福岡県工業技術センター

所属機関名 福岡県工業技術センター
部局名
連絡先(電話番号) 092-925-5977
818-8540
所在都道府県名 福岡県筑紫野市上古賀3-2-1
URL http://www.fitc.pref.fukuoka.jp/

関連情報

2019年度   水蒸気蒸留装置及び重量法を組み合わせたアルコール迅速分析法(SDK法)と醤油への応用

2015年度   机上作業用グリップの開発(その1)、-筆記姿勢に関するグリップの効果検証-

2015年度   柿果実由来乳酸菌を用いた柿シロップ乳酸発酵飲料の開発

2015年度   福岡県工業技術センタークラブデザイン部会製品開発研究会の紹介

2015年度   寸法安定性を向上した木製内装材

2015年度   熱処理による木質ボードの寸法安定化

2015年度   ブロッコリーのビタミンC,S-メチルメチオニン,ポリフェノール含有量の部位別解析と細胞機能への影響

2015年度   子供の学習姿勢に関する研究を基に開発した製品の事例紹介

2015年度   狭小キッチン空間において使い易い食器棚の設計指針について

2015年度   不燃薬剤の材内分布に関する研究、-マイクロフォーカスX線CT装置を用いた観察-

2015年度   福岡県産スギ材の難燃剤含浸による防火材料の開発(I)-コーンカロリーメータによる発熱性能評価 -

2015年度   机上作業用グリップ使用時の座位姿勢に関する研究

2015年度   姿勢をよくする机上作業用グリップの開発

2015年度   机上作業用グリップの開発(その2)、-研磨仕上げの異なる木製グリップを握った際の好みに関する評価-、

2015年度   八女杉を用いた直交積層材(CLT材)を活用したベンチの製作

2015年度   産学官連携による地域企業のデザイン支援の取り組み

2015年度   マイクロフォーカスX線CT装置による不燃薬剤の材内分布把握の試み(その2)

2015年度   姿勢を良くする教習具「ぐっポス」の共同開発と生産

2014年度   自然塗料からのアルデヒド類放散の低減化

2014年度   研磨仕上げの異なる木製品を握った際の好みに関する評価

2014年度   3Dターニングマシンによる切削加工における加工条件の最適化

2014年度   A rapid microplate method for the proliferation assay of fungi and the antifungal susceptibility testing using the colorimetric microbial viability assay

2014年度   適切な姿勢に導く、持ち運べる学習台の開発

2014年度   マイクロフォーカスX線CT装置による不燃薬剤の材内分布把握の試み

2014年度   らせんの溝で回しやすさを向上させた木製コマの開発

2014年度   Toxicity of parasporin-4 and health effects of pro-parasporin-4 diet in mice

2014年度   手置き具(筆記姿勢矯正具)

2014年度   吸着性能及び光触媒能を有するMPZのガス清浄化性能評価

2014年度   適切な姿勢に導く、持ち運べる学習台の開発

2014年度   適切な姿勢に導く持ち運べる学習台の開発

2014年度   Single Nucleotide Polymorphism Typing with a Surface Plasmon Resonance-based Sensor Using Hybridization-enhancement Blockers

2014年度   規制外VOC成分の安全性に関する研究

2014年度   自然塗料の低放散性化技術の開発

2014年度   自然塗料の低放散性化技術の開発

2014年度   針葉樹家具部材の寸法安定化向上に関する開発(第2報)

2013年度   人工杢目模様による無垢の木製家具・建具への加飾

2013年度   人工杢目模様による木材の高付加価値化(第4報)-加熱条件とマスキングが加熱圧縮木材の形状固定に与える影響-

2013年度   ”家具のまち”大川における技術支援事例

2013年度   規制外VOC成分の安全性に関する研究

2013年度   針葉樹家具部材のための糖類含浸処理の検討-寸法安定性、硬さ-

2013年度   家具・建材等から発生する代替VOC評価技術の開発(第2報)

2013年度   A rapid screening and production method using a novel mammalian cell display to isolate human monoclonal antibodies.

2013年度   自然塗料のアルデヒド臭低減化

2013年度   人工杢目模様による木材の高付加価値化に関する研究(IV) -塗装による圧縮部位の回復抑制-

2013年度   薄板を積層接着した板材の強度向上に関する研究ー炭素繊維による補強について-

2013年度   書見台使用時の座位姿勢に関する研究

2013年度   浴室向け木製グレーチングの開発

2013年度   書見台使用時の座位姿勢:成人と子供の比較研究

2013年度   針葉樹家具部材の寸法安定性向上に関する開発

2013年度   家具産業を支援する -インテリア研究所の取り組み-

2012年度   人工杢目模様による木材の高付加価値化(第3報) 、-スギ板材表層圧縮部分の固定化について- 、

2012年度   姿勢を良くする学童椅子用クッションの開発

2012年度   NC工作機械を用いた木材の表層圧密加工技術の開発

2012年度   座り心地のよい木製椅子の製作

2012年度   Comparison of the WST-8 colorimetric method and the CLSI broth microdilution method for susceptibility testing against drug-resistant bacteria

2012年度   人工杢目模様による木材の高付加価値化(III)  、-表層圧縮部分の固定化について-

2012年度   家具・建材等から発生する代替VOC評価技術の開発

2012年度   木材の表層圧密加工技術の開発

2012年度   自然塗料からのアルデヒド類放散の低減化-原料の検討-

2012年度   人工杢目による木材の高付加価値化

2012年度   吸着性能及び光触媒能を有するMPZのガス清浄化性能評価

2012年度   ”家具のまち”大川における技術支援事例

2011年度   伝統工芸技術を継承した新しい工芸品の開発

2011年度   固定化酵素リアクターを用いたフローインジェクション分析法による食品中の有機酸類の定量

2011年度   人工杢目模様による込む材の高付加価値化(第1報) ースギ板材の表層部に対する選択的な圧縮-

2011年度   納豆における原料ダイズの遺伝子組換え判定

2011年度   木材の印象評価

2011年度   学童椅子用座具に関する研究開発

2011年度   Distinction of Gram-positive and -negative bacteria using a colorimetric microbial viability assay based on the reduction of water-soluble tetrazolium salts with a selection medium

2011年度   豆乳及び大豆飲料を利用した加工食品の開発

2011年度   塗装から発生する代替VOCの調査

2011年度   福岡県特産高菜漬の乳酸発酵特性解明のための調査(第2報) 、-漬樽の素材が発酵経過に及ぼす影響- 、

2011年度   福祉家具の評価基準に関する研究

2011年度   Properties of a High Malic Acid-Producing Strains of Saccharomyces cerevisiea isolated from Sake Mash

2011年度   3次元成形可能な天然木化粧材料の開発(II)

2011年度   福岡県特産高菜漬の乳酸発酵特性解明のための調査(第2報) 、-漬樽の素材が発酵経過に及ぼす影響-

2011年度   建材から放散されるVOC成分の評価 -試験機関の立場より

2011年度   光触媒反応による混合VOC類の 分解挙動

2011年度   酸味を活かした清酒の製造

2011年度   人工杢目模様による込む材の高付加価値化(第2報) ー人工杢目模様の多様化-

2011年度   清酒関連分析・評価技術に関する研究 、-吟醸酒の成分について-

2011年度   学習椅子用座具に関する研究開発

2010年度   水溶性テトラゾリウム塩を用いた微生物検出法の薬剤感受性試験及び抗菌性物質スクリーニングへの適用

2010年度   人工杢目模様による木材の高付加価値化に関する研究(II) -切削の違いによる人工杢目模様の変化に関する考察-

2010年度   使いやすい家具について考える、(その2 いす-座って作業をすること)

2010年度   地域資源の活用を目指したサザンカの生理活性評価並びに香粧品の開発

2010年度   人工杢目模様による木材の高付加価値化に関する研究(I)-表層部に対する選択的な圧縮の実験-

2010年度   使いやすい家具について考える、(その1 いす-立ち上がりのしやすさ)

2010年度   未利用柿を活用したピューレ及びシロップの製造並びに成分特性

2010年度   人間工学に配慮した自動車用シートパッドの評価

2010年度   熱膨張性マイクロカプセル複合木材の物性-吸湿性および寸法安定性について-

2010年度   使いやすい家具について考える、(その4 収納家具-動作の安定性)

2010年度   福岡県特産高菜漬の乳酸発酵特性解明のための調査

2010年度   エア-セル式車いすシートの開発

2010年度   木材薄板の伸び性に関する研究

2010年度   使いやすい家具について考える、(その3 収納家具-引出しや扉を扱う力)

2010年度   新規ハチミツ酒の開発

2009年度   清酒関連分析・評価技術に関する研究、―吟醸酒の成分について―

2009年度   酒母からのLeuconostoc mesenteroides ssp. mesenteroidesの分離

2009年度   3次元成形可能な天然木化粧材料の開発

2009年度   小豆煮汁の有効利用について

2009年度   大豆煮汁の乳酸菌によるγ-アミノ酪酸の生産

2009年度   水溶性テトラゾリウム塩を用いた微生物増殖アッセイ

2008年度   福岡県筑前海産褐藻アカモクSargassum horneri の成熟と粘質多糖量の変化

2008年度   産学官共同研究による「福岡オリジナルソフト清酒」の開発

2008年度   γーアミノ酪酸(GABA)生産性乳酸菌の簡易スクリーニング法の開発とその応用

2008年度   八重山諸島土壌からの新規Bacillus thuringiensis の分離

2008年度   福岡県大島産アカモクにおける粘性多糖類含有量の季節変動(第2報)

2008年度   画像処理法によるミナミキイロアザミウマの食害量評価システム

2008年度   Yeast cells proliferation on various strong static magnetic fields and temperatures

2008年度   温泉環境からの新規Bacillus thuringiensis の分離と性状解明

2008年度   Failure to phenotypically discriminate between non-insecticidal Bacillus thuringiensis strains with anticancer parasporins (PS2, PS3, and PS4) and Bacillus thuringiensis strains that produce insecticidal Cry proteins

2008年度   久留米地域で収穫されるヤーコンを原料にした地域特産品の開発

2008年度   福岡吟醸酵母の開発

2008年度   産学官共同による農業関連技術の研究開発・製品化に向けて

2008年度   清酒もろみからのリンゴ酸高生産酵母の分離とその特性

2008年度   健康味噌の機能性(柿の葉入り味噌の機能性)

2008年度   清酒関連分析・評価技術に関する研究、ー吟醸酒の成分についてー

2007年度   福岡県大島産アカモクSargassum horneri中に含まれる多糖類の季節変動

2007年度   福岡県大島産アカモクに含まれる粘質多糖類の分析

2007年度   WST5を用いた清酒酵母数の簡易測定方法の開発

2007年度   大川の家具

2007年度   福岡県筑前海産アカモクSargassum horneriの成熟と多糖量の変化

2006年度   産学官共同研究による「福岡オリジナルソフト清酒」の開発

2005年度   Gene transfer effects on various cationic amphiphiles in CHO cells

2005年度   木質系材料から放散されるVOCの測定について

2005年度   Determination of biotinylated proteins as an index for purification of plasma membrane using surface plasmon resonance-based optical biosensor

2005年度   ゆとりのストック型社会を目指して/木材の高耐久化処理技術及びその実用化

2005年度   Asp578in LEU4p Is One of Key Ressidues for Leucine Feedback Inhibition Release in Sake Yeast

2005年度   Efficient solubilization, activation,and purification of recombinant Cry45Aa of Bacillus thuringiensis expressed as inclusion bodies in Escherichia coli

2005年度   福岡オリジナルソフト清酒の開発

2005年度   Identification of a novel cytotoxic protein, Cry45Aa, from Bacillus thuringiensis A1470 and its selective cytotoxic activity against various mammalian cell lines

2004年度   メッセンジャーRNAの分離方法

2004年度   A Separation Technique for Messenger RNAs by Use of Schizophyllan/poly(A) tail Complexation

2004年度   食品関連未利用資源の素材課に関する調査研究-大豆蒸煮液を利用した乳酸発酵食品の試作-

2004年度   バチルス・チューリンジェンシス又はその培養液を有効成分とする水産魚介類病原カビに対する防除剤(No.165の一部分割)

2004年度   シゾフィランを利用した核酸分離剤の開発

2004年度   化合物の細胞内導入用キャリア剤およびそれを用いた化合物の細胞内導入方法

2004年度   「Bacillus thuringiensis 殺虫蛋白質の科学 -環境保全型生物農薬から抗ガン活性まで-」

2004年度   甲殻類フサリウム症に抗菌活性を示すBacillus subtilis菌株

2004年度   固定化酵素リアクターを用いたFIA法の開発と食品分析への応用

2004年度   BT菌を活用した複合型生物的防除剤の開発

2004年度   納豆菌による高分子量ポリーγ-グルタミン酸の製造

2004年度   細胞培養床アパタイトシートを用いた組み換えタンパク質高効率生産装置の開発

2004年度   薬剤ピッキング

2004年度   Parasporin-1, a novel cytotoxic protein to human cells from non-insecticidal parasporal inclusions of Bacillus thuringiensis

2004年度   糖脂質を含んだキャリア及びそれを用いた遺伝子導入法

2004年度   清酒もろみからのリンゴ酸高生産清酒酵母の分離とこれを用いた低アルコール清酒の試験醸造

2004年度   トリコモナス症に対する新規治療薬の開発

2004年度   高分子化合物を生産する微生物の培養装置及び培養方法

2004年度   代謝制御によるポリ-γ-グルタミン酸生産の最適化

2004年度   遺伝子導入試薬調整方法

2004年度   動物細胞のための貴金属

2004年度   バチルスチューリンジェンシスA1470株由来の細胞認識および細胞傷害活性を有する新規タンパク質およびこれをコードする遺伝子

2004年度   食品関連未利用資源の素材課に関する調査研究-脱臭スカム(サラダ油製造副産物)の有効利用に関する検討-

2004年度   ジャガイモそうか病抑制剤とその利用

2004年度   グルタミン酸神経毒性のためのマウス神経細胞株の樹立法とそのモデル細胞評価法

2004年度   Electrochemical Measurement of Attached Animal Cell Density in Hydroxyapatite-pulp Composite Fiber Sheet by Flow Injection Analysis using 2,3,5-Trimethyl-1,4-benzoquinone

2003年度   Selective cytocidal action of a crystal protein of Bacillus thuringiensis on human cancer cells.

2003年度   細胞表面情報を用いた細胞膜センサーの開発

2003年度   多糖シゾフィランを利用したメッセンジャーRNA分離システムの開発

2003年度   A unique morphological feature commonly associated with Bacillus thuringiensis serovars yunnanensis isolates: an electron microscopic observation.

2003年度   Ovarian primary tissue culture of the kuruma shrimp Marsupenaeus japonicus.

2003年度   金型研磨ロボットシステムの開発

2003年度   乳酸菌が産生する抗菌性物質

2003年度   微生物農薬(BT)の作用性と酵素活性制御

2003年度   匂い刺激の頻度による生理心理的影響

2003年度   パラスポリンの結晶、その製造方法、及び三次元構造

2003年度   Polysaccharide-Polynucleotide Complexes Part 17: Solvent effects on conformational-trnsition of polydeoxyadenylic asid in the complex with schizophyllan

2003年度   ボールエンド砥石のためのハイブリッド・モーション/力制御法の開発とペットボトル金型の磨きロボットへの適用実験

2003年度   食品関連未利用資源の乳酸発酵をベースとした技術による高度利用

2003年度   Electrochemical measurement of yeast cell density and vitality using2,3,5-trimethyl-1,4-benzoquinone and effect of ethanol on the metabolism of quionone by yeast cells

2003年度   Characterization of a mosquitocidal Bacillus thuringiensis serovars sotto strain isolated from Okinawa, Japan.

2003年度   A unique morphological feature commonly associated with Bacillus thuringiensis serovars yunnanensis isolates: an electron microscopic observation.

2003年度   多糖-核酸相互作用(11):シゾフィラン修飾カラムを用いた新規核酸分離システム

2003年度   リンゴ酸を適量に生産する新規酵母

2003年度   Replication of white spot syndrome virus in ovarian primary cultures from the kuruma shrimp, Marsupenaeus japonicus.

2003年度   酸性官能基を導入した多孔質炭素のアンモニア吸着特性

2003年度   遺伝子導入試薬調製方法

2003年度   Identification of the lantibiotic nisin Q,new natural nisin variant produced be Lactococcus lactis 61-14 isolated from a river in Japan

2003年度   Preparation of fibrous activated carbons from wood fibers

2003年度   食品関連未利用資源の素材化に関する調査研究

2003年度   Spectrophotometric Assay of Yeast Cell Density Using 2,3,5,6-Tetramethyl-1,4-benzoquinone and Tetrazolium Salts

2003年度   The cytotoxicity of Bacillus thuringiensis subsp. coreanensis A1519 strain against the human leukemic T cell

2003年度   Characterization of a mosquitocidal Bacillus thuringiensis serovars sotto strain isolated from Okinawa, Japan.

2003年度   2,3,5,6-Tetramethyl-1,4-benzoquinone及びテトラゾリウム塩を用いた酵母活性の分光学的測定

2003年度   固定化動物細胞の測定方法

2003年度   Bacillus thuringiensis serovar shandongiensis strain 89-T-34-22 produces multiple cytotoxic proteins with similar molecular masses against human cancer cells

2003年度   Replication of white spot syndrome virus in ovarian primary cultures from the kuruma shrimp, Marsupenaeus japonicus.

2003年度   家具デザインと操作性

2003年度   バチルス・チューリンジェンシス又はその培養液を有効成分とする水産魚介類病原カビに対する防除剤

2003年度   多糖シゾフィランを利用した核酸の分離精製

2003年度   細胞活性のモニタリングを目的とする計測技術の開発

2003年度   Protection of polynucleotides against nuclease-mediated hydrolysis by complexation with schizophyllan

2003年度   Selective cytocidal action of a crystal protein of Bacillus thuringiensis on human cancer cells.

2003年度   The cytotoxicity of Bacillus thuringiensis subsp. coreanensis A1519 strain against the human leukemic T cell

2003年度   多孔質材料の性状把握に関する研究

2003年度   マイクロアレイを用いた清酒酵母の遺伝子発現解析

2003年度   Ovarian primary tissue culture of the kuruma shrimp Marsupenaeus japonicus.

2003年度   Bacillus thuringiensis serovar shandongiensis strain 89-T-34-22 produces multiple cytotoxic proteins with similar molecular masses against human cancer cells

2003年度   熟練職人技を低コストで代替する自由曲面金型の磨きロボットシステムの開発

2003年度   核酸の分離方法

2003年度   Effects on UV Dose on Formation of Spontaneously developing Pocks in Streptomyces azureus ATCC14921

2003年度   学校用机・椅子の研究開発

この記事は