八重山地域における冬春期出荷が可能な熱帯果樹類の選定 1.新規品目の探索 1)インドナツメの果実特性 2.既存品目の新作型の開発 1)アテモヤの春実栽培体系の検討 (1)台木の違いがアテモヤの果実品質に及ぼす影響 (2)枝の角度が選定後の新梢発芽数や着花数に及ぼす影響 2)冬実レンブの生産技術の確立 (1)生育抑制処理、花芽誘導処理の検討

課題名 八重山地域における冬春期出荷が可能な熱帯果樹類の選定 1.新規品目の探索 1)インドナツメの果実特性 2.既存品目の新作型の開発 1)アテモヤの春実栽培体系の検討 (1)台木の違いがアテモヤの果実品質に及ぼす影響 (2)枝の角度が選定後の新梢発芽数や着花数に及ぼす影響 2)冬実レンブの生産技術の確立 (1)生育抑制処理、花芽誘導処理の検討
課題番号
研究機関名 沖縄県農業研究センター
研究分担 石垣支所作物園芸班
研究期間 継・H19~21
年度 2008
URL http://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030153572
カテゴリ アテモヤ 栽培技術 栽培体系 出荷調整 台木 品種 レンブ

この記事は