国立大学法人 九州大学

所属機関名 国立大学法人 九州大学
部局名
連絡先(電話番号) 092-802-2125
819-0395
所在都道府県名 福岡市西区元岡744
URL http://www.kyushu-u.ac.jp/ja/

関連情報

2014年度   タイトル無し

2014年度   育種への応用を目的としたシイタケゲノム配列整備

2014年度   連続的な捕獲圧によるニホンジカの活動パターンの変化

2014年度   資源評価における放流魚の添加効率の算出方法について

2014年度   ゲノム解析を含めた分子生物学的研究の基本と水産育種研究における研究方向

2014年度   育種への応用を目的としたシイタケゲノム配列整備

2014年度   連続的な捕獲圧によるニホンジカの活動パターンの変化

2014年度   藻場の分布変化予測-日本海沿岸の藻場に及ぼす温暖化の影響評価-

2014年度   PATタグ及び衛星標識による日本周辺のカマイルカの移動追跡

2014年度   2014/15年度漁期和歌山県いるか漁業漁獲物調査報告書

2014年度   Interaction of tree species and hizosphere microbial N mining in four temperate canopy species (温帯4樹種における菌根菌による窒素取り込みの樹種依存性)

2014年度   拡張版日本海海況予測システム(JADE2)の紹介

2014年度   瀬戸内海周防灘底層水中のケイ酸塩、リン酸塩、溶存無機態窒素比について

2014年度   タイトル無し

2014年度   リグニン系活性炭素繊維を原料とする電気二重層キャパシタ用電極の開発

2014年度   従属栄養性プランクトンの動態と夜光虫の捕食活性

2013年度   Length-weight relationship of Atlantic bluefin tuna caught by Japanese longline fisheries, based upon Japan's scientific observer program data, 2000-2011.

2013年度   ヒノキのコンテナ苗、セラミック苗、裸苗に関する植栽功程の比較

2013年度   Why do we need Human Dimensions for the FUTURE Program? 

2013年度   Acoustc estimation of effective gathering range of squid jugging boat equipped with fishing lights

2013年度   LA-ICPMSイメージングでみたツキノワグマの歯の年輪

2013年度   Induced spawning in the sea cucumber Apostichopus japonicus by neuropeptide, cubifrin

2013年度   オブジェクト指向開発手法を用いた総合科学的漁船設計のための漁船漁業システムのクラス設計

2013年度   スギ材施工空間における作業時の生理・心理応答Ⅱ

2013年度   カワゲラの生態と炭素・窒素安定同位体比

2013年度   日本産Fomes fomentariusの分類学的研究

2013年度   赤潮・貧酸素水塊広域連続観測技術の開発

2013年度   鹿島灘~九十九里沿岸におけるチョウセンハマグリ浮遊幼生分布モニタリング

2013年度   オブジェクト指向開発手法を用いた総合科学的漁船設計のための漁船漁業システムのクラス設計

2013年度   栃木県中禅寺湖の生態系に取り込まれた放射性物質

2013年度   日本鳥学会における男女共同参画

2013年度   スナメリ

2013年度   二次壁特異的プロモーターによるキシログルカナーゼの発現.

2013年度   マダイ稚魚に対するオイゲノール製剤の麻酔効果

2013年度   クロマグロの生息環境モデリング

2013年度   絶滅危惧植物レブンアツモリソウの個体群動態と保全について

2012年度   東シナ海における大中型まき網漁業データの解析1 マサバ大・中銘柄CPUEの空間分布と水温環境

2012年度   天然及び養殖クロソイの脂質成分

2012年度   Application of TOF-SIMS to the direct determination of plant components and introduction of CryoTOF-SIMS/SEM complex apparatus(植物構成物の直接同定のToF-SIMSへの適用とCryoTOF-SIMS/SEMの紹介)

2012年度   森林に及ぼす放射線の影響

2012年度   水質・底質・サルボウ斃死について

2012年度   Topographical pattern of the soil and vegetation within a 4-ha deciduous forest permanent plot in the Kratie tower site(クラティエタワーサイトの4ha落葉林プロットにおける土壌と植生の地形パターン)

2012年度   Discovery of novel ovatoxn isomers in several Ostreopsis strains in Japan

2012年度   アカシアの育種とハイブリッド化技術の開発

2012年度   Genome re-sequencing of rice by NGS to accelerate our researches on its natural variations

2012年度   天然及び養殖クロソイの脂質成分

2012年度   ヤマトシロアリのワーカー分化に女王フェロモンと生殖虫抽出物が与える影響

2012年度   イネタンパク質構造データベース

2012年度   水質・底質・サルボウ斃死について

2012年度   東北地方太平洋沖地震津波被災木材の元素分析、熱分析と利活用の可能性

2012年度   The distribution and the seasonal variability of the nutrient on the O-line.

2012年度   拡張ダルシー式に基づく推定手法による森林土壌中の水フラックス評価

2012年度   肉眼で判別できるカイコの遺伝子組換えマーカーの開発

2012年度   瀬戸内海で観測された降雨後の高栄養塩濃度について

2012年度   mtDNA D-Loop領域の塩基配列分析によるキンメダイの集団構造について

2012年度   2012年2月における福島県沖底層の放射性セシウムの空間分布

2012年度   東北地方太平洋沖地震津波被災木材の元素分析、熱分析と利活用の可能性

2012年度   きゅうり中間母本農6号

2012年度   Effects of the tsunami by the Great East Japan Earthquake on distribution of Alexandrium cysts and risk of PSP occurrences in Tohoku coastal areas in Japan

2012年度   Model based analysis of biomass growth curve using eddy covariance observation and biometric observation (渦相関による観測と生物観測を使用した生物成長曲線の解析に基づいたモデル)

2012年度   海洋顕花植物の生態系機能に及ぼす小型無脊椎動物群集の影響

2012年度   アカマツの林木遺伝資源モニタリング試験地における成木、種子、実生段階の遺伝変異

2012年度   トウガン篩管滲出液由来新規耐虫タンパク質BPLPの遺伝子クローニングと精製タンパクおよび発現タンパク質の生理・生化学活性について

2012年度   東シナ海における大中型まき網漁業データの解析1 マサバ大・中銘柄CPUEの空間分布と水温環境

2012年度   天然及び養殖クロソイの脂質成分

2012年度   東北地方太平洋沖地震津波被災木材の元素分析、熱分析と利活用の可能性

2012年度   木材加工について(13)単板切削

2012年度   Effects of the tsunami by the Great East Japan Earthquake on distribution of Alexandrium cysts and risk of PSP occurrences in Tohoku coastal areas in Japan

2012年度   Model based analysis of biomass growth curve using eddy covariance observation and biometric observation (渦相関による観測と生物観測を使用した生物成長曲線の解析に基づいたモデル)

2012年度   Nutrient-plant-animal interactions and their responses to climate change in marine ecosystems.

2012年度   アカマツの林木遺伝資源モニタリング試験地における成木、種子、実生段階の遺伝変異

2012年度   イネ葉鞘を用いたいもち病菌感染初期における遺伝子発現パターンの蛍光リアルタイムイメージング

2010年度   カタクチイワシの初期生残に及ぼす産卵特性の影響

2010年度   環境影響評価と経済性シミュレーション用の農業技術体系データベース・システム

2008年度   イネ抵抗性遺伝子解析に利用できる品種加害性の異なるイネウンカ類飼育系統

2007年度   開花せず花粉を飛散しないイネ突然変異体とその原因遺伝子

2006年度   Chattonella antiquaおよびChattonella marinaの形態比較

2006年度   台湾東方海域におけるウナギ葉形仔魚の分布

2006年度   2006年における大型クラゲ分布の特徴

2006年度   CTDデータ同化による中規模渦の再現性

2006年度   マアナゴレプトケファルスの無給餌飼育下での変態開始

2006年度   日本海における大型クラゲの分布と回遊予測

2006年度   Supplemental effects of L-carnitine on growth and fatty acid composition of red sea bream larvae.

2006年度   Simultaneous isotopic determination of CO2 and methane exchanged between the paddy and the atmosphere reveals marked differences on gas exchange processes betwen flooded and drained conditions

2006年度   2006年における大型クラゲの分布シミュレーション

2006年度   A forecasting system of RIAM for the Japan/East Sea

2006年度   生物餌料中のLカルニチン

2006年度   Annual carbon budget of a single ミrice cropping paddy field based on long-term flux measurement

2006年度   黒潮続流域におけるレプトケファルスの分布特性

2006年度   日本海における大型クラゲの回遊予測

2005年度   ニワトリ幼雛およびブロイラー飼料へのアマノリプロトプラストの添加効果/平成17年度日本水産学会大会

2005年度   ジャスモン酸欠損形質転換イネにおける病傷害応答性の解析

2005年度   イネ胚乳の貯蔵オルガネラ発達の分子機構

2005年度   日本海における大型クラゲの回遊予測シミュレーション

2005年度   L-carnitine content in practical used live food/平成17年度日本水産学会大会

2005年度   ジャスモン酸欠損形質転換イネにおける病傷害応答性の解析

2005年度   ジャスモン酸欠損形質転換イネにおける病傷害応答性の解析

2005年度   Structure of the Tsushima Warm Current and migration of the large jellyfish in the Japan Sea

2005年度   北米産および世界各地に移植されたArtemia franciscanaの生物学的特徴の相違/平成17年度日本水産学会大会

2005年度   BACフィンガープリントコンティグ上のESTの連鎖解析

2005年度   ジャスモン酸欠損形質転換イネにおける病傷害応答性の解析

2005年度   九州南海域における黒潮前線渦構造の変動(III)-時間変動特性-

2005年度   ジャスモン酸欠損形質転換イネにおける病傷害応答性の解析

2005年度   四国沖から遠州灘沖における黒潮前線渦構造の変動/2005年度日本海洋学会秋季大会

2005年度   漂流ブイによる日本海対馬暖流域の流動構造(II) - 数値モデルとの比較 -/2005年度日本海洋学会秋季大会

2005年度   BACフィンガープリントコンティグ上のESTの連鎖解析

2004年度   なぜコバルト塩添加や光照射でワムシの増殖が向上するのか - ビタミンB12産生からの説明

2004年度   日本海におけるスルメイカ卵稚仔の輸送シミュレーション

2004年度   アルテミア給餌期のトラフグとメフグにおけるLNAからDHAへの変換能の比較

2004年度   Effects of L-carnitine enrichment on the population growth, egg ratio and body size of the marine rotifer, Brachionus rotundiformis

2004年度   有害渦鞭毛藻Heterocapsa circularisquamaがアサリのろ水活動および生残に及ぼす影響

2004年度   Effects of cobalt compound supplementation and lighting on population growth of marine rotifer Brachionus plicatilis

2004年度   日本海におけるスルメイカ卵稚仔の輸送シミュレーション

2004年度   Effects of L-carnitine on the specific growth rate and the egg ratio of the marine rotifers Brachionus rotundiformis and B. plicatilis

2003年度   大気・海洋の長期気候変動機構に対する中米地峡の役割

2003年度   九州南方海域における黒潮前線渦構造の変動

2003年度   空中電磁法の改良と地すべり地における3次元比抵抗分布探査

2003年度   マダイの11β-水酸化酵素cDNAのクローニングとその発現解析

2003年度   Effect of high water temperature on brain-pituitary-gonad axis of the red seabream during its spawning season.

2003年度   有害渦鞭毛藻 Cochlodinium polykrikoidesの増殖に及ぼす窒素とリンの影響

2003年度   Physiological roles od FSH and LH in red seabream, Pagrus major.

2003年度   日本沿岸域・北太平洋の長周期変動に関する研究

2003年度   Tracking of Drifters with T/S sensors around the Cheju Island, in September 2002.

2003年度   バキュロウイルス発現系によるマダイFSHならびにLHの合成

2003年度   Effect of gonadotropin-releasing hormone agonist and testosterone on gonadotropin subunit gene expression in female red seabream (Pagrus major)

2003年度   精巣除去マダイのGTHサブユニットmRNAの発現に及ぼす11-KTの影響

2003年度   Observation and modeling of the subduction of the less saline shelf water associated with the Kuroshio frontal eddy in the East China Sea.

2003年度   日本沿岸域・北太平洋の長周期変動に関する研究

2003年度   Terrestrial Heat Flux and Deep Water in the Japan Sea and the Sulu Sea.

2003年度   ノレソレはどこからやってくるのか?-沖合での仔魚分布域から推測する接岸回遊-

2003年度   Definition of outer shelf water and its behavior around shelf break in the East China Sea.

2003年度   黒潮内側域におけるギンアナゴ葉形仔魚の日齢と成長

2003年度   Measurements of turbulent energy dissipation rate around the shelf break in the East China Sea.

2003年度   Regulation of gonadotropin subunit genes expression by 11-ketotestosterone during early spermatogenesis in male red seabream, Pagrus major

2003年度   長江起源水の広がりに関する漂流ブイ観測(I)

2003年度   四国沖の黒潮流路の110日蛇行周期性の検討

2003年度   マダイの11β-水酸化酵素cDNAの単離とその発現解析

2003年度   FRP漁船の廃船処理技術の開発 ― その1 FRP炭化実験炉の開発 ―

2003年度   有害渦鞭毛藻Cochlodinium polykrikoidesとKarenia mikmotoi間の増殖競合

2002年度   カンペステノンの体脂肪減少および血漿、肝臓脂質低下作用

2002年度   マダイの脳下垂体中のGnRH受容体mRNA発現量の周年変化

2002年度   成体マウスにおける味神経に依存した味蕾の維持に関する解析

2002年度   Pubertal changes in gonadotropin-releasing hormone (GnRH) receptor gene expression in the pituitary of red seabream

2002年度   土佐湾での低気圧性渦内における渦位分布

2002年度   西表島から得られたオオウナギ雄の銀化個体

2002年度   大循環モデルによる北太平洋の経年変動

2002年度   The neural differentiation gene Mash-1 has a distinct pattern of expression from the taste reception-related genes gustducin and T1R2 in the taste buds

2002年度   二層モデルによる黒潮流路変動

2002年度   T1R3と味覚受容関連遺伝子の味蕾における発現様式の比較

2002年度   Regulatory mechanisms of gonadotropin subunit gene expression in the pituitary of pre-pubertal red seabream (Pagrus major)

2002年度   土佐湾での低気圧性渦内における渦位分布

2002年度   屋久島におけるオオウナギの成長と成熟

2002年度   大循環モデルによる北太平洋の経年変動

2002年度   西表島から得られたオオウナギ雄の銀化個体

2002年度   二層モデルによる黒潮流路変動

2002年度   成体マウスにおける味神経に依存した味蕾維持機構の解析

2002年度   生殖腺系除去が雌マダイの視床下部-脳下垂体系におよぼす影響

2002年度   マアナゴ葉形仔魚の沿岸域出現パターンと成長段階

2002年度   屋久島におけるオオウナギの成長と成熟

2002年度   黒潮北縁域の収束発散に伴う海水交換-等密度内における収束発散と層厚移流の分布からの考察-

2002年度   西表島から得られたオオウナギ雄の銀化個体

2002年度   東部熱帯太平洋と大西洋の長周期SST変動の関連

2002年度   Molecular genetic identification of T1R3 and its expression patterns in taste buds

2002年度   雌マダイの視床下部?脳下垂体?生殖腺系構築

2002年度   マアナゴ葉形仔魚の沿岸域出現パターンと成長段階

2002年度   マダイの精子形成に及ぼすステロイドホルモン投与の影響

2002年度   黒潮北縁域の収束発散に伴う海水交換-等密度内における収束発散と層厚移流の分布からの考察-

2001年度   マダイ雄のGTH遺伝子の発現に及ぼすステロイドホルモンの影響

2001年度   近交系およびそれらの交雑群を用いたマウス甘味応答の行動遺伝学的解析

2001年度   (-)-Epigallocatechin-3-O-gallateのメチル化体によるヒト好塩基球の高親和性IgE受容体発現抑制

2001年度   成体マウスにおける味覚神経に依存した味蕾の維持とSonic hedgehog(Shh)/Patched1(Ptc)の発現

2001年度   flo2変異の形質が導入された低アレルゲン植物およびその作出方法

2001年度   Effect of gonadal steroids on gonadotropin gene expression in male red seabream (Pagurus major).

2001年度   甘味受容体T1R3のクローニングと発現の解析

2001年度   イネの95形態形質遺伝子座のRFLP地図上の位置

2001年度   神経分化マーカーMash-1およびProx-1の味蕾における発現様式

2001年度   乳価不確実性下における酪農経営の危険回避行動 -平均-分散モデルによる計量経済分析-

2001年度   Effect of gonadal steroids on gonadotropin gene expression in male red seabream (Pagurus major).

2001年度   バクテリオシンSE-K4の構造と生成及び生産にかかわる遺伝情報

2001年度   トマトにおける果実生長および光合成産物の転流の動態に対する環境作用(第3報)-塩ストレスの影響-

2001年度   マダイ雄のGTH遺伝子の発現に及ぼすステロイドホルモンの影響

2001年度   成体マウスにおける味覚神経に依存した味蕾維持機構の解析

2001年度   園芸学会文献データベースの作成とWeb上公開

2001年度   神経分化マーカーMash-1と味覚情報伝達関連遺伝子gustducin, T1R2の発現様式の比較

2001年度   果実への物質集積の動態に関する研究 ■.スイカの肥大と汁液フラックス

2001年度   MOLECULAR GENETIC IDENTIFICATION OF A CANDIDATE RECEPTOR GENE FOR SWEET TASTE

2001年度   Mapping of a gene responsible for the differece in amylopectin structure between japonica-type and indica-type rice varieties.

2001年度   マダイ雄のGTH遺伝子の発現に及ぼすステロイドホルモンの影響

2001年度   マウス舌上皮由来細胞株の樹立

2001年度   トマト果実における物質集積の動態

2001年度   有郭乳頭上皮ライブラリーの部分プロファイリング

2001年度   果実への物質集積の動態に関する研究 ■.トマトの肥大と汁液フラックス

2001年度   マウス舌味蕾におけるレプチン受容体とSTAT3 mRNAの発現

2001年度   A rice heterochronic mutant, mori1, is defective in the jyvenile-adult phase change

2001年度   Effect of gonadal steroids on gonadotropin gene expression in male red seabream (Pagurus major).

2001年度   マウス第4染色体甘味関連遺伝子群の解析:レプチン受容体支配db遺伝子の作用

この記事は