真瀬 昌司

所属機関名 国立研究開発法人 農業・食品産業技術総合研究機構 動物衛生研究部門
肩書き ユニット長
氏名 真瀬 昌司
連絡先(電話番号) 029-838-7708
所在都道府県名 茨城県
見える化ID 001020
URL http://www.naro.affrc.go.jp/niah-neo/index.html
カテゴリ

研究情報

2014年度   Phylogenetic Analysis of Fowl Adenoviruses Isolated from Chickens with Gizzard Erosion in Japan

2014年度   Phylogenetic analysis of avian paramyxovirus serotype-1 in pigeons in Japan

2014年度   Surveillance of avian paramyxovirus serotype-1 in migratory waterfowls in Japan between 2011 and 2013.

2013年度   Pathogenesis in Eurasian Tree Sparrows Inoculated with H5N1 Highly Pathogenic Avian Influenza Virus and Experimental Virus Transmission from Tree Sparrows to Chickens

2013年度   Patholgenesis of Newcastle disease in vaccinated chickens: pathogenicity of isolated virus and vaccine effect on challenge of its virus

2012年度   Intraocular vaccination with an inactivated highly pathogenic avian influenza virus induces protective antibody responses in chickens

2012年度   Genetics and infectivity of H5N1 highly pathogenic avian influenza viruses isolated from chickens and wild birds in Japan during 2010-2011

2012年度   Development and application of one-step multiplex reverse transcription PCR for simultaneous detection of five diarrheal viruses in adult cattle.

2012年度   PCR法および遺伝子解析によるトリアデノウイルスの同定・型別法と鶏封入体肝炎発生例への応用

2012年度   Detection of fowl adenovirus DNA from formalin-fixed and paraffin-embedded sections by polymerase chain reaction (PCR) and classification of serotypes by sequencing of PCR products

2012年度   Fowl Adenoviruses Isolated from Chickens with Inclusion Body Hepatitis in Japan, 2009 - 2010

2012年度   Simple Differentiation of Avirulent and Virulent Strains of Avian Paramyxovirus Serotype-1 (Newcastle Disease Virus) by PCR and Restriction Endonuclease Analysis in Japan.

2011年度   Inclusion body hepatitis caused by fowl adenovirus in broiler chickens in Japan, 2009-2010

2011年度   Induction of a cross-reactive antibody response to influenza virus M2 antigen in pigs by using a Sendai virus vector

2011年度   Limited susceptibility of pigeons experimentally inoculated with H5N1 highly pathogenic avian influenza viruses

2011年度   Induction of a cross-reactive antibody response to influenza virus M2 antigen in pigs by using a Sendai virus vector

2010年度   Analysis of the fusion protein gene of Newcastle disease viruses isolated in Japan.

2010年度   A novel genotype of avian infectious bronchitis virus isolated in Japan in 2009.

2010年度   Avian poxvirus infection in flamingos (Phoenicopterus roseus) in a zoo in Japan.

2010年度   Detection of highly pathogenic avian influenza virus infection in vaccinated chicken flocks by monitoring antibodies against non-structural protein 1 (NS1).

2010年度   2009年のウズラ由来H7N6亜型高病原性鳥インフルエンザウイルスの感染経路の推定

2009年度   A latex agglutination test using a recombinant nucleoprotein for detection of antibodies against avian influenza virus.

2009年度   Serological studies of infectious bronchitis vaccines against Japanese field isolates of homologous and heterologous genotypes

2009年度   A latex agglutination test using a recombinant nucleoprotein for detection of antibodies against avian influenza virus

2008年度   日本でオオハクチョウから分離されたH5N1亜型高病原性鳥インフルエンザウイルスは過去の発生ウイルスとは遺伝的・抗原的に異なる

2007年度   2005年に茨城県で分離されたH5N2鳥インフルエンザウイルスの性状

2007年度   Characterization of H9N2 influenza A viruses isolated from chicken products imported into Japan from China.

2006年度   茨城県発生の弱毒ウイルスによる鳥インフルエンザ

2004年度   岡山県におけるアイノウイルスの流行とその病原性

2004年度   日本で発生した高病原性鳥インフルエンザの遺伝子型及び病原性

2003年度   中国から輸入された家きん肉からのニューカッスル病ウイルス及びH9N2亜型トリインフルエンザウイルスの分離

2003年度   アイガモにおける家禽感染症モニタリング調査結果と分離されたニューカッスル病ウイルスの性状

2002年度   日本および外国の心膜水腫症候群由来アデノウイルスのSPF鶏に対する病原性の比較

2002年度   Molecular characterization of the nucleocapsid protein gene of Newcastle disease virus strains in Japan and development of a restriction enzyme-based rapid pathotyping method

2002年度   モノクローナル抗体結合ラテックスビーズによる鶏貧血ウイルス抗体の検出

2002年度   中国産輸入家きん肉からのニューカッスル病ウイルス及びH9N2亜型トリインフルエンザウイルスの分離と分離株の性状

2002年度   モノクローナル抗体(MAb)結合ラテックスビーズを用いたA型インフルエンザウイルス(AIV) 抗原と抗体検出の試み

2002年度   我が国の出荷ブロイラーにおけるアデノウイルス性筋胃びらんの発生状況

2002年度   ニューカッスル病ウイルスの分子疫学

2001年度   Imported parakeets harbor H9N2 influenza A viruses that are genetically closely related to those transmitted to humans in Hong Kong

2001年度   ブロイラー鶏の膵臓壊死と筋胃びらんを伴う心膜水腫症候群の病理

2001年度   ニューカッスル病ウイルス国内分離株の分子系統解析

2001年度   鶏の心膜水腫症候群の原因究明

2001年度   鶏の急性致死性ウイルス感染症における肺の比較病理学

2001年度   クマタカにおける筋胃線虫症

2001年度   グループ■トリアデノウイルス血清型1による筋胃びらん野外例および実験的筋胃びらん

2001年度   VP2抗原を大量に発現するヘルペスウイルスベクターは伝染性ファブリキウス嚢病を完全に阻止

2001年度   ウイルスベクターに挿入するIBDV遺伝子の検討

2001年度   国内分離ニューカッスル病ウイルスの分子疫学

2001年度   免疫抑制剤処理鶏における封入体肝炎由来アデノウイルスによる心膜水腫症候群の再現

2001年度   抗原を大量発現するヘルペスウイルスベクターによる高いワクチン効果の長期間持続

2001年度   伝染性ファブリキウス嚢病ウイルス抗原を大量発現するヘルペスウイルスベクターによる高いワクチン効果の長期間持続

2000年度   Identification of pathogenicity related gene of chicken anemia virus

2000年度   鶏貧血ウイルス病原性関連遺伝子の同定

2000年度   Isolation and characterization of fowl adenovirus from chickens with hydropericardium syndrome in Japan.

2000年度   鶏病ウイルスに対するLMH細胞の感受性

2000年度   心膜水腫症候群由来トリアデノウイルスの解析

2000年度   Strong and long-lasting protective immunity against very virulent infectous bursal disease virus induced by dual viral vecor systems

2000年度   Dual-viral vector approach induced strong and long-lasting protective immunity against very virulent infectious bursal disease virus

2000年度   2種類の組換えワクチンの併用による防御免疫の誘導とその持続

2000年度   Avian Nephritis Virus (ANV) as a New Member of the Family Astroviridae and Construction of Infectious ANV cDNA.

2000年度   Induction of hydropericardium in one-day-old specific-pathogen-free chicks by adenoviruses from inclusion body hepatitis.

2000年度   Quantification of chicken anaemia virus by competitive polymerase chain reaction

2000年度   Strong and long-lasting protectiveimmunity against very virulent infectious bursal disease virus induced by a dual viral vector approach

2018年度   ニューカッスル病ウイルスの免疫組織化学的検出法

2017年度   免疫原性を有する牛パピローマウイルス様粒子の作出

2015年度   野鳥におけるトリパラミクソウイルス1型(ニューカッスル病ウイルス)の保有状況

2012年度   PCR法および遺伝子解析によるトリアデノウイルスの同定・型別法と鶏封入体肝炎発生例への応用

2012年度   豚におけるセンダイウイルスベクターを用いたインフルエンザウイルス共通抗原に対する抗体応答の誘導

2010年度   2009年のウズラ由来H7N6亜型高病原性鳥インフルエンザウイルスの感染経路の推定

2009年度   PCR法による鳥インフルエンザウイルスの亜型判定

2009年度   高病原性鳥インフルエンザウイルスの鶏病原性はマクロファージ細胞等でのウイルス増殖力に起因する

2008年度   日本でオオハクチョウから分離されたH5N1亜型高病原性鳥インフルエンザウイルスは過去の発生ウイルスとは遺伝的・抗原的に異なる

2007年度   2005年に茨城県で分離されたH5N2鳥インフルエンザウイルスの性状

2007年度   H5N1高病原性鳥インフルエンザウイルスはアイガモおよびガチョウの羽上皮細胞で増殖する

2006年度   高病原性H5N1亜型鳥インフルエンザウイルスはマウス継代でその病原性が増強する

2005年度   輸入アヒル肉からの新規遺伝子型H5N1鳥インフルエンザウイルスの分離

2004年度   日本で発生した高病原性鳥インフルエンザの遺伝子型及び病原性

2002年度   効果の高い組換え伝染性ファブリキウス嚢病ワクチンの開発

2002年度   日本で分離されたニューカッスル病ウイルスの分子疫学的解析

この記事は