日本大学

所属機関名 日本大学
部局名
連絡先(電話番号) 03-5275-8132
102-8275
所在都道府県名 東京都千代田区九段南4-8-24
URL http://www.nihon-u.ac.jp/

関連情報

2014年度   ? ヒラメの種苗生産・養殖施設等でのクドアの感染防除策の開発(中課題報告書)

2014年度   機械処理・酵素加水分解併用により生成するタケナノファイバーとカーボンナノチューブの複合化

2014年度   Fish sound monitoring at offshore windmill farm

2014年度   大型海産魚類の性成熟に及ぼす制限給餌の影響

2014年度   樹木に対する微小粒子状物質(PM2.5)の影響に関する実験的研究

2014年度   放流用種苗の性成熟状況

2014年度   スギ三倍体精英樹のさし木品種としての可能性

2014年度   Fish sound monitoring at offshore windmill farm

2014年度   2013年夏期(6~9月)有明海における二枚貝浮遊幼生の出現調査

2014年度   乳用雌牛の初回授精受胎率の遺伝的能力を正確に評価する方法

2014年度   スギ精英樹クローンの苗畑における初期成長の評価

2014年度   Comparative genomic analysis of Candidatus Xenohaliotis californiensis detected in abalone species Haliotis spp. in Japan

2014年度   ?平成26(2014)年度マアジ太平洋系群の資源評価

2014年度   短伐期栽培におけるエゾノキヌヤナギの根系発達と窒素分配について

2014年度   膜透過性ペプチド(CPP)を用いた細胞内へのワクチン輸送に関する研究

2014年度   育種への応用を目的としたシイタケゲノム配列整備

2014年度   Characterization of Cytokine Homologue Gene, IL-17, in Kuruma Shrimp Marsupenaeus japonicus: Gene Expression and Genomic Analysis

2014年度   平成26(2014)年度ニギス太平洋系群の資源評価

2014年度   Transcriptional factors regulating microtubule orientation in Populus tremula × Populus tremuloides (ハイブリッドアスペンにおいて微小管配向を制御する転写因子の探索)

2013年度   スルメイカの対光行動とイカ釣り漁業の漁獲過程

2013年度   mtDNA D-Loop領域の塩基配列分析によるマイワシの集団構造について

2013年度   衛星画像による2011年新燃岳噴火の森林被害範囲の把握

2013年度   The Challenge of Reconstructing Coho Salmon Aquaculture After the Great East Japan Earthquake and Tsunami in 2011

2013年度   能登半島周辺海域における流れの季節変動特性

2013年度   小笠原まで流れ着いたシマモクセイの遺伝構造と性比・交配様式

2013年度   二枚貝の成熟と産卵

2013年度   スジアラ幼魚から分離されたVibrio harveyiの病原性ならびに性状およびキジハタ幼魚の抗酸菌症

2013年度   NGSとマイクロアレイによるカンパチの遺伝子発現解析の試み

2013年度   Toxins and toxic algae in Japan an overview

2013年度   Review of Japanese SBT Fisheries in 2012

2013年度   シンポジウム:もり・かわ・うみの保全と再生「魚の餌としてのアサリ -干潟の餌環境の指標としてのアサリ資源の変動が瀬戸内海の魚類生産へ及ぼす影響-〈講演〉」

2012年度   Research on the detoxification ability of annelids for bioremediation in coastal benthic environment

2012年度   「森を歩く」の2011年における意味を考える

2012年度   人工巣捕食実験による森林生態系の健全性評価:沖縄やんばるの森の地上はどのくらい安全な産卵環境か?

2012年度   突然変異誘発育種法の魚類への応用という視点からのレプチン受容体ノックアウトメダカの解析

2012年度   水産物中の脂質成分の分布・動態の解明とその応用に関する研究

2012年度   Molecular Phylogeny and Ecological Evolution on Daphne (Thymelaeaceae)(ジンチョウゲ属の分子系統と生態進化)

2012年度   Transit times of soil water in thick soil and weathered gneiss layers using deuterium excess modelling(d値のモデリングによる厚い土壌および風化層中の土壌水の通過時間).

2012年度   Co-management of the marine social-ecological systems in Shiretoko World Natural Heritage Site

2012年度   石川県におけるべにずわいかご漁業の資源管理計画

2012年度   Induction of tobamovirus resistance in nontransgenic scions after grafting onto NtTOM1 and NtTOM3 silenced rootstocks

2012年度   北西太平洋海山海域に分布するニントクイバラガンの生物学的特性

2012年度   独立行政法人森林総合研究所第3期中期計画の概要-林木育種分野を中心にして-

2012年度   Genetic, biochemical, and structural studies about interactions between Tomato mosaic virus and the resistance gene Tm-1

2012年度   Nematode Parasite of the Japanese Woodwasp(ニホンキバチの寄生線虫)

2009年度   エコフィード生産を支援する豚用飼料設計プログラム

2008年度   牛伝染性鼻気管炎の現行ワクチン株と野外株を識別できるPCR法

2006年度   アロ抗原により感作したギンブナにおけるCD8+Tリンパ球の増加

2006年度   初期発生におけるゼブラフィッシュMIF (macrophage migration inhibitory factor)遺伝子の機能

2006年度   Isolation of side population cells from ginbuna carp (Carassius auratus langsdorfii) kidney hematopoietic tissues

2006年度   ギンブナ interferon-γ遺伝子におけるアイソタイプの構造及び発現解析

2006年度   新潟県沖におけるガンギエイの食性

2006年度   Environmental assesment and food safety of transgenic amago salmon

2006年度   ギンブナT cell receptor γ鎖遺伝子のcDNAクローニング及び発現解析

2006年度   ゼブラフィッシュの初期発生におけるMIF (macrophage migration inhibitory factor) 遺伝子の役割

2006年度   新潟県沖におけるガンギエイの年齢と成長および成熟

2006年度   ギンブナIFN-γアイソタイプの細胞性免疫への関与

2006年度   ゼブラフィッシュMIF遺伝子の初期発生における発現動態および機能解析

2006年度   日本海におけるドブカスベの分布と食性

2006年度   ギンブナGATA3遺伝子のcDNAクローニング及び発現解析

2006年度   Molecular cloning and expression analysis of T-box expressed in T cells (T-BET) in ginbuna crucian carp Carassius auratus langsdorfii

2005年度   魚類MHCの構造及び機能と抗病性との関連/日本畜産学会第106回大会

2005年度   Environmental assessment and food safety of transgenic Japanese amago salmon (Oncorhynchus maso)/The international symposium ""establ-ishment the guideline of food safety of transgenic fishes for the human""

2005年度   ギンブナ腎臓由来造血幹細胞の自己複製能と多分化能/平成17年度日本水産学会大会

2005年度   ゼブラフィッシュハイにおけるMIF遺伝子の発現動態/平成17年度日本魚病学会大会

2005年度   ゼブラフィッシュ体節分節化制御遺伝子tbx24の上流と下流に来る遺伝子/日本発生生物学会第38回大会

2004年度   Analysis of environmental safety of transgenic amago salmon.

2004年度   バンドウイルカ胎盤の性腺刺激ホルモン

2004年度   A Case Study of Commercial Fishermen's Working Environment at Fishing Port in Japan

2004年度   造血幹細胞様細胞(SP細胞)の分離と組織分布

2004年度   1年で成熟した成長ホルモン遺伝子導入組換え体アマゴ雄について

2003年度   ニジマスにおける2種類の腫瘍壊死因子(TNF)遺伝子の発現に関する定量的解析

2003年度   In vitro generated viral-antigen dependent cytotoxic cells of ginbuna crucian carp.

2003年度   The origin of MHC involvement in allograft rejection.

2003年度   漁港荷さばき所における就労者の行動と安全性

2003年度   トラフグのNADPHオキシダーゼのcDNAクローニング

2003年度   Effects of endocrine disruptors on cell-mediated immunity in Ginbuna crucian carp.

2003年度   Specific cell-mediated immunity in fish.

2003年度   漁港荷さばき所における就労者の行動と安全性

2003年度   コクチバスにおける生殖周期と異性認識

2003年度   8.主要組織適合遺伝子複合体(MHC)

2003年度   SAFETY OF WORKING ENVIRONMENT AT FISHING PORTS

2003年度   泳ぐ鯨の長さを測る(レーザー測距式くじら体長測定装置の開発)

2003年度   漁港荷さばき所における就労者の行動と安全性

2003年度   6.顆粒球 - 魚類好中球の活性酸素産生機構を中心として

2003年度   Rainbow trout MHC class I.

2003年度   イワナの繁殖行動に及ぼす環境酸性化の影響

2002年度   MHC class I loci in rainbow trout: duplication, inactivation and recombination.

2001年度   MHC class I typing of rainbow trout strains.

2001年度   魚類のLPB/BPIホモログの遺伝子クローニングと構造解析

2001年度   オボムコイド由来のアナログペプチドのマウス経口投与による免疫応答の変化

2001年度   暗黒処理によるファレノプシスの開花抑制

2001年度   MHC-restricted cell-mediated cytotoxicity in fish

2001年度   Distribution of rainbow trout galectin molecule in tissues and immune cells.

2001年度   オボムコイド部分ペプチドの一残基置換ペプチドによる免疫応答の変化

2001年度   MHC-restricted cell-mediated cytotoxicity in fish

2001年度   Molecular cloning, characterization, and expression of LBP/BPI cDNA and gene from rainbow trout Oncorhynchus mykiss.

2001年度   都市厨芥乾燥飼料の蛋白質画分と養豚用飼料としての消化性評価

2001年度   Amino acids sequence and characterization of a rice bran ribonuclease.

2001年度   ニジマスに経皮投与した微粒子の魚体内分布

2001年度   MHC class I in rainbow trout.

2001年度   単生類Neoheterobothrium hirameに対するヒラメの感受性と免疫獲得.

この記事は