鈴木 孝子

所属機関名 国立研究開発法人 農業・食品産業技術総合研究機構 動物衛生研究部門
肩書き 上級研究員
氏名 鈴木 孝子
連絡先(電話番号) 029-838-7937
所在都道府県名 茨城県
見える化ID 001003
URL http://www.naro.affrc.go.jp/niah-neo/index.html
カテゴリ 肉牛 乳牛

研究情報

2015年度   多検体細胞破砕装置で破砕したコムギ葉によるコムギ縞萎縮ウイルスのDAS-ELISA

2014年度   閉鎖型離乳豚舎内の空気中微生物濃度とエアロゾル濃度の関係

2009年度   離乳豚へのPCV2ワクチン接種による血清中ウイルス量の変化

2009年度   コムギ縞萎縮病抵抗性系統の育成と「Madsen」由来の抵抗性遺伝子YmMDの座乗領域の推定

2009年度   春まき小麦の半数体倍化系統作出の効率化

2008年度   PRRSの発生に関わる呼吸器疾患による経済的な損失調査(6農場を対象にした調査結果)

2008年度   豚繁殖・呼吸障害症候群発生に伴う経済的損失は2006年の場合約280億円

2008年度   小麦赤かび病抵抗性に関与する5つのQTLの有効性検証

2008年度   「蘇麦3号」由来の赤かび病抵抗性QTLを導入した秋まき小麦戻し交配系統の農業特性と品質

2008年度   DNAマーカーと戻し交配を利用した秋まきコムギにおける赤かび病抵抗性育種について

2008年度   アズキ落葉病抵抗性遺伝子Pga1とアズキ萎凋病抵抗性遺伝子Foa3は同一遺伝子かごく近傍に連鎖する

2008年度   コムギのWx-B1欠失型および高分子量グルテニンサブユニットGlu-D1dを判別する共優性マーカー

2008年度   「Madsen」由来のコムギ縞萎縮病抵抗性を導入した系統「滝系麦1~4号」の育成

2007年度   アズキ落葉病抵抗性遺伝子の座乗連鎖群の決定

2007年度   アズキ落葉病およびアズキ茎疫病の抵抗性遺伝子の連鎖解析

2007年度   北海道小麦品種におけるDNAマーカーを利用したピュロインドリン、グルテニン、Wx遺伝子タイプの解析

2006年度   アズキ落葉病抵抗性遺伝子の座乗連鎖郡の決定

2006年度   北海道小麦品種におけるDNAマーカーを利用したピュロインドリン、グルテニン、Wx遺伝子タイプの解析

2006年度   アズキ落葉病抵抗性遺伝子の座乗連鎖群の決定

2005年度   春播コムギの初冬播栽培におけるコムギ縞萎縮病の発生

2005年度   DNAマーカー利用によるアズキ遺伝資源のアズキ落葉病抵抗性遺伝子スクリーニング

2005年度   生物工学セミナー(62)

2004年度   春まき小麦の赤かび病抵抗性DH系統の作出とDNAマーカー解析

2004年度   アズキ落葉病抵抗性遺伝子連鎖マーカーのAFLP解析

2004年度   アズキ落葉病抵抗性に連鎖したDNAマーカーの開発

2004年度   アズキ落葉病抵抗性遺伝子連鎖マーカーのAFLP解析

2003年度   生物工学セミナー(55)

2002年度   2系統の近交系ニホンウズラにおけるASV(トリ肉腫ウイルス)の増殖および腫瘍形成能の違い

2002年度   ウシDeltaアダプチンのBLV受容体としての機能の評価

2002年度   マイクロプレートを用いたニホンウズラ.インターフェロンAlpha遺伝子コスミドクロ?ンの分離と構造解析

2001年度   A gene therapy model for retrovirus-induced disease with a viral env gene: expression-dependent resistance in immunosuppressed hosts.

2001年度   Expression of receptor for ecotropic murine leukemia virus on hematopoietic cells.

2001年度   主要研究成果(参考): マウス白血病ウイルス受容体の発現分布

2001年度   種々培養細胞株の持つウシ白血病ウイルス粒子結合能と産生能

2001年度   ウシ白血病ウイルスエンベロープタンパク質の簡便な検出法

2001年度   マイクロプレートを用いたgenomic library の迅速スクリーニング法の確立とニホンウズラ・インターフェロンa遺伝子の分離

2000年度   Properties of the naturally occurring soluble surface glycoprotein of ecotropic murine leukemia virus: binding specificity and possible conformational change after binding to receptor.

2000年度   ウシBLVR (AP-3 d サブユニット) の局在とBLV感受性に及ぼす影響

2000年度   Properties of the Naturally Occurring Soluble Surface Glycoprotein of Ecotropic Murine Leukemia Virus: Binding Specificity and Possible Conformational Change after Binding to Receptor.

2000年度   Expression of receptor for ecotropic murine leukemia virus on hematopoietic cells

2000年度   春播小麦における赤かび病抵抗性母材

この記事は