国立大学法人 鹿児島大学

所属機関名 国立大学法人 鹿児島大学
部局名
連絡先(電話番号) 099-285-7111
890-8580
所在都道府県名 鹿児島市郡元一丁目21番24号
URL https://www.kagoshima-u.ac.jp/

関連情報

2014年度   林内雨と土壌水に含まれる放射性セシウム

2014年度   イセエビ類の幼生飼育技術の向上に関する研究

2014年度   植物の侵入病害の根絶を確認するための統計分析法

2014年度   A-lineにおけるピコ植物プランクトン群集構造の季節変動と経年変動および今後の展望

2014年度   植物の侵入病害の根絶を確認するための統計分析法

2014年度   久里浜漁協の漁獲量データを用いたナマコ局所個体群の資源評価結果

2014年度   タイトル無し

2014年度   林内雨と土壌水に含まれる放射性セシウム

2014年度   タイトル無し

2013年度   千歳川に回帰したサケ親魚における産卵時期別の遺伝的変異

2013年度   Spatial variability of throughfall and raindrops under a single canopy with different canopy structure.(樹冠構造の異なる単層樹冠における林内雨と雨滴粒径分布の空間的なばらつき)

2013年度   千歳川に回帰したサケ親魚における産卵時期別の遺伝的変異

2013年度   三陸沿岸域の水質と沖合域の流れ

2013年度   2012年の北西太平洋におけるサンマ資源状態

2013年度   林地残材を原料とした細粒チップ製造の生産性

2012年度   漁業者による栄養塩簡易分析手法の検討

2012年度   漁業者による栄養塩簡易分析手法の検討

2012年度   メカジキ中西部北太平洋 要約版

2012年度   追波中波乗り予測のための数学モデルのパラメータ同定

2012年度   メカジキ中西部北太平洋 要約版

2012年度   横浜市地球温暖化対策実施状況報告書

2009年度   マダニの唾液腺で作られる血管新生抑制物質

2009年度   分光反射特性によるサツマイモの塊根部重量推定に関する基礎研究

2008年度   マダニ体内における病原体伝搬関与分子

2008年度   エチレン非依存性花きの老化を制御する新規遺伝子

2007年度   鶏の新興感染症であるStreptococcus gallolyticus subsp. gallolyticus感染症の我が国での発生確認

2006年度   Pollution by estrogens in river and estuarine waters around Kuala Lumpur, Malaysia, and their effects on the estuarine Java-medaka, Oryzias javanicus

2006年度   わい性で、耐暑性に優れた食味良好なパパイヤ新品種「石垣珊瑚」

2006年度   低平水田域の持つ洪水防水機能の定量的評価法

2005年度   Long term monitoring of zooplankton biomass and species diversities collected in western North Pacific.

2004年度   ゴーストフィッシングの評価と研究の現状

2004年度   逸失漁具とゴーストフィッシング研究の進展状況

2004年度   イシイソゴカイ飼育実験による底泥中ダイオキシン類の取り込みおよび排泄

2003年度   RELATION BETWEEN FREEBOARD AND CAPSIZING RISK FOR FISHING VESSELS

2003年度   四国沖の黒潮流路の110日蛇行周期性の検討

2003年度   麹菌によるカフェ酸の製造法

2003年度   汽水性ジャワメダカの生殖に及ぼす17b-エストラジオールの影響

2002年度   カイトを用いたサンプリング・ギアの開発

2002年度   熱水土壌消毒を導入したメロン栽培

2002年度   北太平洋亜寒帯域における植食性カイアシ類の生活史の地理的変動.

この記事は