Ⅱ 千葉ブランドとなる新品種の迅速な開発と普及定着、[9] 千葉県を元気にするオリジナル品種の開発・定着促進、2 効率的な育種技術及び品種識別技術の開発、(1) 水稲、イチゴにおけるDNAマーカー技術の開発と利用

課題名 Ⅱ 千葉ブランドとなる新品種の迅速な開発と普及定着、[9] 千葉県を元気にするオリジナル品種の開発・定着促進、2 効率的な育種技術及び品種識別技術の開発、(1) 水稲、イチゴにおけるDNAマーカー技術の開発と利用
課題番号
研究機関名 千葉県農林総合研究センター
研究分担 生物工学
研究期間 継H24~H28
年度 2015
URL http://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030229273
カテゴリ 萎黄病 育種 いちご いもち病 新品種 水田 抵抗性 DNAマーカー 品種 良食味

この記事は