青木真理

所属機関名 国立研究開発法人 農業・食品産業技術総合研究機構 北海道農業研究センター
肩書き 上級研究員
氏名 青木真理
連絡先(電話番号) 011-857-9490
所在都道府県名 北海道
見える化ID 000100
URL https://www.researchgate.net/profile/Mari_Aoki/publications
カテゴリ 飼育技術 乳牛 繁殖性改善

研究情報

2014年度   イアコーンサイレージ給与が乳牛の乳生産性と乳中揮発性成分に及ぼす影響

2014年度   抗酸化機能性サプリメントの給与がホルスタイン種初産牛の繁殖成績に及ぼす影響

2014年度   抗酸化機能性サプリメントの給与がホルスタイン種初産牛の繁殖成績に及ぼす影響

2014年度   国産ダブルローナタネ(Brassica napus L.)品種由来搾油粕の飼料特性および泌乳牛に対する給与効果

2013年度   Effect of cutting height on the chemical composition, nutritional value and yield, fermentative quality and aerobic stability of corn silage and relationship with plant maturity at harvest

2013年度   Plasma thiobarbituric acid reactive substances, vitamin A and vitamin E levels and resumption of postpartum ovarian activity in dairy cows

2011年度   イアコーンサイレージの大規模収穫調製技術

2009年度   自由採食下の泌乳初期所産牛における反芻胃容積、消化管内容物および内容物滞留時間

2007年度   Reliability of estrus detection in Holstein heifers using a radiotelemetric pedometer located on the neck or legs under different rearing conditions

2007年度   ウシ血清中および血漿中チオバルビツール酸反応物(TBARS)濃度の比較

2002年度   親子放牧による交雑種雌牛の双子哺育と別飼い飼料給与効果

2001年度   主要研究成果(参考): 妊娠末期に牛胎子から血液および羊水・尿膜水を連続的に採取できる

2001年度   妊娠末期における母ウシおよび胎子の血球数および血液生化学値の動態

2001年度   肉用繁殖雌牛と哺乳子牛の血液および乳汁中内分泌かく乱物質濃度の比較.

2000年度   ウシ胎子へのカテーテル装着と胎子血採取の試み

2000年度   牛胎子の採血法

2000年度   妊娠早期における牛の末梢血中エストロジェン濃度の推移-人工授精あるいは体外受精胚移植により受胎した単胎および双胎牛の比較

2000年度   Concentrations of dioxins, furans and coplanar polychlorobiphenyls in maternal and fetal body fluid at the late gestation in the cow

2000年度   Trial of cannulationfor a bovine foetus in late gestation under local anaesthesia and long-term collection of foetal blood and fluid.

2000年度   Effect of bovine interferon tau on the early development of bovine embryos

2000年度   妊娠末期牛胎子へのカニュレーション手術による胎子血、羊・尿膜水の連続採取

2000年度   妊娠末期における母ウシおよび胎子の血球数動態

2000年度   Effect of Vascular Endothelial Growth Factor on the early development of IVM/IVF bovine embryos

2000年度   Effect of Vascular Endothelial Growth Factor on the early development of bovine embryos produced in vitro

2000年度   Effects of Vascular Endothelial Growth Factor (VEGF) on the maturation and Fertilization of oocytes and the early development of embryos in cattle

2000年度   羊・尿膜水長期採取用留置カテーテル及びその使用方法

2017年度   国産トウモロコシ子実サイレージで泌乳牛用飼料の圧ぺんトウモロコシを代替可能

2016年度   トウモロコシ子実主体サイレージ(HMSCおよびCCM)の生産利用技術

2015年度   トウモロコシ子実サイレージ(ハイモイスチャーシェルドコーン)の飼料特性と乳生産

2014年度   国産ダブルローナタネ粕は大豆粕の代替として泌乳牛に給与できる

2014年度   イアコーンサイレージ給与による乳中ラクトン含量の変化

2014年度   初産乳牛の分娩後排卵時期と血漿中抗酸化物質濃度の変化

2013年度   高刈りがとうもろこしホールクロップサイレージの飼料特性に及ぼす効果

2011年度   イアコーンサイレージの大規模収穫調製技術

2009年度   分娩後のケトーシス発症を低減する乾乳後期のとうもろこしサイレージ給与法

2009年度   イアコーンは機械収穫でき、そのサイレージは嗜好性と栄養価が高い

2008年度   血漿中チオバルビツール酸反応物の測定および乳牛の排卵時期との関係

2007年度   歩数計による乳牛の発情検出法の条件別の最適設定

2005年度   乳牛の初産分娩月齢早期化は乳生産性と繁殖性を低下させない

2004年度   高泌乳牛の卵巣機能回復と発情回帰および受胎性

2004年度   高泌乳牛の卵巣機能回復と発情回帰および受胎性

2003年度   水酸化アルミニウムゲルを用いたウシのワンショット過剰排卵誘起法

2001年度   ウシインターフェロンタウの大腸菌による生産とその生理活性

2001年度   妊娠末期に牛胎子から血液および羊水・尿膜水を連続的に採取できる

1996年度   夜間給餌による分娩時刻の制御と分娩周辺時の膣温の変化

この記事は