愛媛大学

所属機関名 愛媛大学
部局名
連絡先(電話番号) 089-927-9000
790-8577
所在都道府県名 愛媛県松山市道後樋又10番13号
URL https://www.ehime-u.ac.jp/

関連情報

2014年度   Feature analysis and automatic detection of fish sounds in the ocean

2014年度   ミナミマグロを例とした資源管理,漁業管理の過去・現在・未来

2014年度   高知市のヒノキ人工林における葉および幹生産の22年間の変動

2014年度   DNAマーカーに基づいた次世代優良少花粉ス ギの効率的スクリーニング

2014年度   日本系サケ資源におけるふ化場魚と野生魚の現状把握

2014年度   白色腐朽菌によるリグニン生分解に必須な遺伝子の同定にむけた基盤整備

2014年度   調査用着底トロール網によるズワイガニの採集効率の推定

2014年度   照明シミュレーションによるLED漁灯の効果予測

2014年度   橘湾・有明海におけるChattonella赤潮出現特性の把握

2014年度   北部太平洋の外洋域におけるヒラマサの分布と生態学的特徴

2014年度   木取りの違いがスギ正角材の曲げ強度特性に及ぼす影響

2013年度   ヒラメの主要組織適合遺伝子複合体のジェノタイピング

2013年度   Gregarious flowering and regeneration process of tropical bamboo under the influence of forest fire(熱帯性タケ類における山火事影響下の一斉開花と更新過程)

2013年度   平成25年度ブリの資源評価

2013年度   Assessment of eco-efficiency in agriculture in Japan: An application of System of Environmental and Economic Accounting (SEEA) and Sustainable Value (SV)

2013年度   海の底にも目を向けて!

2013年度   Assessment of eco-efficiency in agriculture in Japan: An application of System of Environmental and Economic Accounting (SEEA) and Sustainable Value (SV)

2013年度   ヒノキ人工林間伐試験地における落葉量の経年変化

2012年度   (3)マクロベントス幼生の出現様式に着目した多様性評価手法の開発

2012年度   多収イネ品種が示す光合成関連形質の遺伝学的理解に向けた取り組み

2012年度   卓上型VPRによる動物プランクトン標本の大量解析

2012年度   (3)マクロベントス幼生の出現様式に着目した多様性評価手法の開発

2012年度   気候変動に伴う水産資源・海況変動予測技術の革新と実利用化(7) 漁場予測のためのバイオテレメトリーによるアカイカ鉛直分布の把握

2012年度   平成23年(2011年)東北地方太平洋沖地震による中大規模木造建築物の被害調査

2012年度   Perception of taste stimuli and preference behavior for sucking aqueous solutions in the Antheraea yamamai larvae

2012年度   卓上型VPRによる動物プランクトン標本の大量解析

2012年度   Perception of taste stimuli and preference behavior for sucking aqueous solutions in the Antheraea yamamai larvae

2007年度   在来草種への植生転換と多段テラスによる大規模畦畔法面の省力管理システム

2007年度   在来草種への植生転換と多段テラスによる大規模畦畔法面の省力管理システム

2007年度   在来草種への植生転換と多段テラスによる大規模畦畔法面の省力管理システム

2005年度   ダイオキシン暴露したマダイ胚のAHR異性体およびCYP1Aの発現と形態学的異常の関係

2005年度   マリンバイオテクノロジー学的視点からの水圏ウイルス研究の面白さ./第8回マリンバイオテクノロジー学会大会

2004年度   初夏の日高湾に分布する陸棚斜面水

2003年度   2001年初夏における津軽海峡東方陸棚斜面上の水温極小

2003年度   ダイオキシン類による北太平洋のクロアシアホウドリ (Diomedea nigripes) およびアホウドリ (Diomedea albatrus) の汚染とその蓄積特性

2003年度   渦流制御による海水交換促進効果について

2003年度   渦流制御による海水交換促進効果について

2003年度   冬季沿岸親潮域の水塊分布と流動構造

2003年度   Mendelian microsatellite DNA markers and the variability in tuna species of the genus Thunnus

2002年度   OsRALyase1, a Putative F-Box Protein Identified in Rice, Oryza sativa, with Enzyme Activity Identical to That of Wheat RALyase

2002年度   植物におけるリボゾーム関連タンパク質の機能解析

2001年度   カオスアトラクタによる農作業負担分析(2)

2001年度   ネズミマラリア原虫Plasmodium yoeliiオーキネート表面抗原タンパク質Pys25と粘膜アジュバンド、コレラトキシン(CT)の混合ワクチン経鼻投与による伝播阻止免疫の誘導に関する研究

2001年度   花の香りを有する緑茶・半発酵茶に適した新品種候補‘金谷21号’

2001年度   平張型傾斜ハウスの開発と利用

2001年度   水稲の登熟期における炭酸同化能と穂の着粒構造の相違が登熟特性に与える影響

この記事は