上田靖子

所属機関名 国立研究開発法人 農業・食品産業技術総合研究機構 北海道農業研究センター
肩書き 上級研究員
氏名 上田靖子
連絡先(電話番号) 011-857-9490
所在都道府県名 北海道
見える化ID 000101
URL
カテゴリ 飼育技術 飼料設計 乳牛

研究情報

2014年度   イアコーンサイレージ給与が乳牛の乳生産性と乳中揮発性成分に及ぼす影響

2014年度   Comparison of urinary cortisol levels in Holstein and Japanese Shorthorn cows in response to breeding system and heat stress

2014年度   国産ダブルローナタネ(Brassica napus L.)品種由来搾油粕の飼料特性および泌乳牛に対する給与効果

2011年度   The use of a physical activity monitor to estimate the eating time of cows in pasture

2011年度   イアコーンサイレージの大規模収穫調製技術

2011年度   The use of a physical activity monitor to estimate the eating time of cows in pasture

2011年度   Twelve oxo-arachidonic acid induces fetal membrane release after delivery in cows.

2010年度   Short communication: effect of grazing on the concentrations of total sialic acid and hexose in bovine milk.

2009年度   自由採食下の泌乳初期所産牛における反芻胃容積、消化管内容物および内容物滞留時間

2007年度   Effects of intramuscular fat deposition on the beef traits of Japanese Black steers (Wagyu)

2007年度   Selenium addition to colostrum increases immunoglobulin G absorption by newborn calves.

2005年度   牛乳中の放射性核種に関する調査研究

2003年度   玄米および白米給与が肥育豚の増体および体脂肪の性状に及ぼす影響

2002年度   牛肉の硬さの官能検査と剪断力価による評価および脂肪含量の関係

2002年度   日本短角種の血漿IGF-1、甲状腺ホルモン基礎値並びに乳量・乳成分の変化

2002年度   コメの品種および形態が牛の第一胃内消化に及ぼす影響

2002年度   乳清蛋白質濃縮物の給与が哺乳子牛の血漿中トリグリセリド及びビタミンA 濃度に及ぼす影響

2002年度   牛肉の遊離アミノ酸含量に及ぼす要因の検討

2002年度   ウシのと殺時における胸最長筋のカテプシンD遺伝子の発現

2002年度   黒毛和種及び日本短角種の乳量及び乳成分の変化

2002年度   放牧終了後の牛肉の皮下脂肪色とカロテノイド含量の変化

2001年度   黒毛和種泌乳牛の乳量、乳成分並びに血漿中のホルモン及び代謝産物濃度に及ぼすGRFアナログ投与の影響

2001年度   画像解析によるカット牛肉の水分,粗タンパク質および粗脂肪重量の高精度な推定

2001年度   黒毛和種及び日本短角種の乳量及び乳成分の変化

2000年度   Profiles of growth hormone and insulin secretion in Japanese Black (beef type) and Holstein (dairy type) cows during lactation.

2000年度   黒毛和種(B)及びホルスタイン種(D)雌牛の泌乳期における代謝ホルモン分泌特性:1.成長ホルモン(GH)分泌機能ならびに乳量、乳成分の変化

2000年度   イネサイレージの維持量給与時の第一胃内メタン発生量と添加濃厚飼料の影響

2000年度   牛の月齢および品種の違いが牛肉の遊離アミノ酸含量に及ぼす影響

2000年度   泌乳中の黒毛和種及びホルスタイン種雌牛の成長ホルモン及びインスリン分泌機能の比較

2000年度   初産・経産牛のグルコース代謝の違いについて

2000年度   Acute phase responses and metabolic and hormonal changes induced by recombinant bovine tumor necrosis factor alpha in calves

2000年度   組換え型牛TNFの連続投与がホルスタイン種去勢牛のインスリン及びGH放出に及ぼす影響

2000年度   ホルスタイン種肥育牛における組換え型牛TNF誘導インスリン抵抗性に及ぼすチアゾリジンの影響

2000年度   黒毛和種(B)及びホルスタイン種(D)種雌牛の泌乳期における代謝ホルモン分泌特性:2.インシュリン(Isn.)分泌機能及び感受性の変化

2000年度   黒毛和種(B)及びホルスタイン種(D)種雌牛の泌乳期における代謝ホルモン分泌特性:3.血漿NEFA、BUN及びIGF-1濃度の変化

2000年度   ウシの各種筋肉内における熟成中の遊離アミノ酸増加パターン

2000年度   ジェネティックアルゴリズムの応用による牛血漿成分と近赤外スペクトルの関連付け

2000年度   熟成中における鹿肉の不快臭生成とその制御

2000年度   組換え型牛TNF-αの連続投与がホルスタイン種去勢牛のインスリン及びGH放出に及ぼす影響

2000年度   Acute phase responses and metabolic and hormonal changes induced by recombinant bovine tumor necrosis factor alpha in calves.

2000年度   ホルスタイン種肥育牛における組換え型牛TNF-α誘導インスリン抵抗性に及ぼす2,4-thiazolidinedioneの影響

2000年度   Effect of repeated administration of recombinant bovine tumor necrosis factor on insulin sensitivity and hormone secretion in steers.

2018年度   イアコーンサイレージ給与乳を原料とするUHT牛乳およびヨーグルトの官能評価特性

2018年度   イアコーンサイレージの給与は乳牛の夏季における乳生産性低下を緩和する

2017年度   飼養条件および加工処理の違いは牛乳の官能評価特性に影響する

2017年度   国産トウモロコシ子実サイレージで泌乳牛用飼料の圧ぺんトウモロコシを代替可能

2016年度   トウモロコシ子実主体サイレージ(HMSCおよびCCM)の生産利用技術

2016年度   イアコーンサイレージ生産・利用技術マニュアル第2版

2015年度   放牧飼養により牛乳中のシアル酸濃度が増加する

2015年度   トウモロコシ子実サイレージ(ハイモイスチャーシェルドコーン)の飼料特性と乳生産

2014年度   国産ダブルローナタネ粕は大豆粕の代替として泌乳牛に給与できる

2014年度   イアコーンサイレージ給与による乳中ラクトン含量の変化

2014年度   飼育環境の違いによるストレス反応はウシの品種間で異なる

2011年度   牛パピローマウイルスを効率的に検出するPCR法

2011年度   イアコーンサイレージの大規模収穫調製技術

2011年度   市販の運動強度計により放牧地における搾乳牛の採食時間が測れる

2010年度   時間制限放牧とオーチャードグラス採草兼用地利用による省面積な放牧システム

2010年度   放牧牛乳に特徴的な揮発性成分

2009年度   イアコーンは機械収穫でき、そのサイレージは嗜好性と栄養価が高い

2009年度   モッツァレラタイプのチーズ製造過程における放牧飼養乳中脂肪酸の変化

2008年度   牛肉中の甘い香りを含む揮発性物質を迅速・簡便に測定する方法

2007年度   放牧生産乳を原料とするチーズの特性と試験販売での評価

2006年度   短草利用放牧草の粗タンパク質含量の季節変動と乳中尿素態窒素含量の関係

2006年度   バレイショでん粉粕サイレージの飼料特性と泌乳牛への給与法

2006年度   妊娠牛の血漿及び胎子胎盤中マトリックスメタロプロテアーゼ活性変化

2006年度   アラキドン酸は牛胎子胎盤由来培養繊維芽細胞のマトリックスメタロプロテアーゼを活性化する

2005年度   初乳への無機セレンの添加は子牛への免疫グロブリン移行を高める。

2005年度   低温条件下でのジャガイモデンプン粕のサイレージ発酵特性

2004年度   牛筋肉の遊離L-カルニチン含量の変動要因

2004年度   牛筋肉のアンセリン及びカルノシンの迅速測定法と筋肉中の含量

2004年度   泌乳初期の乳牛の採食量は第一胃内容量による物理的制約を受ける

2004年度   牛筋肉の遊離L-カルニチン含量の変動要因

2004年度   牛筋肉のアンセリン及びカルノシンの迅速測定法と筋肉中の含量

2004年度   泌乳初期の乳牛の採食量は第一胃内容量による物理的制約を受ける

2003年度   放牧と牛肉中のパストラルフレーバーの関係

2003年度   牛肉の脂肪交雑と理化学的特性の関係

2003年度   放牧と牛肉中のパストラルフレーバーの関係

2003年度   牛肉の脂肪交雑と理化学的特性の関係

2002年度   腫瘍壊死因子(TNF)は大腸菌性乳房炎にみられる全身製炎症反応を誘導する

2002年度   成長ホルモン放出ホルモンの連続投与は黒毛和種牛の乳量を増加させる

2002年度   高脂肪飼料を給与して肉用牛の第一胃からのメタン産生抑制

2002年度   稲発酵粗飼料と米ヌカの給与は肥育牛の血液中ビタミンE濃度を高める

2002年度   放牧後の稲ワラ給与と牛肉のカロテン及びビタミンEの関係

2001年度   肥育後期におけるイネホールクロップサイレージの給与効果

2001年度   腫瘍壊死因子(TNFα)は牛の成長ホルモン(GH)分泌を抑制する

2001年度   腫瘍壊死因子(TNFα)は牛の急性相反応における脂質代謝の変動を誘導する

2001年度   牛の品種及び-齢の差が牛肉の遊離アミノ酸量に及ぼす影響

2000年度   腫瘍壊死因子(TNFα)の投与は牛のインスリン感受性を低下させる

2000年度   β−ラクトグロブリンは哺乳子牛の脂質吸収を高める

2000年度   飼料米の肥育豚への給与は増体が良好で皮下脂肪を改善する

2004-2007年   [独立行政法人日本学術振興会 科学研究費助成事業]   分娩時胎盤剥離過程でのアラキドン酸誘導体の機能解明と新規分娩誘起法の開発

この記事は