蝦名真澄

所属機関名 国立研究開発法人 農業・食品産業技術総合研究機構 畜産研究部門
肩書き 主席研究員
氏名 蝦名真澄
連絡先(電話番号) 029-838-8249
所在都道府県名 栃木県
見える化ID 000940
URL https://www.researchgate.net/
カテゴリ 育種 遺伝資源 品種

研究情報

2014年度   Preliminary ebaluation on digestibility and the relation to morphology and water content of Brachiaria spp. and their heritability

2013年度   「シバ中間母本農1号」の育成

2012年度   Analysis of genetic diversity in the bioenergy plant Erianthus arundinaceus (Poaceae: Andropogoneae) using amplified fragment length polymorphism markers

2012年度   シバ品種「朝駆」および「朝萌」の育成

2011年度   First Report of Guinea Grass Smut Caused by Conidiosporomyces ayresii in Japan

2011年度   Characterization of genomic sequence showing strong association with polyembryony among diverse Citrus species and cultivars, and its synteny with Vitis and Populus

2010年度   Estimation of genome size in brachiaria species

2010年度   ブラキアリア属における種子繁殖の可能性

2009年度   琉球在来豚(アグー)の近交退化を緩和するための育種技術の確立(1)23個のマイクロサテライトマーカーを用いたアグーのDNA多型解析

2009年度   琉球在来豚(アグー)の効率的繁殖技術の確立(2)膣内粘液電気抵抗値を指標とした発情開始日および授精適期の推定

2009年度   暖地型牧草の育種-ギニアグラスの育種経緯と品種および利用-

2009年度   暖地型牧草の育種-ブラキアリアグラスの育種経緯と品種および利用-

2009年度   暖地型牧草の育種-ローズグラスの育種経緯と品種および利用-

2008年度   ギニアグラスのアポミクシスに連鎖する新規STSマーカーの大量作出

2008年度   ギニアグラスのアポミクシス遺伝子領域における高密度STSマーカーの開発

2008年度   γ線照射によるギニアグラスの突然変異誘導

2007年度   Paincum属植物におけるアグロバクテリウム法による形質転換系の確立

2007年度   SSRマーカーによるギニアグラス遺伝資源の遺伝的多様性

2007年度   ギニアグラスにおけるSSRマーカーの開発

2007年度   ギニアグラスの遺伝資源の特性評価

2007年度   シバ中間母本農1号

2007年度   暖地型牧草育種の今後の方向

2007年度   放射線照射によるギニアグラスの突然変異誘発(4)γ線種子照射当代におけるギニアグラス「ナツカゼ」の生育特性

2007年度   アポミクシス植物ギニアグラスの胚珠におけるEST解析

2007年度   暖地型牧草ギニアグラスのアポミクシス品種におけるEST解析

2007年度   ギニアグラス(Panicum maximum Jacq.)におけるゲノムサイズ推定と染色体イデオグラムの作成

2007年度   二倍体,四倍体ギニアグラス(Panicum maximum Jacq.)におけるゲノムサイズ推定とリボソーマル DNA の物理的マッピング

2007年度   Genetic relationship estimation in guineagrass (Panicum maximum Jacq.) assessed on the bases of simple sequence repeat markers

2006年度   シバと寒地型芝草を組み合わせた芝生グラウンドの低コスト造成技術

2006年度   シバと寒地型芝草を組み合わせた芝生グラウンドの低コスト造成技術

2006年度   アポミクシス植物ギニアグラスの胚珠における遺伝子群の発現パターン

2006年度   アポミクシスギニアグラスの胚珠における発現遺伝子のスクリーニング

2006年度   放射線照射によるギニアグラスの突然変異誘発 (3)ギニアグラス「ナツユタカ」のイオンビーム照射種子を用いた照射当代における生育特性及び種子稔性

2006年度   Panicum属植物における効率的な植物再分化系の開発と形質転換

2006年度   暖地型牧草ギニアグラスを始めとするPanicum属植物における培養系の検討

2006年度   ギニアグラスのSTSマーカーを用いたアポミクシス遺伝子領域のゲノム断片の特定

2006年度   ギニアグラスのアポミクシス遺伝子座の特定とゲノム領域の構造解析

2006年度   AFLPマーカーによるギニアグラス放射線突然変異体の解析

2006年度   Genetic Diversity in Guineagrass (Panicum maximum Jacq.) Determined on the Bases of SSR Marker(2007.1)

2006年度   ギニアグラス新品種「パイカジ」

2006年度   Genetic relationship estimation in Guineagrass (Panicum maximum Jacq.) assessed on the basis of simple sequens repeat markers

2006年度   組換え体作出に適した生長点由来カルスから再分化するシバ中間母本「EM2」

2005年度   ギニアグラス新品種候補「琉球1号」のサイレージ発酵品質に及ぼす乳酸菌製剤「畜草1号」の添加効果

2005年度   Co-segregation of AFLP and RAPD markers to apospory in Guineagrass (Panicum maximum Jacq.)

2005年度   Development and characterization of simple sequence repeat markers in Zoysia grass (Zoysia japonica Steud.)

2005年度   Isolation of cDNA and enzymatic properties of betain aldehyde dehydrogenese form Zoysia tenuifolia

2005年度   Development of simple sequence repeat (SSR) markers and their use in genetic diversity among apomictic Guineagrass (Panicum maximum Jacq.)

2005年度   Genetic diversity in zoysiagrass ecotypes based on morphological characteristics and SSR markers

2005年度   ギニアグラスのアポミクシスに連鎖するSTSマーカーの開発

2005年度   Zoysia属の遺伝資源解析-南西諸島に自生するZoysia tenuiforiaの諸特性について

2005年度   放射線照射によるギニアグラスの突然品位誘導(2)二倍体有性生殖系統GR297のγ線照射種子を用いた照射当代における生育特性

2004年度   アポミクシス遺伝子の単離に向けたギニアグラスの連鎖解析

2004年度   ギニアグラスのアポミクシス遺伝子座近傍領域の単離と解析

2004年度   アポミクシス遺伝子の単離に向けたギニアグラスの連鎖解析

2004年度   ギニアグラスのSSRマーカーの開発と系統識別

2003年度   Identification of two 5a,8a-epidioxyergostan-3b-ols from the endophyte, Neotyphodium lolii

2003年度   シバ属植物の個体識別方法

2003年度   ギニアグラスのアポミクシス遺伝子単離手法の開発

2003年度   シバの高再分化遺伝子型の選抜とアグロバクテリウム法による形質転換

2003年度   第1章 1.1.草本類のゲノム解析 1.1.3.RAPD法およびSCAR化法

2003年度   第1章  1.2.草本類の遺伝子単離 1.2.1.DD(differential display)法

2003年度   第1章 1.2.草本類の遺伝子単離 1.2.2.cDNAライブラリとBACライブラリ作成法

2003年度   第3章 草本類の生理・生態に関する実験法 3.8.生体成分 3.8.3.酵素

2003年度   A fine genetic map of the region containing Apospory, an Apomixis gene, in Guineagrass (Panicum maximum Jacq.)

2003年度   アポミクシス

2003年度   Linkage analysis and cDNA analysis toword the isolation of an apospory gene in Guineagrass

2003年度   シバ属の遺伝資源解析-南西諸島に自生するZoysia matrellaの遺伝的多様性

2003年度   SSRマーカーによるZoysia属の多型解析

2003年度   ギニアグラスのアポミクシス遺伝子単離へ向けた連鎖解析

2002年度   シバの高再分化遺伝子型の選抜とアグロバクテリウム法による形質転換

2002年度   ガス化合成法によるソルガムを原料としたメタノール生産

2002年度   ギニアグラスのアポミクシス関連遺伝子のプロファイリング

2002年度   イネ培養細胞由来変異ALS遺伝子を導入したトールフェスクとペレニアルライグラスの形質転換体作出

2001年度   Mapping and isolation of apomixis by linkage analysis and cDNA microarray technique

2001年度   ライグラスを種子親としたトールフェスク,メドウフェスクとの属間雑種植物(フェストロリウム)におけるNeotyphodiumエンドファイトの伝染(講要)

2001年度   AFLPによるトウモロコシ北方斑点病菌の個体識別(講要)

2001年度   Isolation of differently expressed cDNAs from apomictic ovaries in guineagrass by microarray

2001年度   Expression profiling of apomixis embryo development in guineagrass using cDNA microarrays

2000年度   Stability of Neotyphodium-endophyte associations in populations from inter/intraspecific crossings of Lolium and Festuca species

2000年度   Phylogenic analysis of genus Zoysia for improvement of indigenous grazing grassland.

2000年度   匍匐茎の伸張に優れるシバ新品種「朝駆(あさがけ)」の育成とその特性

2000年度   ギニアグラスアポミクシス形質の連鎖解析

2000年度   Steroidal constituents of Neotyphodium endophyte, Neotyphodium lolli. Itsu structures and bio activities to plants

2000年度   「Lolium perenne×L.multiflorum」における共生糸状菌(Neotyphodiumエンドファイト)の種子伝染

2000年度   コウライシバ由来ベタイン合成酵素遺伝子

2017年度   葉緑体ゲノム情報に基づくエリアンサス、ススキ、サトウキビの系統分化の解明

2017年度   日本で収集されたエリアンサスの遺伝学的特性の解明とSSRマーカーの開発

2012年度   エリアンサス属及びサトウキビ属の主要遺伝資源・系統の遺伝的多様性

2008年度   ギニアグラスのアポミクシス未熟子房に特異的に発現する新規遺伝子

2008年度   ダンチクにおける再分化に優れる遺伝子型の選抜

2007年度   ギニアグラスのゲノムサイズとrDNAの物理的マッピング

2006年度   組換え体作出に適した生長点由来カルスから再分化するシバ中間母本「E-GEN」

2005年度   SSRマーカーによるギニアグラスの品種識別と系統間の類縁関係

2004年度   シバ育成品種「朝萌」を用いた低コスト芝生グラウンド造成・管理技術

2003年度   ギニアグラスの花粉飛散と着粒率の推定

2003年度   ハイキビの種子稔性からみたギニアグラスとの交雑の可能性

2003年度   SSRマーカーによるシバの品種識別技術

2003年度   SSRマーカーによるシバの品種識別技術

2002年度   ギニアグラスのアポミクシス遺伝子単離手法の開発

2002年度   シバの高再分化遺伝子型の選抜とアグロバクテリウム法による形質転換

2001年度   植物に対して生理活性を有するエンドファイト産生新規物質

2001年度   C1化学変換によるソルガムを原料としたメタノール生産

2000年度   コウライシバ由来のベタイン合成酵素遺伝子の全長単離

2000年度   ペレニアルライグラス由来のエンドファイトはフェストロリウムにも種子伝染する

1999年度   密度の高い芝地を形成するシバ新品種「方便山4」

1999年度   シバ×コウシュンシバにおける耐凍性遺伝様式

1998年度   とうもろこし花粉の超低温保存に及ぼす乾燥・再吸湿処理の効果

1998年度   ケンタッキーブルーグラスにおける効率的なエンブリオジェニックカルス作成法

1996年度   アルファルファの不定胚による増殖と乾燥貯蔵法

2001-2003年   [独立行政法人日本学術振興会 科学研究費助成事業]   作物におけるアポミクシスの細胞・分子遺伝学的解析と分化制御

この記事は