安藤象太郎

所属機関名 国立研究開発法人 国際農林水産業研究センター 熱帯・島嶼研究拠点
肩書き プロジェクトリーダー
氏名 安藤象太郎
連絡先(電話番号) 0980-82-2306
所在都道府県名 沖縄県
見える化ID 001728
URL http://onlinelibrary.wiley.com/doi/10.1111/grs.12121/full
https://www.jircas.affrc.go.jp/english/publication/jarq/45-3/45-03-03.pdf
カテゴリ 栽培技術 さとうきび 肥培管理 病害虫防除

研究情報

2014年度   エリアンサス(Erianthus arundinaceus (L.) Beauv.)に吸収された窒素の由来

2014年度   カリ施肥量の違いが多回株出しで栽培した飼料用サトウキビの生育および養分吸収に及ぼす影響

2013年度   温帯の冬季におけるエリアンサス(Erianthus arundinaceus (L.) Beauv.)体内の無機養分および非構造性炭水化物の動態

2013年度   刈取りの時期および高さが越冬後の数系統のエリアンサス(Erianthus arundinaceus (L.) Beauv.)の再生に及ぼす影響

2013年度   Effects of planting sugarcane and napier grass on N leaching from lysimters under high application of cattle manure

2013年度   Community of arbuscular mycorrhizal fungi in soybean roots after cultivation with different cropping systems

2013年度   Cesium transfer to Gramineae biofuel crops grown in a field polluted by radioactive fallout and efficiency of trapping the cesium stable isotope in a small-scale model system for biomass gasification

2013年度   Community of arbuscular mycorrhizal fungi in soybean roots after cultivation with different cropping systems

2011年度   飼料用サトウキビKRFo93-1の生育とK/(Ca+Mg)当量比の関係.

2011年度   飼料用サトウキビKRFo93-1の生育とK/(Ca+Mg)当量比の関係

2010年度   Two seasons’ study on nifH gene expression and nitrogen fixation by diazotrophic endophytes in sugarcane (Saccharum spp. hybrids): expression of nifH genes similar to those of rhizobia

2010年度   Seasonal variations in natural 13C abundances in C3 and C4 plants collected in Thailand and the Philippines

2005年度   Effects of vegetation and cultivation on δ13C values of soil organic carbon and estimation of its turnover in Asian tropics: A case study in Thailand

2005年度   エンドファイティック窒素固定 第3タイプの植物ー微生物窒素固定システム

2002年度   共生窒素固定研究の展開と持続的食糧生産

2002年度   タイのサトウキビにおける15Nで標識した施肥窒素の動態

2001年度   共生窒素固定研究の展開と持続的食料生産

2000年度   熱帯 Bradyrhizobium属根粒菌の遺伝的多様性

2000年度   The common nodulation genes of the genus Bradyrhizobium isolated from soybean (Glycine max) compared with those isolated from wild Vigna species in Thailand

2000年度   Serological properties and intrinsic antibiotic resistance of soybean Bradyrhizobia isolated from Thailand

2000年度   Estimation of nitrogen input by N2 fixation to field-grown pineapples in Thailand

2000年度   Sustainability of sugarcane production evaluated based on organic matter cycle and nitrogen fixation

2000年度   Nitrogen cycle associated with agricultural activity in Khon Kaen province, Northeast Thailand

2000年度   サトウキビの持続的生産を支える窒素固定

2000年度   Nutrient budget on lysimeter Planted cassava and sugarcane

2017年度   電照処理を利用した早期出穂性エリアンサスの出穂遅延技術

2017年度   サトウキビ白葉病の主要な媒介虫に対し高い効果を示す殺虫剤

2017年度   フィリピンのサトウキビ単作地域における地下水への窒素負荷量の推定

2016年度   多年生バイオマス作物における放射性セシウム濃度とガス化時のセシウムの回収

2015年度   サトウキビ野生種を利用しタイで共同育成したサトウキビ新品種

2015年度   サトウキビ白葉病を媒介するヨコバイ類の移動分散能

2015年度   北関東におけるエリアンサスの乾物収量と養分収支

2014年度   エリアンサス(Erianthus arundinaceus)は施肥以外の給源からの窒素獲得能が高い

2013年度   エリアンサスの越冬後収穫は秋季収穫より圃場からの養分収奪を軽減する

2013年度   エリアンサスの再生及び収量は越冬後収穫の方が秋季収穫より良好である

2013年度   ダイズに共生するアーバスキュラー菌根菌の種類は前作の影響を受けない

2011年度   超多収資源作物エリアンサスの新品種候補「JES3」の育成

2011年度   イネ科バイオマス資源作物における土壌からの放射性セシウムの移行

2009年度   サトウキビは窒素多施用条件で栽培しても硝酸態窒素が蓄積されにくい

2006年度   北関東で越冬可能なサトウキビ近縁遺伝資源

2005年度   遺伝子組換えトウモロコシ連作後の飼料作栽培における生物相への影響モニタリング

2004年度   除草剤耐性遺伝子組換えトウモロコシ栽培による圃場環境への影響のモニタリング

2004年度   アーバスキュラー菌根菌に特有の細胞内小器官

2003年度   アーバスキュラー菌根菌のアルカリホスファターゼは植物へのリン供給に関与している

2002年度   アズマネザサ・ススキ優先草地のアーバスキュラー菌根菌

1993年度   タイにおけるBradyrhizobium属根粒菌の遺伝的多様性

2003-2005年   [独立行政法人日本学術振興会 科学研究費助成事業]   エンドファイト窒素固定菌の核酸塩基配列からの直接探索

この記事は