圓山 恭之進

所属機関名 国立研究開発法人 国際農林水産業研究センター 生物資源・利用領域
肩書き 主任研究員
氏名 圓山 恭之進
連絡先(電話番号) 029-838-6313
所在都道府県名 茨城県
見える化ID 001781
URL
カテゴリ

研究情報

2009年度   Overproduction of the membrane-bound receptor-like protein kinase1, RPK1, enhances abiotic stress tolerance in Arabidopsis

2009年度   The phytochrome-interacting factor PIF7 negatively regulates DREB1 expression under circadian control in Arabidopsis

2009年度   Comprehensive analysis of rice DREB2-type genes that encode transcription factors involved in the expression of abiotic stress-responsive genes

2008年度   シロイヌナズナとイネにおけるストレス誘導性遺伝子のプロモーター領域の比較解析

2008年度   シロイヌナズナにおける低温ストレス誘導性転写因子遺伝子DREB1の転写制御解析

2008年度   シロイヌナズナの転写因子DREB1Aが制御する低温誘導性葉緑体膜局在型タンパク質の解析

2008年度   水分ストレス誘導性受容体型キナーゼRPK1のABAシグナル伝達機構における機能解析

2008年度   マイクロアレイ法を用いた遺伝子組換えバレイショにおける AtDREB1A 遺伝子の下流因子の探索

2008年度   シロイヌナズナ共発現ネットワークを用いた乾燥ストレス応答性トランスクリプトーム解析

2008年度   シロイヌナズナにおける低温ストレス誘導性転写因子遺伝子DREB1の転写制御解析

2008年度   シロイヌナズナのストレス応答に関与するジンクフィンガー型転写因子の機能解析

2006年度   イネの非生物的ストレス・生物的ストレス誘導性遺伝子発現に関わる NAC 型転写遺伝子 OsNAC6 の機能解析

2003年度   Monitoring expression profiles of Arabidopsis gene expression during rehydration process after dehydration using ca. 7000 full-length cDNA microarray.(シロイヌナズナ完全長cDNAマイクロアレイを用いた乾

2017年度   AtGolS2遺伝子を導入したイネは干ばつ条件下での収量性が原品種より高い

2016年度   植物の高温特異的合成プロモーターによる遺伝子発現法

2015年度   長期の乾燥による葉の黄化防止に関わる遺伝子を発見

2014年度   乾燥・低温ストレス環境下におけるイネの代謝関連遺伝子の転写制御の重要性

2014年度   4種類のAREB/ABFは3種類のSnRK2の下流で乾燥ストレス耐性を制御する

2013年度   イネの生育・老化・ストレス耐性を制御するRNA結合性タンパク質の同定

2013年度   Oshox24プロモーターを利用した生育阻害が起きないストレス耐性イネの作出

2012年度   DREB1C遺伝子の発現による陸稲ネリカの乾燥抵抗性の向上

2012年度   乾燥ストレス条件下でイネの生長を制御する遺伝子の同定

2011年度   イネ・ダイズ等の低温及び乾燥環境下における主要転写経路の同定

2011年度   AZF1とAZF2タンパク質は乾燥や塩ストレス下の植物の生長を制御している

2010年度   イネOsNAC5遺伝子を利用した環境ストレス耐性イネの開発

2009年度   DREB1Aは糖代謝酵素群、DREB2Aは分子シャぺロン群を特異的に制御する

2007年度   植物の乾燥や塩害等による浸透圧ストレスのセンサー遺伝子の発見

2007年度   イネの環境ストレス応答性プロモーターと転写因子OsNAC6を用いた環境ストレス耐性イネ作出技術の開発

2006年度   活性型に変換した転写因子の遺伝子DREB2Aを用いた乾燥・高温ストレス耐性植物の作出技術の開発

2006年度   トウモロコシの乾燥・高温ストレス応答性遺伝子発現を制御する転写因子ZmDREB2Aを用いた環境ストレス耐性植物の作出

2005年度   植物ホルモンのアブシジン酸による遺伝子発現を制御する転写因子AREBを用いた環境ストレス耐性植物の作出

2005年度   転写因子DREB1遺伝子の過剰発現によるイネの乾燥・高塩・低温ストレス耐性の向上

2004年度   乾燥誘導性の Zinc-Finger 型転写因子遺伝子を用いたストレス耐性植物の開発

2003年度   イネの環境ストレス誘導性遺伝子の網羅的解析とストレス誘導性プロモーターの単離

2015-2019年   [独立行政法人日本学術振興会 科学研究費助成事業]   ガーナ国ボルタ川流域におけるイネのモレキュラーモニタリング

2015-2017年   [独立行政法人日本学術振興会 科学研究費助成事業]   イネにおける乾燥応答性遺伝子iclの農学的有用性

2000-2000年   [独立行政法人日本学術振興会 科学研究費助成事業]   藍藻におけるrbp遺伝子の低温誘導機構の解析

この記事は