茨城大学

所属機関名 茨城大学
部局名
連絡先(電話番号) 029-887-1261
300-0393
所在都道府県名 茨城県稲敷郡阿見町中央3-21-1
URL http://www.ibaraki.ac.jp/

関連情報

2014年度   タイトル無し

2014年度   2014年夏季に宇和島湾で発生したKarenia mikimotoi赤潮Ⅰ-発生概要および気象・海象との関係-

2014年度   タイトル無し

2014年度   タイトル無し

2014年度   2014年夏季に宇和島湾で発生したKarenia mikimotoi赤潮Ⅲ-従属栄養性プランクトンとの関係-

2013年度   有機質肥料活用型養液栽培システム

2012年度   サメガレイ太平洋北部

2009年度   ヤーコン由来フラクタン生合成遺伝子の植物における発現

2008年度   牛の取り扱いやすさを評価するための標準的な逃走距離測定方法

2008年度   飼料米給与による自給飼料活用型豚肉生産

2006年度   乾燥納豆給与による卵黄中のコレステロール低減

2005年度   細胞内共生細菌WolbachiaとCytophaga-like organismの増殖によって影響を受ける宿主細胞遺伝子のマイクロアレイ解析

2005年度   共生細菌の増殖によって影響を受ける宿主細胞遺伝子のマイクロアレイ解析

2005年度   カブリダニ類の耐寒性と休眠性との関係

2005年度   SV40T遺伝子導入によるウシ脳由来細胞株の作出と特性解析

2005年度   Microarray analyses: Gene induction of host cells infected with endosymbiotes, Wolbachia and Cytophaga-like organism.

2005年度   共生細菌の増殖によって影響を受ける宿主細胞遺伝子のマイクロアレイ解析

2005年度   カブリダニ類の耐寒性と休眠性との関係

2005年度   ヤギ精原細胞の免疫組織学的性状解析

2005年度   Microarray analyses: Gene induction of host cells infected with endosymbiotes, Wolbachia and Cytophaga-like organism.

2005年度   Genome sequencing of Xanthomonas oryzae pv. oryzae and geneome-wide analysis of pathogenicity-related gene expression

2005年度   カブリダニ類の耐寒性と休眠性との関係

2005年度   マダニに由来する共生細菌の増殖と宿主細胞の生体防御反応との関係

2005年度   細胞内共生細菌WolbachiaとCytophaga-like organismの増殖によって影響を受ける宿主細胞遺伝子のマイクロアレイ解析

2005年度   ジャスモン酸欠損形質転換イネにおける病傷害応答性の解析

2005年度   マダニに由来する共生細菌の増殖と宿主細胞の生体防御反応との関係

2005年度   SV40T遺伝子導入によるウシ脳由来細胞株の作出と特性解析

2001年度   β-ラクトグロブリン部分ペプチドの構造と経口免疫誘導活性

2001年度   Synergistic Antifungal Activity of Chitinolytic Enzymes and Prodigiosin Produced by Biocontrol Bacterium, Serratia marcescens Strain B2 against Gray Mold Pathogen, Botrytis cinerea

2001年度   The role of the ABC transporter gene PMR1 in demethylation inhibitor resistance in Penicillium digitatum

2001年度   モクセイハダニ放飼によるミカンハダニの遺伝的防除:準野外条件下での雑種形成

2001年度   カンキツ緑かび病菌Penicillium digitatum PdCYP51遺伝子重複円ハンサー配列の他のPenicillium属菌に置ける転写促進作用

2001年度   Dehydroascorbic acid reduction in several tissues and cultured hepatocytes of the chicken

2001年度   PCR-based detection of sterol demethylation inhibitor-resistant strains of Penicillium digitatum

2001年度   モクセイハダニ放飼によるミカンハダニの遺伝的防除:モクセイハダニの雄の交尾能力

2001年度   カンキツ緑かび病菌Penicillium digitatumの多剤耐性遺伝子PMR1およびPMR5の機能分担

2001年度   Phylogenetic analysis of green and red forms of the two-spotted spider mite, Tetranychus urticae Koch (Acari: Tetranychidae), in Japan, based on mitochondrial cytochrome oxidase subunit I sequences.

2001年度   Changes in ascorbic acid concentration in rat hepatocytes treated with 2,2'-azobis (2-amidinopropane) dihydrochloride, a radical initiator

2001年度   Suppression of soybean -conglycinin genes by a dominant gene, Scg-1

2001年度   Ditribution of the consensus sequences of ABC transporter gene among several taxonomically distinct phytopathogenic fungi

2001年度   Analysis of a Long-term Grazing Experiment in Central Japan 1.Sesonal and Yearly Changes in Herbage Biomass and Botanical Composision

2001年度   ニワトリ雄肝臓におけるビテロゲニンmRNAの発現に及ぼす17b-エストラジオールの投与量および投与後時間の影響

この記事は