石丸 努

所属機関名 国立研究開発法人 農業・食品産業技術総合研究機構 中央農業研究センター
肩書き 主任研究員
氏名 石丸 努
連絡先(電話番号) 090-2460-0423
所在都道府県名 新潟県
見える化ID 000401
URL https://www.jircas.affrc.go.jp/press/2013/press12.html
https://www.ondanka-net.jp/index.php?category=measure&view=detail&article_id=671
カテゴリ 高温対策 栽培技術 水稲 多収性

研究情報

2014年度   熱帯のイネ品種の遺伝的背景を持つ早朝開花性準同質遺伝子系統の育成

2014年度   熱帯地域のイネ主力23品種における高温感受性と開花時刻の比較

2014年度   インド型イネの遺伝的背景で広い窒素栄養濃度域で効率良く根を伸長させるQTL

2014年度   開花時高温不稔の回避に有効なイネ近縁野生種由来早朝開花性QTL

2013年度   インド型イネ品種の一穂籾数増加させるQTLは第7染色体に座乗する

2013年度   インド型イネ品種の籾収量を増加させる遺伝子、SPIKEの発見

2012年度   イネの一穂籾数を増加させるQTLを導入したIR64の準同質遺伝子系統群

2011年度   出穂性の異なるIR64の準同質遺伝子系統群

2010年度   インド型水稲品種の高い個葉光合成能に関与するQTL

2010年度   野生稲Oryza officinalisの早朝開花性を利用した開花時高温不稔の回避

2010年度   イネ科作物の茎部成分変異と糖化効率の関係

2009年度   登熟期の高温によるイネ穎果の水分分布の変化

2008年度   2007年夏季異常高温下での水稲不稔率の増加を確認

2008年度   水田からのメタン放出に対する大気二酸化炭素濃度と夜温上昇との相互作用

2007年度   イネ登熟粒の微細組織遺伝子発現解析のための組織単離手法

2006年度   水稲作況標本地点における乳白粒と基部未熟粒発生の気象要因

2014-2017年   [独立行政法人日本学術振興会 科学研究費助成事業]   世界の高温水田調査に基づいたイネの高温不稔発生に対する耐性形質の効果と限界の提示

2007-2009年   [独立行政法人日本学術振興会 科学研究費助成事業]   全ゲノムタイリングアレイを利用した生殖系列特異的なDNAメチル化パターンの解明

2008-2009年   [独立行政法人日本学術振興会 科学研究費助成事業]   イネ糊粉層とデンプン性胚乳における貯蔵物質蓄積の分子機構解明に関する研究

2006-2007年   [独立行政法人日本学術振興会 科学研究費助成事業]   高温条件下におけるイネの登熟特性および炭水化物代謝に関する研究

この記事は