地方独立行政法人 北海道立総合研究機構

所属機関名 地方独立行政法人 北海道立総合研究機構
部局名 産業技術研究本部 食品加工研究センター
連絡先(電話番号) 011-387-4111
069-0836
所在都道府県名 北海道江別市文京台緑町589番地4
URL https://www.hro.or.jp/list/industrial/research/food/

関連情報

2015年度   北海道独自のワイン用酵母の探索

2015年度   道総研における大豆の品質研究とその成果

2015年度   チーズホエイを活用した魚臭低減水産製品の開発-魚臭と脂質酸化-

2015年度   凍結解凍がホタテガイ貝柱のテクスチャーと組織に与える影響

2015年度   農産物チルド食品のロングライフ化に向けた芽胞菌の特性解析

2015年度   意外な食品素材が焼魚の魚臭さを抑える

2015年度   野菜の品質と殺菌効果を両立する殺菌方法の検討

2015年度   ヒトデグルコシルセラミド由来スフィンゴイド塩基の正常ヒト表皮角化細胞に対するセラミド合成促進効果

2015年度   農産物チルド食品から分離した低温増殖性芽胞菌の性状

2015年度   イソフラボンのアグリコン割合を高める味噌製造技術

2015年度   チーズホエイを活用した魚臭低減技術の開発

2015年度   食品の香り成分について

2015年度   ホエイを活用した水産加工品の高品質化技術-魚臭低減と脂質酸化防止-

2015年度   「軟らかくて食べやすい」業務用半調理食品の開発

2015年度   流動層造粒法を用いた有用微生物スターターの顆粒化技術に関する研究

2015年度   食加研における非スターター乳酸菌利用研究の紹介

2015年度   香気成分解析による北海道産醤油の高品質化

2015年度   農産物チルド食品から分離した芽胞菌の性状について

2015年度   北海道独自ワイン用酵母による発酵試験について

2015年度   道総研食品加工研究センターにおける小麦研究について

2015年度   赤ワイン製造における迅速な品質評価法の探索

2015年度   北海道の農産物を活用した食品開発/ばれいしょ加工研究の展開方向

2015年度   Functional and sensorial properties ofrice ball for the purpose of Type 2diabetes prevention by use of Japanesesoybean, Korosengoku

2015年度   高機能性「北海道味噌」の開発について

2015年度   馬鈴しょ「スノーマーチ」を用いたチルドポテトの開発

2015年度   菓子用途に向けた北海道産小麦「きたほなみ」の特性に関する研究

2015年度   小豆の新規用途開発に関する研究

2015年度   商品改善のための応用技術の紹介

2015年度   しいたけ乾燥工程の非線形操作による品質設計

2015年度   小豆粉におけるトリプシンインヒビター失活条件の検討

2014年度   土着菌根菌を活用したダイズ栽培におけるリン酸減肥の現地実証

2014年度   黒千石大豆含有おにぎりの血糖値上昇抑制効果と官能特性について

2014年度   網走湖におけるヤマトシジミの漁獲時期および生息水深が品質に及ぼす影響

2014年度   土着菌根菌を活用したダイズ栽培におけるリン酸減肥の現地実証

2014年度   醤油の「香り」の客観的評価技術の開発、~客観的評価法による火入れ工程の改良~

2014年度   ボイル処理によって異常軟化するナマコ体壁の性状

2014年度   機能性脂質を含む水産物を味噌状の発酵食品

2014年度   高齢化社会に対応した軟らかくて食べやすい食品の開発

2014年度   ボイル処理によって異常軟化するナマコ体壁の性状

2014年度   魚介類を素材とした発酵調味料

2014年度   ホタテガイ卵巣脂質の抗炎症機能評価

2014年度   肉質軟化サケの性状について-1

2014年度   醤油醸造技術を用いて調製したエゾシカ醤の品質特性について

2014年度   黒千石大豆入りおにぎり摂取における血糖値とインスリン値の変化

2014年度   肉質軟化サケの性状について-1

2014年度   黒千石大豆含有おにぎりの血糖値上昇抑制効果と官能特性について

2014年度   ヒトデ由来スフィンゴ脂質のヒト皮膚角化細胞に対するセラミド合成促進作用

2014年度   PPARγを活性化させる新規ニシン発酵食品の脂質解析

2014年度   チーズホエイを活用した魚臭低減技術の開発

2014年度   網走湖におけるヤマトシジミの漁獲時期および生息水深が品質に及ぼす影響

2014年度   北海道産醤油の高品質化に関する研究

2014年度   道産チーズの将来に向けた取り組み-北海道ブランドの学術的側面-

2014年度   黒千石大豆入りおにぎり摂取における血糖値とインスリン値の変化

2014年度   北海道十勝地域の大豆栽培におけるリン酸減肥が大豆の生育・収量に及ぼす影響

2013年度   コンブにおけるDNA分析の簡易化に関する検討

2013年度   食品加工における過熱水蒸気の利用

2013年度   コンブのDNA原産国判別法の開発

2013年度   乾式過熱処理が小豆全粒粉中の澱粉に与える影響と血糖値上昇抑制効果

2013年度   きのこの保健機能性および市場動向について

2013年度   ニンジンの酵素処理による新たな食材開発

2013年度   食品加工副産物の有効活用のための機能性天然色素素材の開発~ホタテ卵巣に含まれるカロテノイドの抽出~

2013年度   発酵法の違いが鶏肉の品質に及ぼす影響

2013年度   過熱水蒸気技術の多様な可能性~食味向上や殺菌、長期保存など~

2013年度   微生物を塗布付着させた食品モデルの短時間過熱水蒸気処理による表面殺菌効率の検討

2013年度   近赤外分光法による大豆イソフラボンの非破壊評価法

2013年度   ホタテガイの新たな利用技術の開発~卵巣からの機能性色素素材の開発~

2012年度   乳酸菌発酵酒粕を用いた生菌含有アルコール飲料

2012年度   水産糖脂質の抽出・精製とその特性を活かした多機能食品素材の開発

2012年度   海洋資源由来の脂質代謝改善機能を有する生理活性成分の特性解明

2012年度   水を利用したマイクロ化学プロセスによる道産資源の高機能化

2012年度   道産原料及び独自分離微生物を用いた北海道ブランド酒の開発

2012年度   野菜を原料とする低GI菓子製造技術の開発

2012年度   A small scale study on the effects of oral administration of the beta-glucan produced by aureobasidium pullulans on milk quality and cytokine expressions of Holstein cows, and on bacterial flora in the intestines of Japanese black calves

2012年度   米粉を活用した麺類への新規利用技術開発

2012年度   小豆子葉部のα-グルコシダーゼ活性およびGLP-1分泌に与える影響

2012年度   新規乳酸菌スターターを用いた発酵ソーセージの開発

2012年度   におい識別装置を用いた道産発酵食品の香り評価技術に関する研究

2012年度   Concentration of Airborne Microorganisms in a RiceStorage Facility

2012年度   電界を利用した溶媒の気化促進方法

2012年度   北海道産米粉の特性解析及び高齢者用食品、冷凍食品等に活用可能な新規食品素材の開発

2012年度   マロラクティック発酵(MLF)乳酸菌の利用普及活動

2012年度   微生物を塗布付着させたモデル食品の短時間加熱水蒸気処理による表面殺菌効率の検討

2011年度   機能性を付与したナイトファーメントミルクの開発

2011年度   チーズホエイの有効利用に関する研究

2011年度   腸内フローラ研究のトレンド

2011年度   中食市場や東アジアをターゲットにした洋風水産食品の加工技術開発

2011年度   ピュアブラン

2011年度   DNAマイクロアレイを用いたワイン熟成制御技術のための基礎的研究

2011年度   機能性を有する道産きのこの高度利用に関する研究

2011年度   乳酸菌HOKKAIDO株を用いた機能性を有する食品の開発

2011年度   酵素処理及び発酵技術を用いた大豆の新規用途開発に関する研究

2011年度   道産魚貝類を原料とした新しい発酵食品「北海道さかな味噌」

2011年度   食品に利用可能な抗菌物質「バクテリオシン」生産菌の探索とその特徴の解明

2011年度   アンチエイジング機能を有するキノコの高度利用に関する研究

2011年度   Amino acid components of lees in salmon 、Fish sauce are tyrosine and phenylalanine

2011年度   道産小麦の特徴を活かした高付加価値食品の開発

2011年度   DNAマイクロアレイによる酵母Saccharomyces cerevisiaeの遺伝子発現解析(解説)

2011年度   北海地鶏の新飼育方式の開発とブランド向上

2011年度   採卵廃鶏肉から調整した肉醤の品質 、-特に麹の種類による最終製品の化学成分の違いについて- 

2011年度   味覚センサー利用定着活動及び技術指導のための測定ノウハウ蓄積

2011年度   Immunomodulatory effect of mushrooms on cytotoxic activity and cytokine production of intestinal lamina propria leukocytes does not necessarily depend on ?-glucan contents

2011年度   消費者志向にマッチした漬け物の日持ち技術の開発

2011年度   耐塩性微生物スターターの接種が魚醤油の発酵および品質に与える影響

2011年度   老健施設・病院等において用いる高齢者にやさしい食品の加工技術の開発

2011年度   新規洋菓子素材「ヨーグルトペースト」

2011年度   低利用ホタテ卵巣組織を活用した新規水産加工品の普及活動

2010年度   Toxicogenomics using yeast DNA microarrays (Review).

2010年度   糖脂質を主とするきのこの機能性成分の効率的生産技術と素材加工技術の開発

2010年度   抗腫瘍活性を有するガゴメ含有多糖を高度に活用した機能性食品の開発

2010年度   北海道産小麦を用いた中華麺の開発

2010年度   ブタ腸管由来細菌16SリボソームDNA配列のコンピュータ・シミュレーションによる末端制限酵素断片長多型(T-RFLP)解析およびブタとヒトの解析結果の比較

2010年度   資源用トウモロコシを利用した大規模バイオエタノール製造拠点形成推進事業

2010年度   プロピオン酸菌を利用した乳製品の開発

2010年度   Effect of a Lactobacillus species on incidence of diarrhea in calves and change of the microflora associated with growth

2010年度   サケ頭部およびサケ魚醤油搾汁残渣を素材とした魚醤油の製法改良および成分解析

2010年度   水産乾製品における製造中の微生物制御に関する技術開発

2010年度   Microbiota during fermentation of chum salmon (Oncorhynchusketa)sauce mash inoculated with halotolerant microbial starters: Analyses using the plate count method and PCR-denaturing gradient gel electrophoresis (DGGE).

2010年度   Lactobacillus plantarum WCFS1の低温,低pH環境での遺伝子発現解析

2010年度   農産未利用資源を活用したメタボリックシンドローム予防食品の開発

2010年度   小豆などを原料とした醸造酢の開発

2010年度   多糖類を利用したシーベリー果汁ソースの開発

2010年度   味覚の数値化に基づく地域資源を活かした競争力のある食品開発を目指した測定手法の開発

2010年度   米粉プロジェクト

2010年度   Aspergillus oryzaeのコロニー径の簡易予測に関する基礎的研究

2010年度   ウニ消化管を素材とした魚醤油の製法改良および成分解析

2010年度   キシロサス菌を用いたもろみ様水産発酵物の開発

2010年度   キノコの保健機能性の解明並びに機能性食品の開発

2010年度   プロピオン酸菌の分離および当該微生物を利用した発酵乳の開発

2010年度   抗菌ペプチドを利用した発酵食肉製造技術の開発

2010年度   ばれいしょの酵素処理によるポテトペーストの開発

2010年度   DNA microarray analysis suggests that zinc pyrithione causes iron starvation to yeast Saccharomyces cerevisiae.

2010年度   北海道産バイオマスと植物性乳酸菌ホッカイドウ株を活用した免疫機能向上作用等を有する機能性食品の製品開発

2010年度   にんじんジュースの開発

2010年度   新規洋菓子素材「ヨーグルトペースト」の開発

2010年度   ダッタンそば全粒粉の製造とルチン低減を抑制した加工品開発に関する研究

2010年度   ガゴメ含有多糖の特性を維持した食品加工技術開発

2010年度   Lactobacillus plantarum HOKKAIDOによる豆乳イソフラボンのアグリコン化

2010年度   二酸化炭素ガス弱加圧処理の殺菌スペクトル評価

2010年度   道産有用微生物を利用した発酵生ハムの開発

2010年度   農産加工食品製造への酵素利用に関する研究

2010年度   エゾシカ利用による凝乳酵素の開発

2010年度   アロニア、ハスカップの加工残渣を活用したメタボ予防食品

2010年度   Effect of Halotolerant Starter Microorganisms on、Chemical Characteristics of Fermented Chum Salmon(Oncorhynchus keta) Sauce

2010年度   HOKKAIDO株を利用した新規植物性乳酸飲料の開発

2010年度   酵素分解・発酵技術を用いた水産低利用資源の高度利用に関する研究

2009年度   ホタテ貝のひもや生殖巣を利用した発酵ペーストの製造法確立と保健機能性の解析

2009年度   知床由来の食品製造向け微生物の探索に関する研究

2009年度   十勝産雑豆酢を素材とした製品および醸造副産物の有効利用技術の開発

2009年度   酵母・多糖を原料とした免疫賦活効果を有する栄養補助食品の開発

2009年度   地域独自スターターを利用した高品質発酵乳製品の開発

2009年度   光触媒抗菌機能を有する有機樹脂基材の開発

2009年度   粉体加工技術を応用した新規搾油技術の開発

2009年度   生体成分情報による生物種・産地鑑定とトレーサビリティ

2009年度   発酵によりγ-アミノ酪酸(GABA)を増強した健康酒の開発

2009年度   Toxicity of Methanol and Formaldehyde Towards Saccharomyces cerevisiae as Assessed by DNA Microarray Analysis

2009年度   機能性成分の医・薬・工・食分野における利活用

2009年度   道産ワイン製造残渣を用いたメタボリック症候群予防食品の開発

2009年度   伝統的発酵技術を用いた新規乳製品の開発

2009年度   発酵乳製品の香気特性マッピング化による品質評価技術の開発

2009年度   農産加工食品製造への酵素利用に関する研究

2009年度   醤油及び発酵魚醤油製造用乾燥スターターの開発と応用

2009年度   糖脂質を主とするきのこの機能性成分の効率的生産技術と素材加工技術の開発

2009年度   ナチュラルチーズの熟成工程における香気特性評価に関する研究

2009年度   新規乳酸菌を利用した植物性発酵食品の開発

2009年度   ハスカップのラジカル性機能成分を安定化させた加工食品の開発

2009年度   エゾシカ肉の品質評価と加工技術の開発

2009年度   機能性と感質に基づいたフードデザインシステム

2009年度   北方系小果樹シーベリーの成分特性と用途開発

2008年度   温度変動条件における Aspergillus niger の菌糸マット径と分生子形成部径の成長予測

2008年度   抗菌機能を有する光触媒活用製品の開発

2008年度   光触媒機能評価システムの構築および活用製品の開発

2008年度   通電加熱技術の食肉加工品製造への応用

2008年度   Lactobacillus Plantarum HOKKAIDOでつくった発酵豆乳摂取によるヒト糞便性状および有用菌数の変化

2008年度   伝統医学とバイオメディカルによる生活改善食品の開発

2008年度   未利用海藻スジメの機能性と実用化に関する研究

2008年度   浸漬処理によるソバ粉細菌数の低減効果

2008年度   小豆酢等の実用的製造規模による試験研究

2008年度   道産魚貝類を利用したペースト状食品の高付加価値化に関する研究

2008年度   Pediococcus pentosaceus NB-17 for probiotic use

2008年度   サロマ湖養殖ホタテガイの遺伝子解析による系統分類と原料性状に関する研究

2008年度   醤油製造用耐塩性微生物乾燥スターターの開発

2008年度   ミトコンドリアDNA分析による褐藻ガゴメ判別技術の開発

2008年度   耐塩性微生物スターターを用いた発酵ヤナギダコ醤油の開発

2008年度   プロピオン酸菌を利用した乳製品の高付加価値化

2008年度   北方系小果実「アロニア」による製品開発

2008年度   鮭皮ゼラチンの高齢者用食品への応用

2008年度   乳酸菌含有豚用人工乳の機能性評価試験

2008年度   農産加工副産物に含まれる機能成分を活用した新規健康食材の開発

2008年度   Mechanisms of Copper Toxicity in Saccharomyces cerevisiae Determined by Microarray Analysis

2008年度   褐藻に含まれるカロテノイドの腫瘍細胞に対する増殖抑制効果

2008年度   「新規におい解析システム」を利用した食品の香り評価技術の開発

2008年度   酵母を指標とした各種放射線のトランスクリプトーム解析「放射線と化学物質の複合影響の可能性について」

2008年度   GABA高産生乳酸菌を用いた植物性飲料の開発

2008年度   道産小果実残渣を活用したメタボリックシンドローム予防食素材の開発

2008年度   道産有用微生物を利用した新規食肉製品の開発

2008年度   水素生成菌の検索とホタテガイ中腸腺の水素発酵

2008年度   高電圧を利用した食品の乾燥技術に関する試験研究

2008年度   北海道産亜麻の搾油適性評価および搾油残渣の有効活用

2008年度   ヤナギダコ加工副産物を用いた発酵調味料の開発

2008年度   発酵技術を利用したアイスクリーム類の物性改善に関する研究

2008年度   「トキシコゲノミクス」(解説)

2008年度   ゆらぎ制御を用いた通風乾燥試験

2008年度   北海道に適した新規乳酸菌によるマロラクティック発酵管理技術の確立

2008年度   植物性乳酸菌(HOKKAIDO株)を用いた機能性を有する食品の開発

2008年度   絶対値評価ソフトウェアを利用したナチュラルチーズの香り評価

2008年度   規格外等長いもを原料とした酢醸造

2007年度   食品製造における酵素利用

2007年度   ナンブコムギの特性に応じた製パン加工技術の開発

2007年度   道産の乳酸菌で発酵豆乳をつくる

2007年度   道産キノコ類の抗酸化性などの保健機能性に関する研究

2007年度   海洋深層水を添加した発酵乳製品

2007年度   腸内細菌のはなし

2007年度   ホタテ貝殻が宝になる実例を報告します。

2007年度   道産有用微生物を利用した新規食肉製品の開発

2007年度   塩の組成が醗酵ソーセージ製造工程中の品質に及ぼす影響、とくに色調、脂質酸化および香気成分の違いについて

2007年度   バレイショの現状と甘味飲料開発

2007年度   ブルーベリーを凌駕する健康果実「アロニア」

2007年度   きのこの話

2007年度   プロピオン酸菌を利用した乳製品の開発

2007年度   プロピオン酸菌を利用した発酵乳の開発

2007年度   北海道のワイン造りとその技術

2007年度   Study of P. pentosaceus isolated from fermented vegetables produced in Hokkaido

2007年度   北の大地で魚醤油造り-無駄なく使う海の恵み-

2007年度   プロピオン酸菌を利用した乳製品の開発

2007年度   Heat Treatment of Scallop Adductor Muscle Using Superheated Steam

2007年度   過熱水蒸気を用いた食品加工

2007年度   耐塩性微生物で発酵させた新規シロサケ魚醤油

2007年度   北海道産漬物由来のP. pentosaceus を用いた新規機能性食品の研究

2007年度   ハスカップと「五訂日本食品標準成分表」

2006年度   大麦麹と耐塩性微生物を用いて調製したシロサケ魚醤油の開発

2006年度   バレイショ等道産デンプン質資源を用いたみりんタイプの機能性甘味飲料素材の開発

2006年度   耐塩性酵母及び乳酸菌を活用したシロサケ発酵調味料の開発

2006年度   通電加熱技術による凍結食肉の解凍処理

2006年度   発酵豆乳の開発と機能性について

2006年度   凍結高圧処理による大腸菌及び黄色ブドウ球菌への殺菌効果

2006年度   ホタテ貝殻を用いた微生物制御技術に関する研究

2006年度   野菜抽出酵素液(F&E)摂取の腸内フローラに与える影響

2006年度   Phylogenetic analysis of 16S rRNA gene sequences from human fecal microbiota and improved utility of T-RFLP profiling

2006年度   アクリルアミド生成を抑制するポテトチップ製造法

2006年度   プロピオン酸菌を利用した醗酵乳の開発

2006年度   八分乾ミガキニシン製造工程における菌叢変化

2006年度   さかなからスナック菓子を作る -北海道産原料を主体としたエクストルーダによる高タンパク膨化食品の開発-

2006年度   北海道産原料を主体としたエクストルーダーによる高タンパク膨化食品の開発

2006年度   水産物を利用した味噌状発酵食品の開発と特性について

2006年度   PCR法を用いた植物乳酸菌Lactobacillus plantarum HOKKAIDO の識別

2006年度   電場を利用した食品乾燥技術

2006年度   過熱水蒸気および高温空気による水産乾製品の表面殺菌

2006年度   道産米を用いた微細米粉の製造と加工利用

2006年度   寒冷地に適したマロラクティック発酵乳酸菌株の検索

2006年度   ボールミル処理による馬鈴薯でんぷんの改質

2006年度   二軸エクストルーダによる食品開発

2005年度   よくわかるQ&A「道産小麦でパンを焼くポイント」

2005年度   カバノアナタケ(Inonotus obliquus)抽出液を付加した機能性チーズの製造

2005年度   Genetic Structure Analysis of the Japanese Scallop Population in Hokkaido, Japan, on the Basis of Mitochondrial Haplotype Distribution.

2005年度   新春アンケート「道産の消費を探せ!」

2005年度   Anti-inflammatory Effects of Aronia Extract on Rat Endotoxin-Induced Uveitis

2001年度   北海道における秋播硬質小麦の育種とその新用途開発に関する研究

この記事は