度   豚増殖性腸炎を引き起こしたローソニア菌の国内初となるゲノムドラフト解析

2018年度   豚丹毒菌血清型1および2型を規定する遺伝子領域

2018年度   サルモネラ経口感染に対して有意に感染防御を誘導する抗原

2018年度   豚丹毒菌の臨床上重要な血清型を同定できるマルチプレックスPCR法

2017年度   国内で流行している豚丹毒菌強毒株の簡易な遺伝子型別法の開発

2017年度   豚丹毒生ワクチンを使用する農場では慢性型豚丹毒が発生する

2017年度   サルモネラO4抗体を用いた凝集反応はO5抗原の有無により凝集値が異なる

2017年度   近年の急性型豚丹毒の発生は遺伝学的に近縁な集団株が原因である

2016年度   サルモネラに対する感染防御にはたらくモノクローナル抗体を作製

2015年度   豚丹毒菌生ワクチン株と野生株とを識別できるPCR法の開発

2015年度   安全で効果の高い豚丹毒生ワクチン候補株

2015年度   新規のサルモネラワクチンに利用可能な防御抗原の同定

2014年度   抗サルモネラO4抗体検出用競合エライザ法の開発

2013年度   豚丹毒菌の新規ワクチン候補抗原CbpBの同定

2013年度   アカバネウイルスに対する中和抗体を誘導する抗原領域の同定

2012年度   豚インターロイキン18を発現する豚丹毒菌は接種動物の免疫反応を増強する

2012年度   豚丹毒菌の病原性発揮に莢膜多糖を修飾するフォスフォリルコリンが重要である

2011年度   ベクターワクチン開発の基礎となる豚丹毒菌の全ゲノム解読

2016-2018年   [独立行政法人日本学術振興会 科学研究費助成事業]   サルモネラ感染防御に関与する菌体成分を用いた宿主免疫応答の解析

2015-2016年   [独立行政法人日本学術振興会 科学研究費助成事業]   サルモネラ感染防御に関与する抗原の同定

2014-2015年   [独立行政法人日本学術振興会 科学研究費助成事業]   サルモネラ感染を防御するF(ab)2の新たな機能解析

2013-2014年   [独立行政法人日本学術振興会 科学研究費助成事業]   サルモネラ感染防御に関与するモノクローナル抗体と認識抗原の機能解析

2007-2008年   [独立行政法人日本学術振興会 科学研究費助成事業]   百日咳起因菌の感染によって誘導される特異抗体の検索

2003-2004年   [独立行政法人日本学術振興会 科学研究費助成事業]   ストレス応答プロテアーゼ欠損変異株を用いたサルモネラワクチンの開発

2001-2002年   [独立行政法人日本学術振興会 科学研究費助成事業]   弱毒化サルモネラを担体とした経口ワクチンによる細胞性免疫の誘導

この記事は