東京大学

所属機関名 東京大学
部局名
連絡先(電話番号) 03-3812-2111
113-8654
所在都道府県名 文京区本郷7-3-1
URL http://www.u-tokyo.ac.jp/index_j.html

関連情報

2014年度   タイトル無し

2014年度   Convergent cross mapping を用いた日本近海における魚種交替現象の因果関係推定

2014年度   分泌エキソソームによるメチル水銀排出の分子機構

2014年度   マレー半島の低地および丘陵フタバガキ林での乾燥と一斉結実

2014年度   Application of individual tree crown based logging detection method to QuickBird high resolution satellite imagery (単木樹冠ベース伐採検知法のQuickBird高分解能衛星画像への適用)

2014年度   瀬戸内海の小型底曳き網漁業CPUEの変化

2014年度   Energy-saving by the hull improvement for fishing vessels

2014年度   同所的に生息する3種の野ネズミにおけるドングリ中のタンニンに対する耐性能力の比較

2014年度   乾材害虫のフラスを利用したDNAバーコーディングに基づく種同定手法の開発

2014年度   三陸沿岸域で起こる異常冷水現象の予測

2014年度   ゲノム解析を含めた分子生物学的研究の基本と水産育種研究における研究方向

2014年度   カツオと小型浮魚の捕食ー被食関係を考慮した生態系モデル

2014年度   Feature analysis and automatic detection of fish sounds in the ocean

2014年度   Effect of hemicelluloses in bamboo cellulose nano-fiber produced by mechanical processing in the presence of encoglucanase (エンドグルカナーゼ存在下の機械処理で生産された竹セルロースナノファイバーにおけるヘミセルロースの影響)

2014年度   下刈り回数およびスギ幼齢木の成長と立地条件の関係について

2014年度   必殺技を封印するとき:テナガショウジョウバエの求愛における聴衆効果

2014年度   プロジェクトレベルのREDD+環境セーフガード:実施とモニタリングの現状と課題

2014年度   大型海産魚類の性成熟に及ぼす制限給餌の影響

2014年度   渦鞭毛藻Karenia mikimotoiの魚毒性に対する絶食と過酸化水素処理の効果

2014年度   環境の異なる植栽地におけるスギの成長と遺伝子発現(Seasonal and regional differences in gene expression and growth pattern in Japanese cedar)

2014年度   人工林冠ギャップ下におけるウダイカンバ稚樹の樹形アロメトリー

2014年度   豚レンサ球菌の血清型を推定できる遺伝子タイピング法の開発

2014年度   海洋におけるウナギの鉛直移動と照度との関係

2014年度   ミナミマグロを例とした資源管理,漁業管理の過去・現在・未来

2014年度   時系列空中写真による津波被災林分の残存について

2014年度   スギ木部・葉のトレファクションにおける物質収率と燃料特性

2014年度   下刈り回数およびスギ幼齢木の成長と立地条件の関係について

2014年度   タイトル無し

2014年度   中深層性魚類マイクロネクトンの構造と表層生態系への影響

2014年度   高温飼育の影響

2014年度   東京湾の漁業と環境 第6号

2014年度   GISマッピングによる我が国の沖合底びき網漁業と以西底びき網漁業の俯瞰

2014年度   伊勢湾内を浮遊するアサリ

2014年度   都市近郊林と教育的利用

2014年度   Allometry for juvenile trees in an Amazonian forest after wind disturbance (アマゾンの風倒跡地における稚樹のアロメトリ)

2014年度   来遊時期によるシラスウナギの生理学的差異

2014年度   水産分野の海洋保護区と生態系保全

2014年度   シラカンバ樹皮組織におけるベチュリン結晶の分布

2014年度   示差走査熱量法および赤外分光分析法による木材-プラスチック複合材料(混練型WPC)の定量分析とその応用

2014年度   コシアブラの放射性セシウム汚染-汚染程度が異なる地域間の比較、および季節変化-

2014年度   タイトル無し

2014年度   マルチビーム計量魚探機への期待

2014年度   砂礫泥底に広がる「サンゴの森」の維持・再生に向けて―有性生殖を利用した持続的増殖の試み―

2014年度   社会的条件に応じたテナガショウジョウバエ雄の代替配偶戦術

2014年度   アカマツ天然集団の景観スケールにおける成木と散布種子の遺伝的関係

2014年度   タイトル無し

2014年度   雄が卵を保護するホッケの卵サイズはどのような要因で決まるのか?

2014年度   WCPFC科学委員会におけるカツオ資源評価結果

2014年度   落葉広葉樹林の長期炭素収支動態推定

2014年度   ヒノキコンテナ苗の活着・成長特性

2014年度   病原性の異なるS. dysgalactiaeの比較ゲノム解析

2014年度   デジカメ等による干潟撮影観察手法の紹介

2014年度   連続的な捕獲圧によるニホンジカの活動パターンの変化

2014年度   木質バイオマスのトレファクション処理条件と燃料性能との関連

2014年度   Age structure of branches influencing crown-top expansion in Abies sachalinensis (トドマツにおける樹冠先端部の拡大に影響を与える枝の年齢構成)

2014年度   ブロードキャスター用ECUソフトウエア

2014年度   イワナとヤマメの棲み分け理論の再考

2014年度   日本沿岸の藻場とその保全

2014年度   リグニンを用いた新たなマテリアル産業創出に向けた取り組み-基礎知識・技術開発・地域資源-

2014年度   都市近郊林をめぐる利用・文化的サービスとゾーニング

2013年度   平成25年度ブリの資源評価

2013年度   AMPLIFICATION OF COASTAL-TRAPPED WAVES RESONANTLY GENERATED BY WIND AROUND THE SADO ISLAND, JAPAN

2013年度   Super-SAGE法によるシイタケのトランスクリプトーム解析

2013年度   産卵期前の水温および摂餌量が繁殖形質に与える影響:ホッケの母性効果の検証

2013年度   シンポジウム:もり・かわ・うみの保全と再生「魚の餌としてのアサリ -干潟の餌環境の指標としてのアサリ資源の変動が瀬戸内海の魚類生産へ及ぼす影響-〈講演〉」

2013年度   高アミロース米による新規食品素材「米ゲル」

2013年度   間伐による森林からの流量・蒸発散量の変化

2013年度   Development of integrated multi-trophic aquaculture (IMTA) method for small-scale farmers in the Philippines

2013年度   Efficient secretion of (R)-3-hydroxybutyric acid from Halomonas sp. KM-1 cultured with saccharified Japanese cedar under microaerobic conditions. (糖化したスギからのハロモナス菌KM-1株の微好気条件による3-ヒドロキシ酪酸の効果的な分泌生産)

2013年度   R/V Kaiyo-Maru CRUISE REPORT KY1302 May 23 July 16, 2013 (Tokyo Palau Tokyo) Report of the research on the reproductive biology of the Japanese eel (Anguilla japonica) and the larval feeding ecology in the proposed spawning area and its adjacent waters

2013年度   Toxins and toxic algae in Japan an overview

2013年度   小笠原諸島母島産の「オオメシマコブ」および「メシマコブ」

2013年度   産卵期前の水温および摂餌量が繁殖形質に与える影響:ホッケの母性効果の検証

2013年度   漁船船団の航行時最適配置について

2013年度   コンテナ苗の植栽器具と植栽作業能率

2013年度   伊勢湾口海域におけるマガキ種苗の確保とその特性

2013年度   中層木造建築物のための耐火集成材の開発

2013年度   Interdecadal decreasing trend of the Oyashio on the continental slope off the southeastern coast of Hokkaido, Japan

2013年度   Gregarious flowering and regeneration process of tropical bamboo under the influence of forest fire(熱帯性タケ類における山火事影響下の一斉開花と更新過程)

2013年度   平成 25 年度有害化学物質リスク管理基礎調査事業(マウス試験法と機器分析法の比較による相関データの収集(麻痺性貝毒)「国内法妥当性評価報告書」

2013年度   mtDNA D-Loop領域の塩基配列分析によるマイワシの集団構造について

2013年度   カラマツ生立木樹幹内水分量の12年間の変化

2013年度   エゾマツ裸根幼苗のコンテナへの移植作業功程

2013年度   三陸沿岸域の水温変化とその成因

2013年度   京都府南部における植生からのイソプレン放出特性について

2013年度   国内沿岸で捕獲されたソウシハギにおけるパリトキシンのLC/MS/MS分析

2013年度   適正な人工飼料と給餌方法の開発

2013年度   mtDNA D-Loop領域の塩基配列分析によるマイワシの集団構造について

2013年度   スギ若齢木における木材性質の遺伝パラメータの推定

2013年度   広帯域計量魚群探知機を用いた仙台沖での底魚調査

2013年度   Incorporation of 13C from glucose into DHA occurred in culture of marine ciliates Uronema sp. NIZ-I (Ciliophora, Scuticociliatida)

2013年度   列状間伐実施中の森林流域における懸濁態物質の動態と植生回復

2013年度   平成25年度生産資材安全確保調査・試験委託事業「水産物における飼料添加物の残留実態調査」報告書

2013年度   An Analysis of the Causality between the Market Price of Imported Fishmeal and Market Price of Marine Farmed Fish

2013年度   Efficient secretion of (R)-3-hydroxybutyric acid from Halomonas sp. KM-1 cultured with saccharified Japanese cedar under microaerobic conditions. (糖化したスギからのハロモナス菌KM-1株の微好気条件による3-ヒドロキシ酪酸の効果的な分泌生産)

2012年度   表面処理

2012年度   Impacts of extensive squid driftnet fishery and climate variability on epipelagic nekton in the Transition Region of the central North Pacific

2012年度   漁業者による栄養塩簡易分析手法の検討

2012年度   Wooden shop-name signage on the facade of westernized buildings built in 1920-30's in the east Japan(東日本における1920年代から30年代に建てられた西洋建築物外壁の木製看板)

2012年度   能登半島北方沖の海脚における近慣性内部波の散乱に関する数値実験

2012年度   2012年2月における福島県沖底層の放射性セシウムの空間分布

2012年度   放射性炭素を用いた土壌有機物の分解性の定量化

2012年度   Seasonal change of the amount of transpiration in deciduous forest in Kratie province, Cambodia(カンボジア国クラティエ州の落葉林における蒸散量の季節変化)

2012年度   仙台湾における震災前後の植物プランクトン群集の比較

2012年度   マイワシとカタクチイワシの産卵状況と沖合域の加入状況

2012年度   カラマツ育種素材保存園における応力波伝播速度を用いた樹幹内部欠陥の調査事例

2012年度   Comparing local forestry operations in a watershed area, Japan(流域内の森林施業の実施状況の比較)

2012年度   外来哺乳類管理の実際

2012年度   Quantification of causal relationships between heading date and other traits using structural equation modeling: Application to bi-parental and association mapping populations in rice

2012年度   Seasonal change of the amount of transpiration in deciduous forest in Kratie province, Cambodia(カンボジア国クラティエ州の落葉林における蒸散量の季節変化)

2012年度   Dro1, a quantitative trait locus involved in deep rooting, enhances drought avoidance in rice

2012年度   イオンビームを利用した低カドミウムコシヒカリの開発

2012年度   ハダニ抵抗性誘導物質の探索

2012年度   大豆種子子葉部で検出される不快味成分ソヤサポゲノールAサポニン配糖体

2012年度   車両系集材システムの一展開

2012年度   2003 ~ 2005年に鹿島灘でみられた二枚貝幼生の時系列的出現傾向

2012年度   漁業者による栄養塩簡易分析手法の検討

2012年度   Wooden shop-name signage on the facade of westernized buildings built in 1920-30's in the east Japan(東日本における1920年代から30年代に建てられた西洋建築物外壁の木製看板)

2012年度   スナイパー

2012年度   DNAマーカーによるメダカ近縁種の種判別

2012年度   広島湾表層海水における防汚剤トリフェニルボランの濃度

2012年度   樹木腐朽と樹洞を巡る生物間相互作用:Nest-Webの構築に向けて

2012年度   仙台湾における震災前後の植物プランクトン群集の比較

2012年度   強い漁獲圧がかかる場合のアユの最適放流密度

2012年度   多摩森林科学園におけるサクラの品種別腐朽被害

2012年度   Comparing local forestry operations in a watershed area, Japan(流域内の森林施業の実施状況の比較)

2012年度   イネいもち病菌におけるハイドロフォビン様タンパク質MoHsb1, MoHsb2は病原性に関与する

2012年度   Quantification of causal relationships between heading date and other traits using structural equation modeling: Application to bi-parental and association mapping populations in rice

2012年度   Seasonal change of the amount of transpiration in deciduous forest in Kratie province, Cambodia(カンボジア国クラティエ州の落葉林における蒸散量の季節変化)

2012年度   Dro1, a quantitative trait locus involved in deep rooting, enhances drought avoidance in rice

2012年度   多収イネ品種が示す光合成関連形質の遺伝学的理解に向けた取り組み

2012年度   シャットネラの日周鉛直移動リズムは光環境に制御される

2012年度   森林総合研究所の林業工学分野の研究計画-第3期中期計画における取り組み -

2012年度   High levels of docosa hexaenoic acid in the lipids of skipjack tuna, Katsuowonus pelamis, ranging over both the Pacifc and Indian Oceans

2012年度   Beyond dispersion: How to model migration of Japanese sardine (Sardinops melanostictus) in the western North Pacific

2012年度   Wooden shop-name signage on the facade of westernized buildings built in 1920-30's in the east Japan(東日本における1920年代から30年代に建てられた西洋建築物外壁の木製看板)

2012年度   ウナギにおけるマーカー選抜育種の基盤となる遺伝的基礎情報の整備

2012年度   DNAマーカーによるメダカ近縁種の種判別

2012年度   Successive data assimilation on ship motions in following seas

2012年度   The vertical distribution of polypores in a Bornean tropical rain forest

2012年度   日本海西部のアカガレイ雌の年齢組成

2012年度   強い漁獲圧がかかる場合のアユの最適放流密度

2012年度   放射性炭素を用いた土壌有機物の分解性の定量化

2012年度   SEABIRDS AS ADHESIVE SEED DISPERSERS OF ALIEN AND NATIVE PLANTS IN THE OCEANIC OGASAWARA ISLANDS, JAPAN.(小笠原諸島における外来および在来植物の海鳥による付着散布)

2012年度   イネいもち病菌におけるハイドロフォビン様タンパク質MoHsb1, MoHsb2は病原性に関与する

2012年度   Quantification of causal relationships between heading date and other traits using structural equation modeling: Application to bi-parental and association mapping populations in rice

2012年度   Seasonal change of the amount of transpiration in deciduous forest in Kratie province, Cambodia(カンボジア国クラティエ州の落葉林における蒸散量の季節変化)

2012年度   Dro1, a quantitative trait locus involved in deep rooting, enhances drought avoidance in rice

2012年度   Dro1, a quantitative trait locus involved in deep rooting, enhances drought avoidance in rice

2012年度   養殖ヒラメに寄生する新種のクドア属粘液胞子虫による食中毒の防止技術の開発

2012年度   マイワシとカタクチイワシの産卵状況と沖合域の加入状況

2012年度   カラマツ育種素材保存園における応力波伝播速度を用いた樹幹内部欠陥の調査事例

2012年度   Potential of forest biomass estimation with topographic variables generated from SRTM data.(SRTMデータより算出した地形変数群による森林バイオマス推定の可能性)

2012年度   ウナギにおけるマーカー選抜育種の基盤となる遺伝的基礎情報の整備

2012年度   北海道東部太平洋沿岸域における水塊変質

2012年度   Successive data assimilation on ship motions in following seas

2012年度   Wooden shop-name signage on the facade of westernized buildings built in 1920-30's in the east Japan(東日本における1920年代から30年代に建てられた西洋建築物外壁の木製看板)

2012年度   日本海西部のアカガレイ雌の年齢組成

2012年度   遺伝的多様性の保持を目指したマツカワの親魚管理および交配技術

2012年度   放射性炭素を用いた土壌有機物の分解性の定量化

2012年度   Mycorrhizal symbiosis of matsutake mushrooms in vitro ?screening strains for cultivation (マツタケの菌根合成試験)

2012年度   光照射と植物性初期餌料生物の省エネルギー培養

2012年度   ハダニ抵抗性誘導物質の探索

2012年度   Quantification of causal relationships between heading date and other traits using structural equation modeling: Application to bi-parental and association mapping populations in rice

2012年度   Seasonal change of the amount of transpiration in deciduous forest in Kratie province, Cambodia(カンボジア国クラティエ州の落葉林における蒸散量の季節変化)

2012年度   Quantification of causal relationships between heading date and other traits using structural equation modeling: Application to bi-parental and association mapping populations in rice

2012年度   Dro1, a quantitative trait locus involved in deep rooting, enhances drought avoidance in rice

2012年度   ニジマスの高温選抜効果を熱ショックタンパク質(HSP)発現量で検証する

2009年度   Removal of copper from aqueous solution using iron-containing adsorbents derived from methane fermentation sludge.

2009年度   イネの花器官形成を制御する新規MADSボックス転写因子

2009年度   Removal of Organic Contaminants from Aqueous Solution by Cattle Manure Compost (CMC) Derived Activated Carbons.

2009年度   Crystal structure of polysaccharide lyase family 20 endo-β-1,4-glucuronan lyase from the filamentous fungus Trichoderma reesei

2009年度   インターネット上で農作業安全に関する知識を学習できるeラーニングシステム

2009年度   Enzymatic hydrolysis of cellulose I is greatly accelerated via its conversion to the cellulose II hydrate form

2009年度   線毛関連遺伝子のプロファイリングによるStreptococcus suis強毒株の識別

2009年度   Carbon and Nitrogen Balances for Pyrolysis of Methane Fermentation Sludge (MFS) Using Super-heated Steam.

2008年度   オイルパーム古木中の糖は貯蔵中に増加し、有望なバイオエタノール原料となる

2008年度   無触媒メチルエステル化法実証プラントによるバイオディーゼル燃料製造

2007年度   開花せず花粉を飛散しないイネ突然変異体とその原因遺伝子

2007年度   開花せず花粉を飛散しないイネ突然変異体とその原因遺伝子

2007年度   開花せず花粉を飛散しないイネ突然変異体とその原因遺伝子

2007年度   開花せず花粉を飛散しないイネ突然変異体とその原因遺伝子

2007年度   開花せず花粉を飛散しないイネ突然変異体とその原因遺伝子

2006年度   Population genetic structures in the noxious red tide-causing algae Heterosigma akashiwo (Raphidophyceae) in Japanese coastal waters revealed by microsatellites

2006年度   要旨集: J.Nishikawa, H.Sugisaki and I Yasuda(2006)Increase in salp abundance during 1983-1993 in the western subarctic North Pacific.

2006年度   Molecular cloning and expression patterns of zebrafish receptor protein tyrosine phosphatase ?

2006年度   プロジェクト・サイクル・マネジメント手法-I アメリカオオアカイカ研究への適用

2006年度   農村地域における半自然草地の保全・復元にむけた草地植生の評価

2006年度   南太平洋~ロス海における深層海水の性質の長期変動―地球温暖化による可能性―

2006年度   蛾類の性フェロモン受容体遺伝子の単離と機能解析

2006年度   珪藻感染性ウイルス研究の現状と今後の展望

2006年度   ミトゲノム解析による現生板鰓類の系統類縁関係推定

2006年度   景観構造に関する調査・情報システムとそれを利用したチョウ類の生息ポテンシャル評価

2006年度   同所分布するマイワシ・カタクチイワシの摂餌生態の比較

2006年度   フキノメイガ近縁種群の性フェロモンによる交尾前隔離

2006年度   植物プランクトンの細胞密度および種組成の長期変動から見た播磨灘30年の変遷

2006年度   Have reseedings contributed for the stock enhancement of abalone in Japan?

2006年度   有害ラフィド藻Heterosigma akashiwoのマイクロサテライトマーカーの開発とその特徴

2006年度   How do we recover abalone resources successfully by reseedings?

2006年度   景観構造に関する調査・情報システムとそれを利用したチョウ類の生息ポテンシャル評価

2006年度   Diel vertical migration of squid in the Oyashio-Kuroshio transition region of the western North Pacific

2006年度   フキノメイガ近縁種群の性フェロモンによる交尾前隔離

2006年度   有害渦鞭毛藻 Cochlodinium polykrikoides のマイクロサテライトマーカーの開発とその特徴

2006年度   Factors affecting recruitment fluctuations of abalone - assessment of the stock management and enhancement activities in the last 30 years in Japan

2006年度   Development of microsatellite markers in the harmful dinoflagellate Cochlodinium polykrikoides (Dinophyceae)

2006年度   要旨集:齊藤・杢・杉崎・津田(2007)北太平洋亜寒帯域におけるNeocalanus属の捕食圧.

2006年度   プロジェクト・サイクル・マネジメント手法-II 教訓の抽出と水産研究への適用可能性

2006年度   関東地方平野部における半自然草地群落の種多様性と機能組成上の特徴

2006年度   Microsatellite markers reveal population genetic structure in the noxious red tide-causing algae Heterosigma akashiwo (Raphidophyceae) in Japanese coastal waters

2006年度   マイワシ・カタクチイワシ・マサバ

2005年度   数千キロを旅するウナギ-謎の生態

2005年度   サンゴー褐虫藻による硝酸態窒素の利用/日本サンゴ礁学会第8回大会

2005年度   魚種交替を説明する成長速度最適水温仮説/平成17年度日本水産学会大会

2005年度   Phenome database of Tos17 insertion lines of japonica rice Nipponbare

2005年度   ヤギの雄効果フェロモン合成に関わる遺伝子の探索

2005年度   骨芽細胞様細胞を用いた骨様組織の調製

2005年度   葉緑体移行シグナル成立に関する新規事例

2005年度   Large scale phenotyping of Tos17 insertion lines of rice

2005年度   魚類のIL-15遺伝子/平成17年度日本魚病学会大会

2005年度   カタクチイワシ未成魚・成魚期における耳石日周輪形成の検証/平成17年度日本水産学会関東支部会シンポジウム

2005年度   フレームシフトにより誕生した葉緑体移行シグナル

2005年度   ヤギの雄効果フェロモン合成に関わる遺伝子の探索

2005年度   ヤギ副嗅球の組織化学的特徴

2005年度   核に移転したオルガネラ遺伝子はどのようにして活性化したか

2005年度   イネとイネいもち病菌相互作用における活性酸素の生成と消長

2005年度   魚種交替を説明する成長速度最適水温仮説とサンマへの適用可能性

2005年度   水産生物を対象としたDNA多型データベースの構築/日本DNA多型学会第14回学術集会

2005年度   Larger faecal pellets are more vulnerable: Size-dependent detection of sinking particles by Oithona similis/ASLO Summer Meeting

2005年度   骨肉腫細胞を用いた平面絹・ヒドロキシアパタイトハイブリッドの構築

2005年度   キシラジン処置はヤギ雄効果フェロモンの作用を消失させる

2005年度   鋤鼻器の機能的遮断はヤギ雄効果フェロモンの作用を阻害しない

2005年度   イネ培養細胞におけるキチンエリシター応答性遺伝子の時系列でのマイクロアレイ解析

2005年度   ヤギ雄効果フェロモンの受容部位・情報伝達機構の検討

2005年度   “Cobalt” trout and “color interfere” medaka: possible involvement of somatolactin in lipid metabolism.

2005年度   SPINUP-西部北太平洋亜寒帯域における鉄とプランクトンの動態研究/2005年度日本海洋学会春季大会

2005年度   Phenome database of Tos17 insertion lines of japonica rice Nipponbare

2005年度   ヤギの雄効果フェロモン合成に関わる遺伝子の探索

2005年度   骨芽細胞様細胞を用いた骨様組織の調製

2005年度   葉緑体移行シグナル成立に関する新規事例

2005年度   Large scale phenotyping of Tos17 insertion lines of rice

2005年度   腎臓肥大を伴うメダカ内臓逆位変異体ut016の解析/第28回日本分子生物学会年会

2005年度   相模湾におけるカタクチイワシ仔魚の成長と生残/平成17年度日本水産学会関東支部会シンポジウム

2005年度   フレームシフトにより誕生した葉緑体移行シグナル

2005年度   ヤギの雄効果フェロモン合成に関わる遺伝子の探索

2005年度   ヤギ副嗅球の組織化学的特徴

2005年度   核に移転したオルガネラ遺伝子はどのようにして活性化したか

2005年度   細菌リポ多糖によるイネ培養細胞の防御応答誘導と感受性の増大

2005年度   カタクチイワシの回遊二型-炭素・窒素安定同位体比の海域比較-

2005年度   ヤリイカの鮮度と乾燥品の褐変/平成17年度日本水産学会大会

2005年度   ヒトMPO分子上のMPO-ANCA結合部位エピトープ解析

2005年度   ヒトMPO分子におけるMPO-ANCAエピトープ解析

2005年度   キシラジン処置はヤギ雄効果フェロモンの作用を消失させる

2005年度   カルシウム強化培養液と平面絹を用いた骨様組織の再構築

2005年度   イネ培養細胞におけるキチンエリシター応答性遺伝子の時系列でのマイクロアレイ解析

2005年度   ヤギ雄効果フェロモン受容部位の探索

2005年度   地球環境総合推進費「F-5 サンゴ礁生物多様性保全地域の選定に関する研究」 (1)保全すべきサンゴ礁生物多様性の探索 (iv)海藻藻場と魚類

2005年度   ヤギの雄効果フェロモン合成に関わる遺伝子の探索

2005年度   鋤鼻器の機能的遮断はヤギ雄効果フェロモンの作用を阻害しない

2005年度   葉緑体移行シグナル成立に関する新規事例

2005年度   ヤギ雄効果フェロモンの受容部位・情報伝達機構の検討

2005年度   体軸伸長に異常を示すmedaka突然変異体tacobo(tab)の/第28回日本分子生物学会年会

2005年度   Potential temperature-based mechanisms for anchovy and sardine see-sawing

2005年度   フレームシフトにより誕生した葉緑体移行シグナル

2005年度   ヤギの雄効果フェロモン合成に関わる遺伝子の探索

2005年度   骨芽細胞様細胞を用いた骨様組織の調製

2005年度   核に移転したオルガネラ遺伝子はどのようにして活性化したか

2005年度   ヒト真皮由来線維芽細胞の培養系に平面絹とCa2+培養液を利用して骨様組織を再構築する新しい方法

2005年度   イワシ増減原因わかった-稚魚時代の海水温影響-

2005年度   動的粘弾性による肉糊のだれ性測定/平成17年度日本水産学会大会

2005年度   イネミュータントパネルのフェノームデータベース

2005年度   シバヤギ嗅上皮におけるフェロモン受容体遺伝子およびGαi2の発現

2005年度   キシラジン処置はヤギ雄効果フェロモンの作用を消失させる

2005年度   カルシウム強化培養液と平面絹を用いた骨様組織の再構築

2005年度   イネ培養細胞におけるキチンエリシター応答性遺伝子の時系列でのマイクロアレイ解析

2005年度   ヤギ雄効果フェロモン受容部位の探索

2005年度   資源選択性の統計解析-II.各種解析法の紹介

2005年度   Stimulatory effect of ghrelin on fish immune function.

2005年度   Long term monitoring of zooplankton biomass and species diversities collected in western North Pacific

2005年度   Two subsets of sensory neurons in goat olfactory epithelium

2005年度   ヤギ雄効果フェロモンの受容部位・情報伝達機構の検討

2005年度   「ニホンウナギの産卵場所特定」期待膨らむ「完全養殖」

2005年度   左右性形成異常を示すメダカ突然変異体abecobeの解析

2005年度   カタクチイワシの初期生活史における成長速度決定要因/平成17年度日本水産学会大会

2005年度   フレームシフトにより誕生した葉緑体移行シグナル

2005年度   ヤギの雄効果フェロモン合成に関わる遺伝子の探索

2005年度   骨芽細胞様細胞を用いた骨様組織の調製

2005年度   葉緑体移行シグナル成立に関する新規事例

2005年度   ヒト真皮由来線維芽細胞の培養系に平面絹とCa2+培養液を利用して骨様組織を再構築する新しい方法

2005年度   ハダムシ類Benedenia seriolaeとNeobenedenia girellaeの簡便識別法の開発/平成17年度日本水産学会大会

2005年度   近年のマイワシ仔稚魚の輸送形態と分布特性/平成18年度日本海洋学会春期大会

2005年度   イネミュータントパネルのフェノームデータベース

2005年度   ヤギの雄効果フェロモン合成に関わる遺伝子の探索

2005年度   ヤギ副嗅球の組織化学的特徴

2005年度   核に移転したオルガネラ遺伝子はどのようにして活性化したか

2005年度   イネ培養細胞におけるキチンエリシター応答性遺伝子の時系列でのマイクロアレイ解析

2005年度   ヤギ雄効果フェロモン受容部位の探索

2005年度   シラスの成長速度と生残機構

2005年度   Differential expression of three corticosteroid receptor genes in trout immune system in response to acute stress.

2005年度   Biogeochemical Roles of Zooplankton and Micronekton in the Twilight Zone/Ocean Sciences Meeting

2005年度   骨肉腫細胞を用いた平面絹・ヒドロキシアパタイトハイブリッドの構築

2005年度   雄効果フェロモン活性画分の部分精製

2005年度   鋤鼻器の機能的遮断はヤギ雄効果フェロモンの作用を阻害しない

2005年度   Morphological analysis of two types of receptor neurons in goat olfactory epithelium

2004年度   親潮域春季ブルーム期の鉄の動態と生物応答.2005年度日本プランクトン学会シンポジウム

2004年度   西部北太平洋亜寒帯域および親潮域における鉄濃度の季節的変動.2005年度日本海洋学会春季大会

2004年度   東部亜寒帯太平洋での鉄散布実験(SERIES)におけるメソ動物プランクトンの応答.2005年度日本海洋学会春季大会

2004年度   Growth-selective predation hypothesis revisited for larval anchovy in offshore waters: cannibalism by juveniles vs. predation by skipjack tunas

2004年度   ニシン・シマアジ・サワラ・の仔稚魚における無給餌生残日数(水産海洋学会)

2004年度   Effect of nitrate enrichment on release of organic carbon and nitrogen from zooxanthellate coral Acropora pulchla and subsequent microbial decomposition under laboratory condition

2004年度   池田湖産アユの形質特性

2004年度   鳴音データの解析によるヨウスコウカワイルカの潜水行動およびバイオソナー特性の推定.

2004年度   Medaka(Oryzias latipes)突然変異体UT-006の解析 

2004年度   標識データから見たカツオの移動

2004年度   東北太平洋岸海域へのアオメエソの加入.平成16年度日本水産学会

2004年度   懸垂法と理論モデルによるコヒレハダカのターゲットストレングスの検討

2004年度   日本沿岸域に分布する有毒渦鞭毛藻Alexandrium tamarense個体群のマイクロサテライト多型解析

2004年度   西部北太平洋亜寒帯域および親潮域における鉄濃度の季節的変動.2005年度日本海洋学会春季大会

2004年度   エゾアワビ卵含有脂肪酸が浮遊幼生と初期稚貝の生残に及ぼす影響について.平成16年度日本水産学会大会

2004年度   キャベリングを考慮した混合水域における北太平洋中層水の形成及び輸送過程.2004年度日本海洋学会秋季大会

2004年度   SPINUP-西部亜寒帯太平洋における鉄とプランクトンの動態研究-.2005年度日本海洋学会春季大会

2004年度   低水温実験条件下でのNeoheterobothrium hirameの着定と発育(平成16年度日本魚病学会大会)

2004年度   ミトコンドリアゲノム全塩基配列によるトラフグとミドリフグの分岐年代の推定

2004年度   Interaction between growth hormone and cortisol in fish immune system.

2004年度   三陸沖海域におけるアオザメの分布と食性

2004年度   メダカ胴尾部欠損変異体headfiihの解析

2004年度   カツオの成長・回遊生態

2004年度   Medaka temparature-sensitive mutant UT006 reveals a novel role of chordin inleft-right axis determination

2004年度   日本沿岸域に分布する有毒渦鞭毛藻Alexandrium tamarense個体群のマイクロサテライト多型解析

2004年度   Growth-optimal temperature for larval sardine vs. anchovy: A possible mechanism for sardine-anchovy regime shift?

2004年度   散布域における生物応答.2005年度日本プランクトン学会シンポジウム

2004年度   歯舌列数によるエゾアワビ幼生浮遊期間の推定.平成16年度日本水産学会大会

2004年度   混合水域・黒潮続流域における北太平洋中層水の流量分布2.2004年度日本海洋学会秋季大会

2004年度   SPINUP-西部亜寒帯太平洋における鉄とプランクトンの動態研究-.2005年度日本海洋学会春季大会

2004年度   ニシンとキビナゴの生殖腺初期発育過程の比較(平成16年度日本水産学会大会)

2004年度   ミトコンドリアゲノム全塩基配列によるフグ目魚類の系統的位置と単系統性の推定

2004年度   水産DNA多型データベース構築の試み

2004年度   Demographic analysis on Atlantic blue and shortfin mako sharks

2004年度   13C・15N安定同位体トレーサーを用いた造礁サンゴによる有機物生産に関する研究

2004年度   西部太平洋でのカツオにおける耳石日周輪形成の検証と稚魚期の日齢査定

2004年度   Analysis of a medaka mutant headfish, defective in trunk and tail development

2004年度   日本周辺に来遊したカツオと熱帯域にとどまったカツオの肥満度と成熟

2004年度   Differential optimal temperatures for growth of larval anchovy and sardine: A potentialmechanism for regime shifts?

2004年度   有機錯体鉄の添加に対する西部北太平洋亜寒帯域の植物プランクトンの増殖応答.2004年度日本海洋学会秋季大会

2004年度   東部亜寒帯太平洋での鉄散布実験(SERIES)におけるメソ動物プランクトンの応答.2005年度日本海洋学会春季大会

2004年度   日本海とオホーツク海における深海性底生魚のノロゲンゲの集団構造

2004年度   親潮域混合層における溶存鉄の供給源について.2004年度日本地球化学会年会

2004年度   宮古湾におけるニシン天然仔稚魚発生量の年変動とその要因(平成16年度日本水産学会大会)

2004年度   有毒渦鞭毛藻Alexandrium tamarenseの多型分子マーカーの開発とその特徴

2004年度   凍結および即殺スルメイカのリボース含量と褐変への影響

2004年度   Movements and stock discrimination of skipjack tuna, Katuwonus pelamis, in the Western Pacific by otolith Sr:Ca ratios.

2004年度   Seasonal and spatial variation of nitrogen source for macroalgae and its controlling factors assessed by d;15N and other chemical components in algal thalli at fringing coral reefs

2004年度   日本海とオホーツク海における深海性底生魚ノロゲンゲの集団構造

2004年度   メダカを用いた甲状腺発生の研究

2004年度   鯨類の資源量推定における追加分散とその評価

2004年度   2003/4冬季の黒潮続流域調査

2003年度   OICEにおける親潮流量の経年変動について

2003年度   神奈川県長井沿岸で採集されたアワビ類初期稚貝の種組成

2003年度   造礁サンゴの卵タンパク質の分子生物学的解析

2003年度   The effects of egg quality on larval period and post-larval survival of Haliotis discus hannai

2003年度   GnRH systems in masu salmon and barfin flounder.

2003年度   東北海区水温情報の即時提供に向けて

2003年度   日本産浅海性巻貝類3種における幼生型と集団構造

2003年度   バイオテレメトリーによる中禅寺湖レイクトラウトの産卵場調査

2003年度   音響調査による2002年冬季ベーリング海におけるコヒレハダカの分布

2003年度   Molecular analysis of egg proteins in reef-building corals

2003年度   パソコンで学ぶ農作業安全

2003年度   農林水産技術会議事務局・西海区水産研究所

2003年度   音響調査による2002年冬季ベーリング海におけるコヒレハダカの分布

2003年度   サクラマス雄の繁殖行動における内分泌かく乱化学物質の影響

2003年度   Respnses of micrograzers to the mesoscale iron fertilization in the western subarctic Pacific (SEEDS)

2003年度   Adaptation mechanisms of Pacific bluefin tuna to temperate waters as detected by archival tags

2003年度   西部太平洋熱帯域におけるカツオ仔稚魚の日齢と成長

2003年度   Settlement density of abalone post-larvae collected with plastic plates in the Sagami Bay, Pacific coast of Japan

2003年度   Genetic effect of resistance to aymotrophia in Japanese abalone, Haliotis discus discus.

2003年度   鉄で防ぐ海の砂漠化

2003年度   等密度追従型フロートによる混合域中層の循環と混合過程の追跡

2003年度   ニシンの消化管の発達過程

2003年度   オホーツク海南西部におけるカイアシ類Neocalanus cristatus, N. flemingeri, N. plumchrusおよびEucalanus bungiiの生活史

2003年度   Methyltestosterone induces male sensitivity to both primer and releaser pheromones in the urine of ovulated female masu salmon.

2003年度   「かたち」を定量的に計測・評価するためのプログラムパッケージSHAPE

2003年度   幼稚仔分布特性と生存要因の解明

2003年度   メダカ突然変異体toguro(tgr)の解析

2003年度   サクラマス雄の繁殖行動における内分泌かく乱化学物質の影響

2003年度   Relationship between winter seawater temperatures and survival of 0-year-class abalone, Haliotis discus hannai, along the north Pacific coast of Honshu, Japan

2003年度   1996-2001年移行域におけるハダカイワシ科魚類の個体数変動

2003年度   An outline of the growth study on skipjack tuna (Katsuwonus pelamis) in the western Pacific.

2003年度   黒潮・親潮移行域におけるカタクチイワシ仔稚魚の成長速度と生残率の経年変化

2003年度   海に鉄分散布、葉緑素が増加

2003年度   冬季ベーリング海アリューシャン海盆におけるスケトウダラ分布特性について

2003年度   南東部ベーリング海陸棚域における基礎生産速度植物プランクトン群集の分布特性

2003年度   エゾアワビの卵質変化とその要因について

2003年度   Iron limitation status of phytoplankton community in the Oyashio region during spring

2003年度   有明海のタイラギに寄生する条虫幼虫の終宿主特定

2003年度   ミトコンドリアDNA調節領域の塩基配列に基づくノロゲンゲBothrocara hollandiの集団構造の解析(予報)

2003年度   ゴテンアナゴ生殖腺刺激ホルモン遺伝子の発現変動

2003年度   ormation of transparent exopolymer particles during in istu iron enrichment experiment in the western subarctic Pacific (SEEDS).

2003年度   1996~2001年移行域におけるハダカイワシ科魚類の個体数変動

2003年度   24. GTH and GnRH molecules and their expression in the Japanese eel.

2003年度   海洋物質循環過程における橈脚類Oithona similisの役割

2003年度   成長が良いカタクチイワシ仔魚は生残に有利か?-沖合域での""growth-selective predation""仮説再検証-

2003年度   Seansonal variations of oceanic primary productivity around Japan

2003年度   Competition for food between post-larval abalone, Haliotis discus hannai and a small herbivorous gastropod, Homalopoma amussitatum

2003年度   Precise age determination of young to adult skipjack tuna (Katsuwonus pelamis) with validation of otolith daily increment.

2003年度   親潮域春季ブルーム期A-Lineにおける植物プランクトン増殖の鉄制限の可能性

2003年度   タナゴ類(コイ科)における染色体変化の特徴

2003年度   岩手県宮古湾におけるニシン稚魚の食性

2003年度   High-Frequency Vocalization of Free-Ranging Baiji Reveals its Underwater Behavior In Situ

2003年度   北太平洋親潮域及び移行域における中層魚類仔魚の出現の季節変化.

2003年度   ふ化後1年で約45cmFLに達するカツオの成長

2003年度   コクチバスにおける生殖周期と異性認識

2003年度   Mutation and Selection Pressure in Mitochondrial DNA of Japanese Flounder Paralichthys olivaceus

2003年度   16SrRNA領域におけるヤマトシジミと大陸産シジミの系統類縁関係

2003年度   24. GTH and GnRH molecules and their expression in the Japanese eel.

2003年度   海底地震観測による1978年宮城県沖地震震源域周辺の微小地震活動

2003年度   耳石日輪計測による太平洋各海域のカツオの成長解析

2003年度   Results on Recognition of Individual Humpback Whales Based on Vocalization Models

2003年度   Characteristics of altimetry SSH anomaly of TOPEX/POSEIDON on the OICE line and its relation for measured velocity and transport in the Oyashio region

2002年度   東シナ海におけるカタクチイワシを中心としたプランクトン食性魚種の摂餌生態

2002年度   Introduction of the iron-fertilization experiment in the easternsubarctic Pacific (SERIES)

2002年度   単生類Neoheterobothrium hirame の成長に与える水温の影響

2002年度   日本産シマドジョウ類の起源に関する系統地理学的考察(II)

2002年度   土佐湾におけるウルメイワシの仔魚と稚魚の成長比較

2002年度   Oyashio transport on OICE and comparison with altimeter SSHA data

2002年度   ヒラメmtDNAにおけるコード,非コード領域の変異性の比較

2002年度   肉芽腫症のイサキから分離された細菌

2002年度   神奈川県長井沿岸におけるアワビ類初期稚貝の出現

2002年度   砂浜域波打ち際におけるヒラツメガニ(甲殻類)の夜間出現

2002年度   エゾアワビ当歳貝の生残に及ぼす冬季水温の影響

2002年度   有明海のタイラギに寄生する条虫幼虫の終宿主特定

2002年度   御前崎沖東経138度線で低次生態系モニタリング

2002年度   Target Strength of mesopelagic lanternfishes, related to their swimbladder morphology.

2002年度   等密度追従型フロートによる北太平洋中層水形成過程の追跡

2002年度   サクラマス雌雄の性行動における性ホルモン投与の影響

2002年度   メダカ胴尾部欠損変異体tail-lessの解析

2002年度   ベータ-1,4-グルコ/キシロヘテロオリゴ糖を用いたセロビオース脱水素酵素による基質認識機構

2002年度   OICEを横切る親潮の絶対流量-II

2002年度   ヒラメmtDNAにおけるコード,非コード領域の変異性の比較

2002年度   肉芽腫症のイサキから分離された細菌

2002年度   土佐湾におけるウルメイワシの仔魚と稚魚の成長比較

2002年度   親潮流量と海面高度計データとの比較と親潮流量の経年変動

2002年度   エゾアワビ初期稚貝の周口殻形成に及ぼす環境水の影響

2002年度   有明海のタイラギに寄生する条虫幼虫の終宿主特定

2002年度   Growth rate variability of Pacific saury Cololabis saira larvae in the Kuroshio Waters.

2002年度   Target Strength of mesopelagic lanternfishes, related to their swimbladder morphology.

2002年度   Circulation of the Kuroshio and Oyashio waters in the North Pacific Intermediate Water formation area

2002年度   二枚貝に寄生する条虫幼虫に関する研究

2002年度   メダカ胴尾部欠損変異体tail-lessの解析

2002年度   白麹菌キシラナーゼの好酸性機構

2002年度   Mitochondrial genomics of ostariophysan fishes: perspectives on phylogeny and biogeography.

2002年度   OICEを横切る親潮の絶対流量

2002年度   単生類Neoheterobothrium hirame の成長に与える水温の影響

2002年度   黄疸と思われたブリより分離された新たな細菌

2002年度   土佐湾におけるウルメイワシの仔魚と稚魚の成長比較

2002年度   OICEで観測された亜寒帯前線を越えて混合域に流入する中層親潮流量の変動

2002年度   エゾアワビ初期稚貝の周口殻形成に及ぼす環境水の影響

2002年度   有明海北東部漁場におけるタイダギのへい死:4.条虫の分類学的位置

2002年度   Growth rate variability of Pacific saury Cololabis saira larvae in the Kuroshio Waters.

2002年度   Fused somites is a norvel T-box gene required for somite segmentation .

2002年度   東シナ海におけるカタクチイワシを中心としたプランクトン食性魚種の摂餌生態

2002年度   海洋鉄散布実験(SEEDS,SERIES)での漂流トラップによる輸送フラックス測定

2002年度   単生類Neoheterobothrium hirame の成長に与える水温の影響

2002年度   イサキのリケッチャ様微生物のSrRNA配列

2002年度   土佐湾におけるウルメイワシの仔魚と稚魚の成長比較

2002年度   Seasonal and interannual variability of intermediate Oyashio transport south coast of Hakkaido Japan

2002年度   岩手県門之浜湾におけるエゾアワビ当歳貝の分布と食性

2002年度   有明海北東部漁場におけるタイダギのへい死:3.病理学的検討と条虫幼虫の寄生

2002年度   神奈川県長井沿岸におけるアワビ類初期稚貝の出現

2002年度   ミトコンドリアCOI,Cyt b遺伝子によるカサゴ目魚類の分化過程

2002年度   北太平洋亜熱帯域における大型珪藻Pseudosolenia calcar-avisの増殖速度

2002年度   二枚貝に寄生する条虫幼虫に関する研究

2001年度   イネ培養細胞における硝酸による非共生型ヘモグロビンの誘導

2001年度   複数のイムノグロブリンドメインを有する豚回虫37kDa抗原の分子性状

2001年度   2種のイネ科植物における耐塩性の差とポリアミンの関連性

2001年度   眼柄切除によるクルマエビの人工催熟に及ぼす飼育温度の影響

2001年度   Intranasal immunization with recombinant Ascaris suum 14-kilodalton antigen coupled with cholera toxin B subunit induces protective immunity to A. suum infection in mice

2001年度   作物の栄養生理診断指標としてのポリアミン

2001年度   遺伝子組換え植物を用いた経口免疫法の寄生虫感染症への応用

2001年度   豚回虫14kDa抗原の分子性状及びマウスを用いた感染防御試験

2001年度   Neoheterobothrium infection in wild Japanese flounder.

2001年度   Identification of larval-stage antigens from Ascaris suum recognized with immune sera from pigs.

2001年度   白紋羽病 菌W8菌株で見出されたウイルス様2本鎖RNA.

2001年度   とうもろこしの蔗糖リン酸合成酵素遺伝子を導入したトールフェスク形質転換体の諸特性について

2001年度   マイクロプレートを用いたgenomic library の迅速スクリーニング法の確立とニホンウズラ・インターフェロンa遺伝子の分離

2001年度   Nitrate-induced accumulation of non-symbiotic hemoglobins in cultured rice cells.

2001年度   近赤外分光イメージングの精度向上-ゆらぎ補正・MSC処理の適用-

2001年度   Specific occurrence of β-phenethylamine in root nodules formed from Bradyrhizobium-legume symbiosis

2001年度   A molecular marker correlated with selected virlence against the tomato resistance gene Mi in Meloidogyne incognita, M. javanica, and M. arenaria

2001年度   The Near-Infrared Imaging Spectroscopy to Visualize the Distribution of Sugar Content in the Flesh of a Melon

2001年度   A rice heterochronic mutant, mori1, is defective in the jyvenile-adult phase change

2001年度   δ15N値を指標にしたサツマイモ品種の窒素固定能の評価

2001年度   自律走行用超音波ドップラー速度計に関する研究

2001年度   マメ科植物根粒中に特異的に出現する芳香族アミン βーPhenethylamine

2001年度   ヒラメのネオへテロボツリウム症

2001年度   Ditribution of the consensus sequences of ABC transporter gene among several taxonomically distinct phytopathogenic fungi

2001年度   異なる二つのシグナル伝達系により制御される経口免疫寛容のT細胞低応答性

2001年度   豚回虫14kDa抗原の分子性状及びマウスにおける組換え14kDa抗原の経鼻免疫による豚回虫感染防御試験

2001年度   Growth promoting and adjuvant effects of sugar cane extract (SCE) inchickens

2001年度   Neoheterobothrium infection in wild Japanese flounder.

2001年度   近赤外分光イメージング手法の基礎と応用 -メロン糖度分布の可視化事例-

2001年度   Endogenous levels of polyamines in the organs of cucumber plant (Cucumis sativus) and factors affecting leaf polyamine contents

2001年度   Cloning and characterization of a glyceraldehyde-3-phosphate dehydrogenase from Ascaris suum

2001年度   減耕起が大豆の収量に与える影響

2001年度   豚回虫グリセルアルデヒド3リン酸デヒドロゲナーゼの分子性状

2001年度   Improvement of upland rice production through particular attention to root system development. Proceedings The 6th Symposium of the international society of root research

2001年度   Orally tolerant CD4 T cells respond poorly to antigenic stimulation but strongly to direct stimulation of intracellular singaling pathways

2001年度   カンキツ緑かび病菌Penicillium digitatum PdCYP51遺伝子重複円ハンサー配列の他のPenicillium属菌に置ける転写促進作用

2001年度   ウズラMHC(Coja)クラスIIB発現遺伝子と抗体産生に関する解析

2001年度   遺伝子導入飼料作物を用いた新しい家畜疾病予防法の開発-コレラ毒素の粘膜免疫増強効果

2001年度   Retinoid agonists induce jaw deformity in postembryonic development of floudner, Paralichthys olivaceus.

2001年度   Expression of cellular prion-related protein by murine Langerhans cells and keratinocytes.

2001年度   カーネーションにおける施肥窒素の動態 2.黒ボク土と灰色低地土における吸収の特徴

2001年度   豚回虫グリセルアルデヒド3リン酸デヒドロゲナーゼの分子性状

2001年度   Suppression of proinflammatory cytokine production from swine macrophages by recombinant swine IL-4s.

2001年度   Neoheterobothrium infection in wild Japanese flounder.

2001年度   The role of the ABC transporter gene PMR1 in demethylation inhibitor resistance in Penicillium digitatum

2001年度   Detection of mitogen-inducedlymphocyte proliferation by bromodeoxyuridine (BrdU) incorporation in the chicken

2001年度   イネMADS-box遺伝子RMD1の発現解析

2001年度   マダニ抗菌ペプチドのクローニングと発現

2001年度   Relation between oxalate synthesis and nitrate reduction in spinach (Spinacica oleracea L.) plants tracing by 13C and 15N

2001年度   3-D Modeling of Soybeans

2001年度   Ultrasonic Doppler Sensor for Measuring Vehicle Speed in Forward and Reverse Motions Including Low Speed Motion

2001年度   Multiple mechanisms regulate expression of low temperature responsive (LOT) genes in Saccharomyces cerevisiae.

2001年度   カンキツ緑かび病菌Penicillium digitatumの多剤耐性遺伝子PMR1およびPMR5の機能分担

2001年度   Induction of the acute phase protein secretion from primary     swine hepatocytes by recombinant swine IL-6s.

2001年度   貯蔵中のカンキツ‘清見’果実における油胞の形態変化

2001年度   眼柄切除によるクルマエビの人工催熟に及ぼす飼育温度の影響

2001年度   Synergistic Antifungal Activity of Chitinolytic Enzymes and Prodigiosin Produced by Biocontrol Bacterium, Serratia marcescens Strain B2 against Gray Mold Pathogen, Botrytis cinerea

2001年度   カーネーションにおける施肥窒素の動態

2001年度   ネズミマラリア原虫Plasmodium yoeliiオーキネート表面抗原タンパク質Pys25と粘膜アジュバンド、コレラトキシン(CT)の混合ワクチン経鼻投与による伝播阻止免疫の誘導に関する研究

2001年度   Protective effects of sugar cane extract (SCE) on Eimeria tenella oocystsinfection in chickens

2001年度   Neoheterobothrium infection in wild Japanese flounder.

2001年度   PCR-based detection of sterol demethylation inhibitor-resistant strains of Penicillium digitatum

2001年度   絹フィブロイン/セルロース微結晶複合材料とその製造方法

2001年度   分子育種によるフィチン低含有種子作出の試み

2001年度   人回虫及び豚回虫の種特異蛋白質及び抗原の同定

2001年度   Application of NMR microimaging to the study of water transport in developing rice caryopses

2001年度   糖の吸収波長によるメロンの近赤外分光イメージング

この記事は