筒井 俊之

所属機関名 国立研究開発法人 農業・食品産業技術総合研究機構 動物衛生研究部門
肩書き 研究領域長
氏名 筒井 俊之
連絡先(電話番号) 029-838-7708
所在都道府県名 茨城県
見える化ID 001008
URL http://www.naro.affrc.go.jp/niah-neo/index.html
カテゴリ

研究情報

2014年度   Injuries to staff engaged in foot-and-mouth disease eradication in Japan

2014年度   Light-emitting diode (LED)を利用したCulicoides属ヌカカ捕集用ライトトラップの開発

2014年度   Effectiveness of a short training session for improving pipetting accuracy

2014年度   紫外線LEDを用いた微小吸血昆虫(ヌカカ類)の採集装置の開発

2014年度   First isolation of border disease virus inJapan is from a pig farm with no ruminants

2014年度   Antimicrobial Resistance among Campylobacter Isolates Obtained from Retail Chicken Meat and Offal Products in Japan

2013年度   Light-emitting diode (LED)を利用したCulicoides属ヌカカ捕集用ライトトラップの開発

2013年度   Analysis of risk factors associated with bovine leukemia virus seropositivity within dairy and beef breeding farms in Japan: A nationwide survey

2013年度   Mathematical model of the 2010 foot-and-mouth disease epidemic in Japan and evaluation of control measures.

2013年度   Nationwide Survey of Bovine Leukemia Virus Infection among Dairy and Beef Breeding Cattle in Japan from 2009-2011

2013年度   Risk factors for the transmission of foot-and-mouth disease during the 2010 outbreak in Japan: a case-control study

2013年度   Sampling Strategies in Antimicrobial Resistance Monitoring: Evaluating How Precision and Sensitivity Vary with the Number of Animals Sampled per Farm

2012年度   Prevalence of immunity presumed using rabies vaccination history and household factors associated with vaccination status among domestic dogs in Japan.

2011年度   Future Course Prediction of the BSE Epidemic in Japan Using a Simulation Model

2011年度   Network simulation modeling of equine infectious anemia in the non-racehorse population in Japan

2011年度   Prevalence and growth kinetics of Shiga toxin-producing Escherichia coli (STEC) in bovine offal products in Japan.

2011年度   Risk factors for local spread of foot-and-mouth disease, 2010 epidemic in Japan

2011年度   Simulating the bovine spongiform encephalopathy situation in Japan

2011年度   The foot-and-mouth disease epidemic in Japan, 2010

2011年度   Detection of Culicoides brevitarsis Activity in Kyushu

2010年度   Estimation of within-herd transmission parameter of bovine leukemia virus

2010年度   Flight behavior of adult Culicoides oxystoma and Culicoides maculatus under different temperatures in the laboratory

2010年度   Quantitative Risk Assessment of Vibrio parahaemolyticus in Finfish: A Model of Raw Horse Mackerel Consumption in Japan

2009年度   我が国の地方病性牛白血病の発生動向と対策-その現状と課題-

2009年度   Risk factors associated with within-herd transmission of bovine leukemia virus on dairy farms in Japan

2008年度   アカバネウイルスによる牛の脳脊髄炎とその診断法

2007年度   Salmonella Typhimurium感染による乳用牛の成牛型サルモネラ症の発生要因分析

2007年度   わが国の牛ヨーネ病の発生動向と防疫体制の現状

2007年度   Milk replacers and bovine spongiform encephalopathy in calves, Japan

2006年度   日本における哺育牛の下痢対策実施状況に関する経営タイプ別分析

2006年度   Current Surveillance and Control Program on Paratuberculosis

2005年度   牛海綿状脳症の発生要因に関する地理的分析

2002年度   微生物学的リスクアセスメントへのモンテカルロ法の応用

2002年度   牛乳房炎に関わる要因分析

2002年度   BSEのリスクアナリシス

2002年度   世界の口蹄疫発生状況とリスク評価

2002年度   畜糞堆肥化処理によるクリプトスポリジウムオオシシストの消毒

2002年度   牛海綿状脳症(BSE)の疫学

2002年度   全国の牛の放牧場における疾病発生と家畜衛生対策の実態

2001年度   家畜伝染病の防疫とシュミレーションモデル

2001年度   BSE発生農場のシュミレーションモデルの確立とその応用

2001年度   乳牛及び肉牛の放牧場の全国実態調査(中間報告)

2001年度   牛のネオスポラ感染に関する危険因子の解析

2001年度   我が国における牛海綿状脳症(BSE)の初発生例について

2018年度   農場周辺の水辺の存在は鳥インフルエンザ発生のリスクとなる

2017年度   特定の遺伝子グループのアカバネウイルスが牛の脳脊髄炎を流行させている

2017年度   ヨーネ病感染牛は持続的な排菌の前に一過性に排菌することがある

2015年度   遺伝子内の特徴領域を用いた豚流行性下痢ウイルスの分子疫学解析法の開発

2015年度   近隣の埋却地は口蹄疫の発生リスクに影響を及ぼさない

2015年度   口蹄疫伝播モデルを用いた感染拡大の評価と効果的な防疫対策の検討

2015年度   牛白血病ウイルスの牛舎内伝播防止には分離飼育が有効である

2015年度   病院排水の流入が下水処理施設における薬剤耐性菌の分布率を上昇させる

2015年度   山羊関節炎・脳脊髄炎ウイルスの国内浸潤と感染リスク

2015年度   近年我が国で流行した豚流行性下痢(PED)ウイルス株の全ゲノム配列

2014年度   紫外線LEDを用いた微小吸血昆虫(ヌカカ類)の採集装置の開発

2014年度   豚コレラ清浄性確認検査で見出されたわが国初の羊のボーダー病ウイルス

2014年度   2010年の口蹄疫国内発生での防疫作業中の怪我は消毒薬による熱傷が多い

2014年度   日本における口蹄疫の感染拡大リスク評価マップの作成

2013年度   口蹄疫伝播シミュレーションモデルによる防疫対策の評価

2013年度   移動制限下における口蹄疫の農場間伝播に関わるリスク要因

2012年度   乳用牛および肉用繁殖牛における牛白血病ウイルスの全国浸潤状況

2011年度   ネットワークシミュレーションモデルを用いた馬伝染性貧血サーベイランスの評価

2011年度   口蹄疫の近隣伝播は牛農場よりも豚農場が起こしやすい

2011年度   反芻動物のアルボウイルスを媒介するオーストラリアヌカカは九州に広く分布する

2010年度   アカバネ病を媒介するウシヌカカは気温10℃以上で活動する

2010年度   2007年に実施された牛白血病ウイルス(BLV)浸潤状況調査

2010年度   馬の移動に伴う感染症の伝播リスクの評価

2009年度   酪農場における牛白血病ウイルス伝播のリスク要因の評価

2009年度   子牛のアカバネ病の移行抗体消失の月齢は地域によって異なる

2008年度   アカバネウイルスによる牛の脳脊髄炎とその診断法

2008年度   豚繁殖・呼吸障害症候群発生に伴う経済的損失は2006年の場合約280億円

2005年度   と畜場におけるBSE検査の定量的評価

2003年度   シミュレーションモデルによる口蹄疫摘発検査の評価

2002年度   全国の牛放牧場の衛生実態調査(2000年)

2001年度   クリプトスポリジウムオオシストは畜糞堆肥処理で消毒できる

2001年度   乳牛公共牧場のダニの汚染と小型ピロプラズマ病の疫学解析

2015-2017年   [独立行政法人日本学術振興会 科学研究費助成事業]   食品安全のためのリスクコミュニケーションモデルの開発とプロフェッションの要件

2013-2015年   [独立行政法人日本学術振興会 科学研究費助成事業]   離散変量に起因する不確かさの評価と標準的リスク対応の確立-食品微生物規格への反映

2012-2014年   [独立行政法人日本学術振興会 科学研究費助成事業]   家畜伝染病発生時の防疫理論に関する研究

2014-2014年   [日本医療研究開発機構 戦略推進部(感染症研究課)]   感染症対策における政策判断のための数理モデル研究基盤の構築と発展

2008-2010年   [農林水産省 農林水産技術会議]   我が国における家畜伝染性疾病のサーベイランスに関する研究

2007-2009年   [独立行政法人日本学術振興会 科学研究費助成事業]   科学を基礎とした食品安全行政/リスクアナリシスと専門職業、職業倫理の確立

2004-2006年   [独立行政法人日本学術振興会 科学研究費助成事業]   食品由来りリスクの解析と管理、情報交換、教育に関する総合的研究

2003-2003年   [独立行政法人日本学術振興会 科学研究費助成事業]   食品安全確保システムと関連学際研究領域の組織化に関する企画調査

この記事は