廣田知良

所属機関名 国立研究開発法人 農業・食品産業技術総合研究機構 北海道農業研究センター
肩書き グループ長
氏名 廣田知良
連絡先(電話番号) 011-857-9234
所在都道府県名 北海道
見える化ID 000104
URL
カテゴリ 寒地 季節変動 生育環境モデル 土壌凍結地帯管理技術

研究情報

2014年度   平成24年南空知豪雪による農業雪害とリスク評価

2014年度   Estimating NEE in a wheat-planted plot with an automatically controlled chamber.

2014年度   Sensitivity of wheat yield to temperature changes with regional sunlight characteristics in eastern Hokkaido

2014年度   Effects of saturated hydraulic conductivity on volunteer potato (Solanum tuberosum L.) tuber survival

2013年度   Effective killing of volunteer potato (Solanum tuberosum L.) tubers by soil frost control using agrometeorological information: an adaptive countermeasure to climate change in a cold region.

2013年度   Water and nitrate movements in an agricultural field with different soil frost depths: field experiments and numerical simulation

2013年度   凍結形態の異なる土壌への融雪水の浸入

2012年度   北海道の気候条件から見た土壌凍結深制御による野良イモ防除の作業日程

2012年度   Influences of winter climatic conditions on the relation between annual mean soiland air temperatures from central to northern Japan

2012年度   土壌凍結深の制御による野良イモ対策技術

2012年度   Influence of Higher Growing Season Temperatures on the Yield Components on Winter Wheat (Triticum aestivum L.)

2012年度   Decreasing soil frost depth and its influence on the soil water and nitrate movements in Tokachi, Hokkaido, Japan

2012年度   北海道の気候条件から見た土壌凍結深制御による野良イモ防除の作業日程

2012年度   Influences on CO2 flux by snow-cover, soil-frost and other meteorological elements over agricultural land

2012年度   Influences of winter climatic conditions on the relation between annual mean soil and air temperatures from central to northern Japan

2012年度   Influence of Higher Growing Season Temperatures on the Yield Components on Winter Wheat (Triticum aestivum L.). Crop Science

2012年度   土壌凍結深制御による野良イモ防除における前処理作業の効果(第2報)

2012年度   土壌凍結深制御による野良イモ対策

2012年度   Influence of Higher Growing Season Temperatures on the Yield Components on Winter Wheat (Triticum aestivum L.).

2011年度   土壌凍結深や地温が融雪期における融雪水の深層への浸透に与える影響.

2011年度   Accumulation of nitrous oxide and depletion of oxygen in seasonally frozen soils in northern Japan - Snow cover manipulation experiments

2011年度   Comparison of soil frost and thaw depths measured using frost tubes and other methods

2011年度   Experimental study on sample size for laboratory calibration tests of commercial dielectric soil water sensors

2011年度   Influence of rain, air temperature, and snow cover on subsequent spring-snowmelt infiltration into the thin frozen soil layer in northern Japan.

2011年度   Influences of snow cover and soil-frost on ground surface flux and soil gas concentration of CO2 in an agricultural land in northern Japan

2011年度   Soil frost control: agricultural adaptation to climate variability in a cold region of Japan

2010年度   「北海道芽室町の畑地における温暖化時の最大土壌凍結深予測」

2010年度   凍結・湛水条件でも実施可能な土壌ガスのモニタリング方法

2009年度   大規模土地利用型農業で実現したパッシブ制御-土壌凍結を活用した野良イモ防除-

2009年度   Estimation of surface moisture availability on bare soil from meteorological and surface soil temperature measurement and its parameterization without soil moisture.

2008年度   搾乳牛舎パーラー排水処理のための伏流式人工湿地(ヨシ濾床)システム

2008年度   Application of the extended force-restore model to estimate soil- frost depth in the Tokachi region of Hokkaido, Japan

2008年度   農林水産系廃棄物を利用した融雪材の開発と融雪促進効果の検証

2008年度   Seasonal and annual water balance of agricultural land in Tokachi, Hokkaido, Japan

2008年度   Comparison of solid precipitation data by using 4 method in Tokachi plain.

2007年度   Temperature trend in Hitsujigaoka, Sapporo, in 40 years from 1966 to 2005.

2007年度   250m Square Grid Meteorological Information with a Local Weather Station Network and Its Application for Crop management

2007年度   Comparison of snowmelt infiltration under different soil-freezing conditions influenced by snow cover

2006年度   Mapping of First-Frost Days and Risk of Frost Damage to Soybeans

2006年度   Decreasing Soil-Frost Depth and Its Relation to Climate Chgange in Tokachi, Hokkaido, Japan

2006年度   十勝地方の土壌凍結深の顕著な減少および気候変動との関連

2006年度   十勝地方での降雪量観測

2006年度   3種類の降水量計による冬季比較観測

2006年度   Extended Force-Restore Modelで構築された土壌凍結深推定モデルの十勝地方火山灰土における検証

2005年度   道央の温度条件とホウレンソウの寒締め作型

2005年度   Monitoring over-winter soil water dynamics in a freezing and snow covered environment using a thermally insulated tensiometer.

2005年度   Snowmelt energy balance and its relation to foehn events in Tokachi, Japan

2005年度   北海道道央における葉菜類の寒締め栽培適応性の検討

2004年度   十勝平野における12月の積雪期間の推定と分布

2002年度   正確、簡便で汎用性のある新しい地温の計算方法

2002年度   積雪・土壌凍結地帯における耕地気象の評価に関する研究

2002年度   積雪・凍土地帯条件下の農地における熱と水の動態に関する研究

2002年度   耕起方法が転換畑の土壌水分環境に及ぼす影響

2002年度   ミスト噴霧による雨よけハウスの冷房-間欠噴霧の冷却効果-

2002年度   北海道土層凍結地帯の畑圃場における土壌水分移動の把握

2002年度   積雪・土壌凍結地帯向けの気象・水文自動観測システムの構築

2002年度   冬期間に土壌が凍結する地帯の土壌凍結状態と水移動のモニタリング

2002年度   An extension of the force-restore method to estimating soil temperature at depth and evaluation for frozen soils under snow.

2002年度   凍った土壌を水は流れるのか

2002年度   大豆の最大繁茂量の推定

2002年度   Force-Restore Methodを応用した新しい地中温度の計算法

2001年度   カナダ在外研究記-カナダ、サスカチュワン州のある農家との交流のはなし-

2001年度   地中温度の新しい計算方法の提案

2001年度   論文: Extension of the Force Restore Method for Estimating Deep Soil Temperature ; Frozen Soil Depth

2000年度   Simplification of a land-surface energy balance model for seasonal applications in Japan and Canada

2000年度   Development of a simple model for estimating soil temperature and frozen soil depth using force-restore approach

2000年度   水収支法による評価法

2000年度   地中熱流量と水体・森林貯熱量

2000年度   A Simple Method for Evaluating the Soil Moisture Availability

2000年度   入手が容易な気象データからの地温、蒸発量の推定方法

2000年度   農地の熱・水交換係数の簡易パラメータ化手法

2000年度  

2000年度   Assessing the physical environment under snow and the distribution of snow in northern Japan.

2000年度   A Simple Method For Evaluating the Soil Moisture Availability

2000年度   蒸発効率の簡易パラメータ化手法の開発

2000年度   入手が容易な気象データからの地温,蒸発量の推定法

2000年度   地中温度,土壌水分

2000年度   A New approach to estimate the evaporation efficiency

2000年度   第3回GEWEX国際会議(第4回GAME国際研究集会との共催)参加報告

2018年度   北海道水稲の発育予測モデルにおける品種の早晩を適切に推定するパラメータ作成法

2018年度   温暖化の季節的偏りが北海道のジャガイモの収量を減少させている

2018年度   圧雪による凍土の発達は融雪水の表面流出を促し硝酸態窒素の溶脱を抑制する

2018年度   圧雪処理(雪踏み)は野良イモ対策と秋まき小麦の収量確保の両立を可能にする

2017年度   気候変動で北海道の産地でワイン用ブドウ「ピノ・ノワール」が栽培可能に

2017年度   過去値と9日先までの予報値を含む1kmメッシュ積雪情報

2017年度   野良イモ防除と環境負荷低減を両立する最適な土壌凍結深

2016年度   北海道内の醸造用ブドウ栽培適域の将来予測

2016年度   北海道内は統計的に5つの気候に区分できる

2015年度   モンスーンインデックスと冬季気温を利用した農業雪害推定

2015年度   道東の小麦収量に対する高温の影響は地域の日照特性により変化する

2014年度   圃場の排水不良は暖候期に野良イモの生存率を低下させる

2014年度   全国農地の1kmメッシュ積雪深分布推定モデル

2012年度   北海道における秋まき小麦の収量構成要素と生育気温の関係

2012年度   土壌凍結の発達程度が冬期の硝酸態窒素の移動に与える影響

2012年度   土壌凍結深の制御による野良イモ対策技術

2011年度   大規模農地でも適用可能な土壌凍結深制御手法

2010年度   土壌凍結地帯に適用できる融雪水の浸透量を評価するための方法

2010年度   凍結・湛水条件でも実施可能な土壌ガスのモニタリング方法

2009年度   土壌凍結層の有無による冬期(厳寒期)の土壌水分移動様式の違い

2008年度   搾乳牛舎パーラー排水処理のための伏流式人工湿地(ヨシ濾床)システム

2008年度   可搬型気象ロボットの利用でメッシュ気象値の良精度推定地域を拡大できる

2008年度   極低温条件でも降水の量と継続時間を正確に長期間保守なしで実測できる測器の検証

2007年度   近年浅くなった十勝の土壌凍結層は融雪水が浸透する

2007年度   入気口前散水による温度勾配チャンバー内の温度環境改善

2007年度   都市化影響の僅かな地点における気温の長期上昇程度

2006年度   十勝地方の土壌凍結深の顕著な減少および気候変動との関連

2006年度   北海道の水稲潜在生産力はオホーツク海高気圧型冷夏では低下しない

2005年度   道央の温度条件とホウレンソウの寒締め作型

2005年度   寒締めホウレンソウの栽培支援に有効な地温-生育モデル

2004年度   凍土層下の非凍結土壌のマトリックポテンシャルを計測するためのテンシオメータ

2004年度   気象観測ロボット網を活用する 250m メッシュの小麦成熟期予測マップ

2004年度   降霜確率にもとづく 作物初霜害のリスクマップ

2004年度   気象観測ロボット網を活用する250mメッシュの小麦成熟期予測

2004年度   降霜確率にもとづく作物初霜害のリスクマップ

2004年度   凍土層下の非凍結土壌のマトリックポテンシャルを計測するためのテンシオメータ

2002年度   正確、簡便で汎用性のある新しい地温の計算方法

1999年度   気象衛星の赤外データを用いた日積算全天日射量分布図

2015-2016年   [独立行政法人日本学術振興会 科学研究費助成事業]   土壌凍結深制御の拡張に関する基礎的研究

2013-2015年   [独立行政法人日本学術振興会 科学研究費助成事業]   厳寒地冬季の気象条件における農業気象情報システムの構築と精緻化

2012-2013年   [独立行政法人日本学術振興会 科学研究費助成事業]   北日本における時空間遠隔相関を適用した小麦の予測的リスク低減手法の創出

2010-2012年   [独立行政法人日本学術振興会 科学研究費助成事業]   日本の降雪変動と農業影響の解明

2010-2012年   [農林水産省 農林水産技術会議]   土壌凍結深制御手法による野良イモ対策技術の確立

2008-2010年   [環境省 環境研究総合推進費]   気候変動に対する寒地農業環境の脆弱性評価と積雪・土壌凍結制御による適応策の開発

2006-2009年   [独立行政法人日本学術振興会 科学研究費助成事業]   気候別アジア地域水田の温室効果ガス発生・吸収機構の解明と発生削減管理法の開発

この記事は