国立大学法人 広島大学

所属機関名 国立大学法人 広島大学
部局名
連絡先(電話番号) 082-422-7111
739-8511
所在都道府県名 東広島市鏡山一丁目3番2号
URL https://www.hiroshima-u.ac.jp/

関連情報

2014年度   木取りの違いがスギ正角材の曲げ強度特性に及ぼす影響

2014年度   イワナとヤマメの棲み分け理論の再考

2014年度   LED光源下におけるマコガレイの網膜運動反応とストレス応答

2014年度   テフロクロノロジーによる火山灰土壌におけるイオウ蓄積速度の推定

2014年度   中海本庄工区における大型海藻の堆積がアサリの個体群サイズに与える影響

2014年度   Edwardsiella溶菌バクテリオファージ株PEi20およびPEi26の全ゲノム配列解析

2014年度   現代中国における森林資源管理の思想的基盤:梁希(初代林業部部長)を中心に

2014年度   渦鞭毛藻Karenia mikimotoiの魚毒性に対する絶食と過酸化水素処理の効果

2014年度   珪藻個体群はウイルス存在下でも直ちに崩壊しない

2014年度   コシアブラの放射性セシウム汚染-汚染程度が異なる地域間の比較、および季節変化-

2014年度   Introduction and Situation in shellfish toxin monitoring in Japan

2013年度   ニホンジカ管理をめぐる課題と展望

2013年度   A one-generation difference in genetic spatial structure between the sexes in the Asian black bear(ツキノワグマの遺伝構造における一世代内の雌雄間変異)

2013年度   Japan. Progress report on small cetacean research, April 2012 to March 2013, with statistical data for the calendar yaer 2012

2013年度   有明海の堆積物によるアンモニウムイオンの吸脱着

2013年度   日本海沿岸における砂浜汀線域動物群集の地理的分布とその予測

2013年度   ブナの開花前年における花成関連遺伝子の発現

2013年度   2013年秋季の北西太平洋サバ類中層トロール調査結果について -マサバ、ゴマサバ2013年級群の加入豊度の評価を中心に

2013年度   Stock origins of juvenile chum salmon migrating along the eastern Pacific coast of Hokkaido during early summer

2013年度   漁業労働の軽労化に関する取り組み

2013年度   ナシ、リンゴおよびブドウ白紋羽病の温水治療マニュアル

2013年度   下痢性・脂溶性貝毒LC/MS/MS法によるマトリクスに依存しない一斉分析法の開発

2013年度   小笠原諸島父島・母島におけるクロサイワイタケ科菌類.

2013年度   乾燥

2013年度   里山林生態系からの供給サービスを文化的サービスへ拡張する装置としての薪ストーブ

2013年度   The usage of vocalization in captive manatees.

2013年度   海の公園(横浜)と中津干潟のメイオベントス(特に線虫類)の比較

2013年度   茨城県高萩試験地ヒノキ人工林における間伐後33年間の天然更新過程

2013年度   材の特性と利用

2013年度   日本鳥学会における男女共同参画

2013年度   クルマエビの卵黄形成にともない卵巣内で発現が変動する遺伝子

2013年度   次世代シーケンサーによるエゾアワビのミトコンドリアDNAタイピング

2013年度   年輪の無い熱帯樹木の年輪同位体解析法の開発

2012年度   拡張ダルシー式に基づく推定手法による森林土壌中の水フラックス評価

2012年度   平成23年(2011年)東北地方太平洋沖地震による中大規模木造建築物の被害調査

2012年度   抗WASP一本鎖抗体 (scFv) イントラボディーによるマクロファージのLPS免疫応答の抑制効果

2012年度   自然エネルギー利用住宅の開発と性能評価(9)-簡易型空気循環式太陽熱利用システムの加湿効果-

2012年度   東シナ海産アカアマダイの生殖年周期

2012年度   Comparison of the efficacy of intravenous treatment of kisspeptin and GnRH on ovarian activity in Japanese Black beef cows

2012年度   希少樹種の現状と保全-保全のための課題と対策-

2012年度   スギ植栽地における下刈り対象木の競合度合いと成長の関係

2012年度   東シナ海産アカアマダイの生殖年周期

2012年度   SSRマーカーを基にしたチャの標準連鎖地図

2012年度   スナイパー

2012年度   抗WASP一本鎖抗体 (scFv) イントラボディーによるマクロファージのLPS免疫応答の抑制効果

2012年度   保護樹をもちいたフタバガキ科樹木植栽試験の4年後と8年後

2012年度   Observation of in situ tuna behavior around the fisheries aggregating devises (FADs)

2012年度   平成24 年度資源変動要因分析調査課題報告書(小課題)

2012年度   抗WASP一本鎖抗体 (scFv) イントラボディーによるマクロファージのLPS免疫応答の抑制効果

2012年度   自然エネルギー利用住宅の開発と性能評価(9)-簡易型空気循環式太陽熱利用システムの加湿効果-

2010年度   瀬戸内海のガラモ場における炭素収支の推定

2009年度   マハタの安定養殖生産のためのVNNワクチンの開発

2007年度   マルチプレックスPCR法によるタバココナジラミバイオタイプの簡易識別法

2006年度   周防灘のアサリ浮遊幼生の水平・垂直分布

2006年度   Detection of betanodaviruses in wild marine fishes from the coasts of Japan and East China Sea

2006年度   山国川からの栄養塩及び粒状懸濁物負荷量の季節変動と低次生産への影響

2006年度   Detection of betanodaviruses in wild marine fishes from the coasts of Japan and Ease China sea

2006年度   Antifungal volatiles emitted from Brassica juncea-amended soils differing in water content.

2006年度   東シナ海で採取されたマアジ仔稚魚のベータノダウイルス保有状況

2006年度   Strategies for the control of viral nervous necrosis (VNN) in Japan

2006年度   他感作用によりアオコを抑制する可能性のある樹木落ち葉の探索

2006年度   大分県中津干潟に生息するアサリ Ruditapes philippinarum の個体群および環境要因の変動

2006年度   Genetic variablity of betanodaviruses and its application to epidemiological study

2005年度   海産魚における電気麻酔効果の検討

2005年度   Taste in the proboscis of adult nymphalid butterflies: adaptation to ethanol and acetic acid for foraging rotting foods

2005年度   Molecular mechanism for the redox dependent change in the affinity of ferredoxin with ferredoxin-NADP+ reductase

2005年度   数値モデルによる有毒渦鞭毛藻Gymnodinium catenatumの出現動態の解明/2005年度水産海洋学会研究発表大会

2005年度   ベータノダウイルスゲノムの複製に関与する宿主因子の探索/平成17年度日本水産学会支部例会

2005年度   Taste in the proboscis of adult nymphalid butterflies: adaptation to ethanol and acetic acid for foraging rotting foods

2005年度   Molecular mechanism for the redox dependent change in the affinity of ferredoxin with ferredoxin-NADP+ reductase

2005年度   数値モデルによる有毒渦鞭毛藻Gymnodinium catenatumの出現動態の解明/平成17年度日本水産学会大会

2005年度   タテハチョウ成虫口吻の味覚応答~腐敗食物を利用するための適応

2005年度   烏骨鶏におけるミトコンドリア制御領域の遺伝変異

2005年度   ベータノダウイルスRNA2多型領域への変異導入とその感染性への影響/平成17年度日本水産学会支部例会

2005年度   タテハチョウ成虫口吻の味覚応答~腐敗食物を利用するための適応

2005年度   Molecular mechanism for the redox dependent change in the affinity of ferredoxin with ferredoxin-NADP+ reductase

2005年度   マダイの非特異的免疫機構に及ぼす有機スズ化合物の影響/第11回日本環境毒性学会・バイオアッセイ研究会合同研究発表会

2004年度   石垣島、アマ藻場におけるフエダイ・フエフキダイ科魚類の食性に関する研究

2004年度   クロマグロ種苗から検出されたベータノダウイルスの遺伝的多型の解析と感染経路の推定(平成16年度日本魚病学会大会)

2004年度   アクアビルナウイルスによるノダウイルスの感染防御効果(平成16年度日本水産学会大会)

2004年度   日本近海で漁獲された天然魚におけるベータノダウイルスの検出(平成16年度日本魚病学会大会)

2004年度   DGGE法を用いたベータノダウイルスにおける塩基置換の検出(平成16年度日本水産学会大会)

2004年度   聴性脳幹反応によるイカナゴの聴覚閾値曲線

2004年度   ベータノダウイルスの宿主特異性を決定するRNA2領域の同定(平成16年度日本魚病学会大会)

2004年度   海産魚における電気麻酔効果の検討

2004年度   Effect of dietary Docosahexaenoic acid on lipogenesis and lipolysis in black sea bream Acanthopagrus schlegeli

2004年度   Detection of piscene nodaviruses from asymtomatic cultured and wild marine fish(平成16年度日本魚病学会大会)

2004年度   Detection of piscine nodaviruses from asymptomatic cultured and wild marine fish(平成16年度日本魚病学会大会)

2003年度   Numerical Study on Fish-Like Swimming

2003年度   Interaction Between Cleaner and Host: the Black Porgy Cleaning Behavior of Juvenile Sharpnose Tigerfish, Rhyncopelates oxyrhynchus in the Seto Inland Sea, Western Japan.

2003年度   Analysis of Propulsive Performance of Fish-Like Motion

2003年度   広島湾の藻場地先における風浪環境の特徴

2003年度   Proposal of controlling estuarine ecosystem by regulations of discharging water from dams

2002年度   Viral Hemorrhagic Septicemia Virus (VHSV) Infection in Japanese flounder Paralichthys olivaceus

2002年度   ニザダイ科魚類の消化管内容物の脂肪酸組成

2002年度   ニザダイ科魚類の消化管内容物の脂肪酸組成

2001年度   Role of inorganic polyphosphate in promoting ribosomal protein degradation by the Lon pretease in E. coli.

2001年度   食生活の志向と農業、農村関連行動の現状と将来意向-広島県芦田川流域を事例にして-

2001年度   農村観光施設への来訪者の利用行動特性と評価に関する研究 その1.調査概要および来訪者の施設利用行動

2001年度   イグサ残渣による雑草防御効果について

2001年度   COI領域の変異に基づくハモグリバエ3種の簡易同定法

2001年度   Sequence characterization of the vir region of a nopaline type Ti plasmid, pTi-Sakura.

2001年度   なぜ卵寄生蜂TrichogrammaのWolbachia感染産雌性単為生殖系統が野外であまり見られないのか?

2001年度   Sesquiterpenoids in Root Exudates of Solanum aethiopicum

2001年度   昆虫の性を操るWolbachiaの最新情報Part2

2001年度   共生微生物Wolbachiaのジレンマ:雄をとるべきか,とらざるべきか

2001年度   ススキ型草地における放牧牛を用いた防火帯作りの省力化技術

2001年度   The PCR-based approaches for the detection of marker's disease virus sequences in chickens

2001年度   モノクローナル抗体6H10の解析:PrPSc特異的抗体の可能性

2001年度   Sesquiterpenoids from the Roots of Solanum aethiopicum

2001年度   昆虫の性を操るWolbachiaの最新情報Part1

2001年度   イグサ残渣に存在するアレロパシー物質の単離

2001年度   An alfalfa gene similar to glutathione S-transferase is induced in root by iron deficiency

2001年度   精製PrPSc画分と特異的に反応するmAb6H10の解析

2001年度   農村観光施設への来訪者の利用行動特性と評価に関する研究 その2.来訪者の施設利用行動特性と評価の関連

2001年度   カルシニューリン活性化剤

2001年度   馬ロタウイルスのVP7とVP4の抗原決定基の検索

この記事は