富山県農林水産総合技術センター

所属機関名 富山県農林水産総合技術センター
部局名 食品研究所
連絡先(電話番号) 076-429-5400
939-8153
所在都道府県名 富山県富山市吉岡360
URL http://taffrc.pref.toyama.jp/nsgc/shokuhin/

関連情報

2007年度   Contents of free-amino acids and ATP-related compounds in the muscle of abalone fed only attached、diatoms、

2007年度   県産米の性状及び炊飯特性について

2007年度   国産及び中国産タケノコ水煮・缶詰の元素組成

2007年度   オカラ含有ソーセージの開発

2007年度   漬物から分離したγ-アミノ酪酸(GABA)高生産性乳酸菌

2007年度   海洋深層水を原料とした塩の製造とその加工食品への応用

2007年度   凍結工程を含む豆腐製造技術の開発

2007年度   海洋深層水およびその電気透析処理水の利用によるフキ水煮製品の軟化抑制

2007年度   キクイモを原料とした機能性に富む加工食品の製造技術の開発

2007年度   γ-アミノ酪酸(GABA)高生産性乳酸菌の分離とGABA生産特性の解明

2007年度   小アジを原料とした魚味噌の品質に及ぼすクエン酸処理の影響

2007年度   マス寿司保存中の微生物相と成分の変化および製造工程における大腸菌群の制御方法

2006年度   Fermentation of Jerusalem artichoke with or without lactic acid bacteria starter cultures.

2006年度   Lactobacillus casei IAM 1045が保有するイヌリナーゼの諸性質

2005年度   クエン酸処理が魚味噌の品質に及ぼす影響

2005年度   加圧処理がアクトミオシンと大豆混合系の加熱ゲル形成時の分子間相互作用に与える影響

2005年度   豚皮を用いたスナックの開発

2005年度   魚介類を用いた発酵調味料の製造方法および製品

2004年度   Lactobacillus gasseri JCM1131溶菌遺伝子の構造と機能

2004年度   ノロゲンゲの皮から抽出したコラーゲンについて

2003年度   卵用種廃鶏を利用した加工品の開発

2003年度   軟体動物の鎮静作用に関する研究2

2003年度   超高圧技術による低塩ならびに大豆タンパク質ハイブリッド畜肉製品の開発

2003年度   家畜、家禽、魚介類の骨及び殻を軟化し可食化する方法及び製品

2003年度   家畜、家禽、魚介類の骨及び殻を軟化し可食化する方法及び製品

2003年度   採卵廃鶏を用いたペットフードの開発

2003年度   高圧処理を利用した大豆タンパク質添加ハイブリッドソーセージの製造について

2003年度   未利用水産資源の高度利用を目的とした魚醤油の開発

2003年度   好塩性乳酸菌発酵スターターの開発

2003年度   Staphylococcus warneriMのテンペレートファージWMYが保有する溶菌酵素の構造と機能

2003年度   活ホタルイカの低温保管中の品質に及ぼすマグネシウムイオンの影響

この記事は