近畿大学

所属機関名 近畿大学
部局名
連絡先(電話番号) 06-6721-2332
577-8502
所在都道府県名 大阪府東大阪市小若江3-4-1
URL http://www.kindai.ac.jp/

関連情報

2014年度   タイトル無し

2014年度   タイトル無し

2013年度   Normal 0 0 2 false false false EN-US JA X-NONE MicrosoftInternetExplorer4 Preliminary review of catch and effort data of shortfin mako shark caught by Japanese offshore and distant-water longliners in the period between 1994 and 2012.

2013年度   生活史ステージ間の移動分散を考慮したカレイ類の空間資源解析技術の開発

2012年度   Continuous measurement of CH4 emission from stream riparian zone in warm temperate deciduous forest

2012年度   Continuous measurement of CH4 emission from stream riparian zone in warm temperate deciduous forest

2012年度   Degradation of the Plant Cell Wall by Nematodes.

2012年度   人工ふ化放流河川におけるサケ野生魚の割合推定

2012年度   放流されたサケ稚魚は、いつ、どこを通って川を下るのか?

2006年度   Current progress and perspective on seed production technologies of Japanese eel Anguilla japonica

2006年度   Current progress and perspective on seed production technologies of Japanese eel Anguilla japonica

2005年度   ニホンウナギにおける種苗生産技術の高度化と育種基盤の整備

2005年度   アカアマダイの天然魚および人工種苗の行動比較

2005年度   水産初期餌料動物プランクトンL型ワムシの高密度培養に出現したワムシに特異的な有害菌について/第42回化学関連支部合同九州大会

2005年度   太平洋におけるまぐろ延縄漁業の漁場分布と衛星データの関係

2005年度   バイオテレメトリーによる水圏生物情報の取得と応用7~環境変化に対するアカアマダイの行動特性~/平成17年度日本水産学会大会

2005年度   Behavior of wild and hatchery-reared red tilefish measured by the two methods: video recording and biotelemetry tracking(ビデオ撮影およびバイオテレメトリーによる行動追跡の2手法から解明したアカアマダイ天然魚と人工生産魚の行動)/Sixth Conference on Fish Telemetry

2004年度   水産餌料用動物プランクトン,L型ワムシに対する塩化コバルト添加の増殖促進

2004年度   人為債熟ウナギ仔魚にみられる倍数性変異の出現原因

2003年度   The first production of glass eel in captivity: fish reproductive physiology faciliates great progress in aquaculture.

2003年度   28. Induction of sperm maturotion.

2003年度   ウナギ仔魚にみられる倍数性の変異について

2003年度   Occurrence of spontaneous polyploid from the eggs obtained by artificial induction of maturation in the Japanese eel (Anguilla japonica)

2003年度   ウナギの卵質に及ぼす卵の生化学成分の影響

2003年度   The transferrin-like protein in the sea urchin is a zinc binding protein

2002年度   Studies on substrate recognition of chitinase A and B from Serratia marscens by using derivatives of 4-methylumbelliferyl chitobioside

2002年度   Streptomyces sp. N174 由来キトサナーゼの機能解析

2002年度   Kinetic studies on the hydrolysis of N-acetylated and N-deacetylated derivatives of 4-methylumbelliferyl chitobioside by the family 18 chitinases ChiA and ChiB from Serratia marcescens

2002年度   オリゴ糖基質を用いたSerratia marcescensキチナーゼ(ChiA, ChiB)の反応機構解析

2001年度   魚類の初期発育過程におけるアポトーシスの解析-?。ヒラメ胚のストレス誘導性アポトーシス。

2001年度   ストレスタンパク質を過剰発現するトランスジェニックゼブラフィッシュの作出

2001年度   Dietary administration of citrus nobiletin inhibits azoxymethane-induced colonic aberrant crypt foci in rats

2001年度   PCRを利用した完全甘ガキ個体の簡易判別法の可能性

この記事は